2005年07月29日

05.07.29 on 松山千春とスマップ/宝くじ/電車男

開運金箔便り 〜 

今日のツボ


せっかく台風が去ったのに、また雨となった札幌から、2号です。
涼しいです。

何日か前、店長が松山千春のCDを買ってきました。
そして、その日、事務所でずっとかけていました。

松山千春と言えば、臆面もなく、青春です。
いや、青春と呼ぶにはあまりに青過ぎる子供のころから、小さなカラオケスナックで同僚や先輩が歌うのを聞きながら、切ない恋を思って密かに涙していたころまで、なんと長い年月に渡り、流れていたことでしょう(しみじみ)。

気づくと、仕事しながらウルウルしてしょーがない。
なので、エンドレスリピートの2巡目が終わるころ、「申し訳ないんですけど、もうこれでやめてください。さっきから泣きそうで、仕事にならないので」と。
かかかっと笑った店長、現在、勢いで歌っているという「長い夜」に加え、「大空と大地の中で」と「恋」をレパートリーとすべく、ダビングしてました。

※8月1日追加事項→→2005スマップコンサートツアー(札幌ドーム版)の報告、感想などはこちら!!

そんなこんなで今日になり。
明日から、札幌を皮切りに始まるスマップの全国ツアーをひかえ、札幌のFMからはスマップの曲が〜♪
雨も吹き飛ばすかのように、ノリノリ。
いい具合にツボに入り、密かに燃えてきました。鼻の穴もパンパンです。

それにしても。
千春とスマップ。なんという違い。
当たり前と言えば当たり前のことが、今週、開運金箔ドットコム事務所において、あらためて証明された次第です。(2号)

------------------------------------------------

善戦

本日、大安。
ということで、サマージャンボを買いました。

ついでに、この前のドリームジャンボを窓口に提出。デジタルで枚数と当選金額を表示する画面を見ていたら、途中で600円に到達。15枚だったから、300円という結果もありだったわけで(あまりに低レベルの話だけど)、まあ、良しとしようと思っていると、さらに金額と枚数が上がっていって、「へっ?」。
気づくと、それは隣の窓口用の画面で、私の窓口の係りの人を見ると、なんと、その手には1000円札がっ!!
結果、3300円也。 大善戦。 またしても、鼻の穴パンパン。
元すら取れてないけど、そんなことはおいといて。

開運金箔ドットコムの金運シール、ぜひ、おためしあれ。
日頃の行いがいい人なら、もっと…かも。

-------------------------------------------------

_| ̄|○ _| ̄|○電車男_| ̄|○ _| ̄|○

顔文字って、もらう分には全然OKだけど、自分ではめったに使いません。どうしてもニュアンスを和らげたくて、文字でうまく表現できない時に最終手段として使ったり、たま〜に気分で使ったりする程度です。

で、標記の顔文字といえるかわからないけど、このガックリとくずおれた姿を、ずいぶん前に、とあるブログで見た時からすご〜く気に入っていたのだけど、これが「電車男」でもよく使われてるのでした。

で、昨日。
電車男本人が、このように土下座してエルメスさんに謝っていたのが、個人的にツボでした。
でも、昨日の話では泣くところはなかったです。
っていうか、サーフィンの話が「ウソついた」ってことになってたけど、聞き違いを訂正できなかっただけで、それとて、「実は、サーフィン始めたばっかりで、全然うまくないんです。まだ、練習中って感じなんです」っていう言い方で十分じゃないのか? と、思いました。こんな私は腹黒いのだろうか。


posted by 2号 at 16:23| Comment(7) | TrackBack(1) | SMAPほか芸能関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

05.07.28 on 開運金箔便り

開運金箔便り 〜 

今日のかしこみ

夕方から晴れました。札幌より2号です。
しつこいようだけど、水がめ座です。

今日、水がめ座は、一番よろしくない日とのことでした。
ケアレスミスする日だとかなんとか。
ケアレスウィスパー♪を鼻で歌いながら、「気をつけよっと」とキモに銘じながら出社。(えらい)

一方、店長は、朝からイベント会場に直行。
経理の作業は一人の時が一番はかどるので、いい機会だと思って帳簿を開いたところに、電話が。
「おはよう」と店長の声。
「現場に必要な書類を全部忘れてきちゃったんだけど、届けてくれる? ファックスじゃまずいんだ、ポスターもあるから」。
絶句する私。を見てるかのように、店長の一言。
「ぜひ、遊びにも来てほしいなと思って」。
私「・・・・・??」 言葉が出ないし。

「店長のウソつきッ…」(←ガセビアの緒川たまき風でお願いします)

というわけで、なぜか双子座のミスをフォローする、今日の水がめ座なのでした。
(今日の運勢を肩代わりしてくれた店長。いろんな意味で、おそるべし)

ちなみに、イベント会場では、お化け屋敷の安全祈願(?)の儀式が、厳かかつ盛大に行われてる真っ最中でした。かしこみかしこみ。(2号)

2005年07月27日

05.07.27 on スマップ&雨

スマップの夏!

台風の接近で雨降りの札幌から、2号です。
こんな日は、お部屋で読書がよろしいのだけど、会社員たるもの、そうもいかず。

思えば、昨日は火曜日で、近所のスーパーが安い日なので、会社からの帰路(20時くらい)で根菜類を含む重量級の買い物をし、両手に荷物、傘までさして、重くて重くて、2ミリくらいアスファルトに沈むような気分で、エイホエイホと家まで運び、お米も切れそうだったので、また、傘をさしてスーパーにもどり、5キロの「ななつぼし」を買って、また、腕が3ミリくらい伸びるような気分で、エイコラと家まで運び。
どこかの民族の方々のように、荷物を頭に乗せられたら、きっとラクなんだろうな…という結論に至りました。
とにかく、このように買い出し日と決めてる日に限って雨降りが多くて、つらいです〜。

そういえば、8月の予報が昨日出て、雨や曇りが多く、平年と同じか低めの気温で経過、などと、がっかりするような内容でした。今年は、あんなに冬がつらかったんだから、夏くらい、もっと北海道を優遇してほしい。

7月はといえば、なかなかに夏らしい日もあり、かといって、つらいほどでもなく、大変によろしかったです。この北海道の7月を締めくくるのは、スマップコンサート。
とうとうやってきますわ! 2年ぶり。(長かったっ!!)
なんの因果か今回も、30日の初日、そして31日と、2日連続で行くハメになってしまいました。あくまでも、たまたまです。っていうか、倒れないか心配。(2号)

※スマップおよびダルビッシュ有くん、佐々木孝介くんの検索により、海の日あたりに1万を超えたアクセスも、すでに、2万2千なにがし。
つきましては、感謝の意も込めて、コンサートの模様については、謹んでご報告させていただく予定です。(倒れなければ)


※8月1日追加事項→→2005スマップコンサートツアー(札幌ドーム版)の報告、感想などはこちら!!
posted by 2号 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物・お店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

05.07.25 on 駒大苫小牧&ダルビッシュくん

週末の野球〜

駒大苫小牧とダルビッシュくん



夏日の札幌から、2号です。

北海道も、昨年の肩すかしな夏よりは、夏らしい気候となった今年。
昨日は、甲子園を目指す高校生たちの部活の一環として、円山球場で南北海道大会決勝が行われました。昨年の甲子園覇者 駒大苫小牧vs小樽の北照。
試合開始前から内野席が売り切れるなど、かなりの人気だったようで、2万3千人が観戦したとか。
私も、TVで観てました。駒苫は昨年優勝時のOBも駆けつけてたけど、佐々木孝介くんの姿はなかったような。
みんなが打倒駒苫と喰らいついてくる中、プレッシャーに苦しみながらも、チャレンジャーという初心に戻って決勝まで来たとかなんとか、駒苫チームも、この1年の間、苦労したらしいのだけど、決勝ではツキもついて、最終回までは「やっぱり、さすが」って感じで、5−1と4点のリード。
北照は、札幌のお隣、小樽の高校ってこともあって、「最後なんだし、もうちょっとだけ頑張ってみれば?」と、それとなく応援してみたら、ホームランなども飛び出し、1点差。おぉ〜っ。「それ以上は頑張らないで」とお願いしたら、そこで終わりとなりました。
やっぱり、駒苫には、優勝旗を返しに全員で行ってほしいし、佐々木孝介くんなき後、けっこう香田監督って好きかも、って感じなので、ともあれ、よかったです。(危なかったけど)。最後はまた、「イチ」をやってました。新作はないみたいです。
そういえば、前日は、兄弟高対決ってことで、駒大岩見沢と駒大苫小牧の対戦だったのだけど、苫小牧の方が勝って校歌が流れる時、アナウンサーが「どちらの校歌も同じです」。それって、なんだかね〜。こういう場合、非常に気持ち悪いのでは? 第一、岩見沢の生徒たちは、ちゃんと負けを認識できたんだろうか。(高校生なんだから大丈夫か?)

そして、昨日、フレッシュオールスターでした。ダルビッシュくん。
TVの中継がないため、ラジオで、と思い、いつも日ハムを中継してる局に合わせたらやってないので、がっかりしてたら、なんと、違う局でやってて、気づいた時はダルビッシュくんが交代したあと。自分のアホぶりに、悶えました。
しょーがないので、そのあと、放送席でダルビッシュくんのことをコメントするのを期待して、一応、ずっと聞いてたのだけど、2回1安打無失点のたいした良いピッチングだったみたいで。
最後もお立ち台で、投球内容について、「最近では一番調子がよかった」まっすぐ中心で行ったと。もっと変化球を混ぜれば三振が取れただろうけど、「今日はそういう場ではないから」。プロでの自己最速タイ148キロが出たそうです。
「後半戦も、チームにいい雰囲気をおくれるように頑張りたいです」と、けなげな発言。わかってらっしゃる。
MVPは、ホームランなどで活躍した同じ日ハムの鶴岡捕手に譲ったけど、もちろん、優秀選手には選ばれ、今日のスポーツ新聞にも「フレッシュ」を絵に描いたような笑顔が載ってました。(これ以上、大人になってほしくないと思ってしまうような)。

昨日は、高校時、ともに注目された涌井くん、鵜久森くんなどと会って楽しかったみたいだけど、ちょっと心配なことも。それは、取材が多いことなどから、精神的に疲れていて、「最近は夜も眠れない」って書いてあったこと。
でも、プロに行った以上、ここは乗り切るしかないのよ、と、おネエさんも心をオニにして言うわ。(取材が減ると、私たちにとっても、ダルビッシュくんの話題が少なくなるわけだし)。
ダルパパの「あの子は、寒いのと朝早いのが苦手」っていう発言も、かなり気になる。私と同じだわ。(そういえば、スポーツニュースでは、初めて半袖姿のダルビッシュくんを見た)。
っていうか、プロなんだから、そんなこと言ってちゃダメなのよ。っていうか、ダルパパって、過保護タイプ?
まあ、最終的には、精神的な部分ではマウンド度胸がよければいいってことになるのだから、別に過保護でも何でもいいんだけど。
とにかく、今日からの後半戦、くれぐれもよろしくお願いします、ダルビッシュくん。(2号)

※そういえば、南北海道大会決勝のTV中継で、時間が余って、去年の甲子園の映像を流してたのだけど、佐々木孝介くんはもちろん、ダルビッシュくんも映ってびっくり。今も初々しいのに、1年前はもっと初々しかったのだなぁ、と。正真正銘、王子様のようでした。
っていうか、この年頃の男子の、ぐいぐいと顔が変わっていくその勢いを、頼もしく思う反面、哀しかったりもするおネエさんなのでした。

2005年07月22日

05.07.22 on いるかホテル/電車男

夕暮れ時のいるかホテル

村上春樹好きの2号です。
でも、古本屋に文庫が並ぶタイミングで読んでるので、ちまたの正しいファンの方々より何クール(?)も遅れています。

さておき。
今の時期、日が長いので、一日の仕事が一段落して、もう一段落やるか店じまいするかっていう時間帯(18〜19時くらいの間)には、まだ、外が薄暮だったりします。だから、ぼんやりと窓の外を眺めたりします。この感じが、とても好きです。
そして、暮れていく空や、道を歩いてる人たちや、周りのビルたち、その中で働く(まあ、残業中ってことです)人たちを眺めてる時、たびたび頭に浮かぶのが「羊をめぐる冒険」です。

札幌の、古びた「ドルフィンホテル」。
その向かいにあるビルと、その中で働く人たち。
これを初めて読んでる時、私の頭の中では、札幌の街の中の最中心部を若干はずれた、とある一角の風景がだんだんと定着していって、絶対あのへんのエリアだという確信を持つようになってました。
実在はするけど、ひょっとしたらあちこちに分散して存在する風景をかき集めたものかもしれないなぁとも思いながら。

ちなみに、ドルフィンホテルのモデル(モデルがあるならば)に関しては、私の頭の中のマップの同じようなエリアに似たようなホテルが二つあって、どっちも捨てがたく、どっちでも大差ないか…って感じです。
これらのホテルは、私が最初に思い至ったころと同じように今も存在してるのかすら定かじゃありません。確か、片方は改装したような気もするし。もう片方はなくなってるかも(?)。
しかも当時、実際にそれらのホテルに入って、雰囲気や内装などを確かめたわけでもなく、しかも、おそらく内装なんかは違うんだろうなという確信まであったのに、どうしても、「あそこだ」という思い込みから抜け出せません。
とにかく、それらのホテルの外観と周りの環境、そのエリアのイメージ、それらのホテルの名前の醸し出すイメージ、ホテルの規模、ランク(?)的なイメージetc.  そういうものの総体として、ドルフィンホテルにぴったり来てたのでした。

それからだいぶ経って、友だちと村上春樹の話をしてたら、なんともびっくりしたことに、その友だちが同じことを言ったのです。「あれって、あそこらへんじゃない?」と。
なんとまぁ。
それ以来、たぶん、だから、ひょっとして、本当にそうかも、と、密かに思ったりしてます。

札幌のその界隈を、村上春樹は少なくとも歩いたことがある。たぶん、夕暮れ時に。
そして、中には入らなかったかもしれないけど、とにかく、自分の中にある古びてこじんまりしたホテルのイメージとぴったり結びついた。
周りの、決して新しくない中小規模のビル群の独特のイメージもしっくり来た。
もしかして、泊まって、向かいのビルの中で働く人たちを実際に見たのかも。私が会社の窓から時々するように。

どうでしょ。 違いますか? 春樹さん。(2号)

※札幌の中心部を挟んで、うちの会社と対角線上のかなたにあるそのエリアに、行って見定めたい衝動に、時々、駆られたりもするのだけど、なんとなくもったいなくて、できずにいます。
もしかして全然違ったら、夢(?)が壊れるし。
※ちなみに、読み返してみたら、「僕」(=春樹氏?)は、札幌の街は広すぎて直線的で、歩いてると疲れる。と、述べています。残念ながら、お嫌いなようです。

--------------------------------------

電車男、加速

けっこうちょくちょく、このブログに「電車男 愛別」の検索でお越しになる方がいて、同じ部分が気になった人がたくさんいるんだなぁ、と、感慨深く思っています。
昨日、愛別町の人が登場しなかった気がしたんだけど、先週からそういう流れになったのか、たまたま出なかったのか。 あれ? 奥さんのところに帰ったの?
集中力が途切れてその部分を見てなかったのかな、どうして昨日出て来なかったのかわかりませ〜ん。
とにかく、昨日も思わず声に出して何度も笑い、はたまたホロリとし、今や、かつての「エースをねらえ!実写版」の時を再現するかのように、毎週木曜の夜は、TV見て一人で泣いてます。エースは滝のように泣き、電車はウルウル程度(+笑い)っていう違いはあるけど。
それにしても、あんなにうまく行くもんだろうか??

2005年07月21日

05.07.21 on 宝くじと金運

宝くじの素朴な疑問

占いがキライじゃない、2号です。
で、今、サマージャンボやってます。
たぶん、買います。

ここで、いつも思ってること。
宝くじにおける金運とは??
つまり、
1.買う日に運勢がいいのがいいのか。
2.抽選日に運勢がいいのがいいのか。
3.換金所に持って行く日に運勢がいいのがいいのか。

私の場合、新聞などで当選番号を見ないで、いきなり換金所に持って行くので、3もあり。当たっていれば、その日にいきなり大金が舞い込むわけだから(←今まで一度もないが…)。

この時期、いつも、この疑問が頭をかすめます。
もちろん、1〜3全部がビンゴ!とハマれば、それに越したことはないだろうけど、それこそ大変なので…(あ、だからなかなか当たらないのか?)。

ちなみに、水がめ座は宝くじ当たりやすい星座(らしい)。
当たりやすい女性の頭文字はMK(お、惜しいっ…)。
けっこういいセン行ってるのになぁ…。

あ、でも、うちの開運金箔ドットコムの金運シール。これで当たったという人、けっこういるんです。うらやましい。
ちなみに、私は、買った宝くじをずっと金運シールの上に置いておいたら、ひとまず3000円は当たりました(精一杯)。たぶん、これからもっと当たります(予定)。
(2号)

2005年07月20日

05.07.20 on ダルビッシュくん

やられても負けないダルビッシュくん

涼しい札幌から、2号です。
全国のダルビッシュくんファンの皆様、大変、申し訳ございません。
昨日、札幌ドームでダルビッシュくんを勝たせる、などと豪語し、仕事のあとに大わらわで応援に駆けつけたのだけど、力及ばず。ダルビッシュくんが降板して、勝ち星もお立ち台もないと見た人々がチラホラと帰り始めても、ここから奇跡(←今や逆転勝利なぞ「奇跡」)を起こそうと、最後まで頑張ってファイターズを叱咤したのだけど…。
なんとか、ダルビッシュくんに黒星をつけないようにするのが精一杯でした。

今のあの打線では、あれ以上ムリ。ナマで見てても、打ちそうに見えない。何となく元気なく見える人(←選手を「人」呼ばわり)から、覇気がないってわけでもないんだけど空回りしてるような人、はなっから悲壮感をまとってる人、諦観が見える人まで。(打点を上げた二人(上田くんと稲葉さん)は、もちろん、その時だけはノッてるように見えたけど)。
セギちんに至っては、守備しないんだからさぁ、打ってなんぼでしょーが。って感じ。全然、元気ない。まるで、魂抜けてるような。

同点にした9回裏。天国。
あっさり勝ち越された10回表。地獄。
しかも、その裏。1番からの打順だったのに、3人で終わり。しょぼ過ぎ。
私たちはすっかり呆れて、悲しむのもなんだかなぁ…って感じで淡々と帰ってきました。

ヘン。ヘン過ぎる。
なんで、みんないっぺんに打てなくなってるんだろう??
いい当たりも全部野手の正面とか、そんなんばっか。
数少ない、打ててた人も(ケミストリー木元くんとか)、みんなに合わせるように打てなくなってるし。
チームの中に、何かあるとしか思えない。
陰陽師やら、H木先生やら、なんでもいいので、一度見てもらってください。

それにしても、ダルビッシュくんです。
負けつかずも、もはやここまでかと思われたのだけど。まあ、黒星つかないと言っても、実質負けてるようなもんなんだけど、この強運ぶりはどうだろ。相変わらずかわいいし。
客席も、1塁側はかな〜りさびしかったけど、3塁側はけっこう埋まっていて、ピンチの場面では「頑張れ頑張れダルビッシュ」。ほかの投手では、ちょっと聞かないです。でも、どんなに私たちがバックで押し上げても、勝てなかったのだわ。
最後、ダルビッシュくんがベンチの中で見せた、ちょっとブルーなような粛々としたような表情。昨日は、今まで以上に不調だったように見えたし、自分でも納得いってないのでは? けっこう悔しかったはず。
お母さんの危篤でアメリカに戻っているヒルマン監督に、勝ちを届けたかったんだって。泣かせるじゃあ、ないですか。
でも、これまでの登板で本人が語っていたように、序盤の失点などの課題をそろそろ修正して見せてほしかった気はします。なんて、18才のルーキーに求め過ぎか。(存在感が(個人的に)すごいので、ルーキーってことを忘れてる時がある)。
今、不敗神話とか言われてるけど、これが本当に伝説になるくらい、息の長いスンバラしい投手として大成してほしいものです。

昨日、どこかのスポーツニュースで、西武の同じくルーキー涌井くんにダルビッシュくんの強運を分けてあげたいみたいな発言があったのだけど、冗談じゃないです。うちもいっぱいいっぱいなんで、分けるほど運は余ってません。
(っていうか、選手の皆さん、開運金箔ドットコムの金のシール貼ったらいいんじゃないか?)
気がつけば、読売巨人くんの借金より多くなってました(昨日で13)。私たちは、もう、プレオフは諦めたので、今年は、適当に4位くらいに上がってくれればいいですから、そのくらいはお願いします。楽天さんのすぐ上っていうのは、ちょっとイヤなので。(2号)

※ダルビッシュくんの唯一ツイてないところは、登板日にほかの話題が邪魔するってこと。これまで、「イチロー1000安打」「ママでも金」「長嶋氏お目見え」などに薄められ、昨日は我が愛するベイスターズのくるくるクルーンの161キロ。
チーム成績もしょぼいから、ニュースではソフトバンクあたりを重点的にやられてしまうし。

----------------------------------------------

ロッテの応援について

遅ればせながら、昨日初めて、ロッテのナマ応援を拝見。
オリジナリティがあるだの、統制が取れてるだの、聞いてはいたけど。
感想は、ひたすら「うるさい」。
それと、オリジナリティどころか、単に「サッカーのマネじゃん」。応援のリズムも、サッカーだなって感じ。
あれでオリジナリティとか言わないなら別にいいのだけど。
でも、サッカーは90分くらいで終わるけど、あれを3時間とか3時間半とか聞いてると、頭がヘンになります。
もちろん、日本の野球観戦では、阪神を頂点に、どこのチームもうるさいのだけど、ロッテのはちょっと違う。なんというか、相手チームにとってはイライラする種類のうるささ。
応援歌も、もっと明るく罪のないタラ〜♪な感じのメロディにしてくれればいいのに、妙に頑張ったメロディで、ヘンに特徴があるため、耳についてたまりません。聞き流せないの。翌日も、頭の中でグルグルしそうな。
全体に色も黒っぽいし、生真面目にやってる感があって、軍隊みたい。その「統制」らしきものが、聞いてて疲れる。ノーテンキな楽しさが伝わらない。
だいたい、「統制」なんて、時代に逆行してる気がしてしょーがない。せめて、ノーテンキに明るく楽しい感じがあればまだしも。(その点だけ比べれば、阪神の方が許せる。が、阪神には「いやらしさ」があるからやっぱりキライ)。
まあ、昨日は、試合にはお勝ちになったけど、ここが千葉じゃなかったため、ファンの数的に圧倒的に不利で、少ない人数で頑張ってたから、よけい、生真面目すぎるほどの一生懸命さ、融通の利かなさ、「応援のための応援」みたいな、張りつめた雰囲気が強まってたのかもしれないけど。

2005年07月19日

05.07.19 on ダルビッシュくん

ダルビッシュくんを勝たせるために

夏らしい日和の札幌から、2号です。
決戦にふさわしい感じです。

ダルビッシュくんが、やっと私たちのおうちに戻ってきました。
負けなしとはいえ、ここ2戦、頑張ってるにもかかわらず、勝ち星からも遠ざかっている私のダルビッシュくんに、久々の勝利のお立ち台を!
というわけで、札幌ドーム 対ロッテ戦、行ってきます。大丈夫。勝たせます。
また、明日。(2号)

2005年07月15日

05.07.15 on 開運金箔便り/花火/電車男

開運金箔便り 〜 

夏の日のお客様

袖が要らない気候の札幌から、2号です。
本州の西南方面の方たちには怒られそうだけど、30℃いかなくても暑いです。でも、風がさわやかです。

今朝、会社の窓を開けたら、お客様が入ってきました。
丸々と太って、模様がくっきりした「ミツバチ」か何か…詳しくないけど、蜂に属する方だと思われます。


VFSH0063








少し、社内をご案内して、パソを見たいというので見せてあげたら、キーボードの隅々を念入りに点検なさってました。キーの間に、何やら自前の工具を差し込んでみたり、かなり興味をお持ちのようで。

その後、窓へと丁重にお見送りしました。
またのお越しは、お待ちしておりません。(2号)

-------------------------------------------------

花火へ行きます

誘ってくれる人がいたので、今夜、花火を見に行きます。地元、北海道新聞の主催。一応、札幌の中心を流れる「豊平川」河川敷でやる花火大会の中では、一番大規模とされています。
ここ数年、全国紙の札幌支社主催のしか見に行ってなかったので、久しぶりに楽しみです。

--------------------------------------------------

また電車男に

昨日、また、ウルウルしてしまいました。
私ったら、けっこう弱ってるなぁと思います。
でも、笑った場面もたくさんありました。
北海道愛別町の人は、リストラで別居してたんですね。都市じゃなくて、町村エリアでも、リストラがあるんだなぁ、と、しみじみ。
posted by 2号 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

05.07.13 on ダルビッシュくんの強運

強運のダルビッシュくん


昨日は札幌ドームの巨人戦に行ってきた2号です。
中日が頑張ってくれて、ジャイアンツは負けました。私が見てたからかも。

一方、ジャイアンツとちょうど本拠地を交換した形で、東京ドームでソフトバンクと対戦したおらが日ハムは、ダルビッシュくんが4度目の登板。
いつ以来か覚えがないと本人が言うところの満塁ホームランを浴びたりして、5失点。でも、またまた、微妙に奇跡的に(結局チームは負け)黒星つかず、で、強運だなぁと感心しました。打たれたあとに抑えてることから、だんだん調子が上がるタイプ(前回も、自らそう語っていた)かと思ったりするけど、どうなんでしょう。最後まで投げるところも見てみたいところです。
今日の新聞によると、ダルビッシュくんの登板時はバックも堅守で、27イニング失策0だとか。ケミストリー木元くんは、ダルビッシュくんのことを「守備のリズムが取りやすいし、ランナー出しても、併殺を取ろうとする意図が感じられる」と語ってました。が、初登板の時に、序盤でエラーがあって、札幌ドームの日ハムファンが一斉にゴウゴウと非難の声を浴びせたのも効いてるのではないかと、密かに思ってます。
ブラウンさんは、二十歳のころのロジャー・クレメンスと通じる何かを感じたとか何とか。
勝たなくても、いいことをたくさん書いてもらえるのも、ダルビッシュくんのついてるところ。それも実力のうち?
来週は、やっと私たちの手に戻ってくるので、ゼッタイに勝たせてあげたいと思います。(2号)

2005年07月12日

05.07.12 on 巨人戦/ダルビッシュくん

ジャイアンツよりダルビッシュくん


天気予報では太陽マークもついてるのに、なかなかスカッとは晴れなかった札幌から、2号です。
まあ、今日、札幌ドームではジャイアンツ戦があるから、別に晴れなくてもいいかと思ってたんだけど、夕方から晴れてきました。

こんな日に、私のダルビッシュくんは、また、東京ドームでのお勤め。ソフトバンクが相手なので、ドキドキです。
家で、ラジオ(また、TV中継はなし。ダルビッシュくんの試合はまだ一度も完全中継がなく、いい加減、腹立ってきた)でダルビッシュくんを見守りたいけど、今日は、札幌ドームで巨人の敗戦を見るべく(母のおつきあいも兼ねて)、行かねばなりません。
心はダルビッシュくんのもとへ飛ばして、ぼんやりとGナインを眺めたいと思います。がんばれ! ダルビッシュくん(&中日)。
では、また明日。(2号)

「メグとメイ」というソフトバンクファンの方のブログでは、ソフトバンクも初物には弱いので、と、謙遜して言ってもらってますが(コメント欄で)、どうでしょう。
くれぐれも、前途有望な宝を、不必要なまでに粉砕しないようにだけはお願いしたいと思います。

2005年07月08日

05.07.08 on 電車男

電車男、発車しました


やっと、少し初夏らしい気候に戻った札幌から、2号です。
ほんと、おとついは、夜にデパート(ファッションテナントビル)に立ち寄ったら、暖房が入ってたのでびっくり。確かに、この2、3日は5月並みに寒くて、北海道の上(?)の方の地方(北見とか)では、自宅でストーブ焚いたという話も聞きました。冬の壮絶な大雪といい、5月の寒さ、6月の真夏日といい、今年の北海道の気候は、ほんとにヘン。

で、「電車男」です。
本がずいぶん売れてたので気にはなってたんだけど、ま、いいかとすっ飛ばしてたら、ドラマ化ということで、じゃ、見るか、と。
なんか知らないけど、気づいたら、声出して笑ってるし、かと思えば泣いてるし、自分でもどうしたんだろうと思いました。このドラマにこんなに入れ込むのって、果たして、正解なんだろうか?と、ちょっと自信がなく。
まあ、チビノリダー敦史くんが、ダメダメぶりを大げさなまでに演るので、笑っちゃうのはともかく、泣くってのは…最近、自分自身、気持ちが弱ってるところに、さらに弱めるような出来事が続いてたからかなぁ…と、見終わってから、しみじみしてしまいました。
さておき。
全国の2ちゃんの面々の中、北海道は「愛別町」の人になってました。すごく、気になる。なんで、愛別町? このへんを、いろいろ想像してしまいました。ネットしか楽しみのない地域だと思われてるとか、「愛」「別れ」がポイントだったとか、そういう基準で設定されたのかなぁ? とか。
原作(?)を知らないので、原作どおりってことならそれまでなんだけど。
ちなみに、愛別町は、きのこで有名な町です。(自称「きのこの里」)。大雪山連峰の麓に位置し、町の木は桜です。(2号)

2005年07月07日

05.07.07 on 七夕

北海道は、本日、七夕ではありません

道南方面の一部を除いて、北海道の七夕は8月7日。1カ月、先延ばしです。
「この時期まだ寒いから」という理由だと聞いたことがあるけど、定かじゃないです。でも、確かに、2、3日前から5月並みに寒いです。
(北海道の)七夕の夜は、子供たちが集まって(提灯を持つ場合もあり)、「ローソク出〜せ出〜せよ 出さないと かっちゃく(ひっかく)ゾ おまけに くっつくゾ」と歌いながら(ありがちなわらべ歌のメロディで)、近所の家を回ります。すると、ローソクやお菓子がもらえます。
私は札幌だけど、「ローソク出〜せ出〜せよ」の部分が「ローソク一本くださいな〜」っていうのもよく聞きました。
なんと、これが、北海道だけの行事だって、今日、聞きました。ほんとだろうか。
っていうか、関東方面および仙台に住んでた時は、確かに、知らなかったけど、たまたま知らなかっただけだと思ってました。
どっちにしても、今日日、このような行事は、残していってほしいと思ったりします。
さておき。
近所の一軒家の塀の外側に、笹があります。
そこに、この時期になると、「短冊川柳」(?)がいくつも結んであって、住人である老夫婦の個人事情、家庭事情と思われるお題が読まれてます。つい、立ち止まって、読んでしまいます。密かにファンです。
というわけで。
今年の七夕は何をお願いしよっかなぁ〜。(2号)

05.07.07 on ビジネスフォン

開運金箔便り 〜 

電話機の使い方〜基本篇

「保留」をもっと便利に使おう!

開運金箔ドットコムの店員をつとめる2号です。
店長のために、緊急講義です。

わたくし2号が席をはずして戻ってくると、店長が2号の席で電話をしてることが時たまあります。見れば、店長の席の電話は、受話器がはずされて机上にドカッと置いてあります。
どうやら、電話中にほかの電話がかかってくると、店長は話し中の受話器をそのまま机に置いて、別の電話へと疾走し、そこで「別の電話にかかってるので掛け直します」などの対応をして、また、自分の席の電話へと疾走。「お待たせしました」ということみたいなのです。
店長ったら、昔の黒電話じゃないんですから…。
時には、あとから取った電話の方が緊急用件だったりすると、そこでまた「ちょっとお待ちください」とやって、疾走して戻り、最初の電話の相手に「すみません、電話来たので掛け直します」と言って、受話器はなぜかそのまま置いて、また疾走して2号の席の電話に取って返し、「お待たせしました」ってことになってます。
電話の向こうの人はといえば、保留音が鳴らないなぁと思ってるところに、バタバタと走る店長の行動の一部始終が聞こえてくるということになります。
ちなみに、私としても、席と電話が占領されてて、店長の長電話が終わるのを待つことに。

こういう時こそ、「保留」ボタンの出番。「保留」は、ほかの人に電話を取り次ぐ時だけのものじゃないのです。
「保留」ボタンを使えば、話し中の回線を切らずに、別の電話(回線)に出ることができるので、話し中にもう1本電話がかかって来ても、ほかの電話機まで走る必要がありません。今いる席に座ったまま、通話中の電話機の保留ボタンを押すだけでOK。すると、その同じ電話機で、あとからかかって来た電話にも出られちゃうのです。
そして、別の電話が終わったら、「保留」にしてた回線の番号ボタンを押すだけで、また、もとの通話相手と続けてお話できます。あらカンタン!
便利な「保留」機能をフルに活用して、あなたも電話の達人に!(2号)

2005年07月06日

05.07.06 on イカ/ダルビッシュくん

ステキなイカ生活


先週日曜日は、お刺身用の生イカを入手し、イカ三昧だった2号です。かような季節になりました。

イカが来ると、最低3品作ります。
●イカ大根
●ワタ入りトマトソース(アメリケーヌ風)
●自家製カンタン塩辛
●ペスカトーレ
●イカ刺し

この中から、今回は、上の3品でした。この組み合わせだと、ワタを捨てずにすみます。
アメリケーヌ風のソースは、ご飯によく合います。
詳細なレシピは割愛するけど、たぶん、通常の魚介のトマトソースに、皮を除いたワタを加えて(お好みで加減。多過ぎると思ったら少し残す)、ブランデーを足すくらいの感覚でよいのでは?と思います。エストラゴン入れるとか、白ワインとか、たいそうなこと書いてあったりするけど、なくても問題なし。
夏の体調維持におすすめ。イカスミ系が好きな人にもおすすめ。食べる時に、お好みでレモン汁を。
ワタは、トマトを軽ーく煮込んでから入れてね〜。4人分なら、大ぶりのワタ1個丸ごとでOKと思います。

塩辛も、おまけのお楽しみって感じで、おすすめ。
私は、コリコリしたワケのわからない部分の歯ごたえが好きなので、そのへんを適当に切ったのと、ゲソとミミを使います。
適量の塩とワタで混ぜ混ぜするだけで、翌日にはイケます(2〜3日置く人も)。気温にもよるけど、適当に常温においてから、冷蔵庫へ。
食べる時に、唐辛子フッてもいいよね〜。お醤油たらす人もいますね。

イカの困ったところは、皮をむくのにストレス感じることです。うまくツルリとむけることの方が少ないし。ここが得意になると、もっとイカ生活日数が増えるのに。(2号)

--------------------------------------------

びっくりダルビッシュくん二題

昨日の夜遅く、思い出したように、コンビニにスポ新を買いに。
店頭からはとっくに当日の分は撤収されてて、「あのぉ〜スポーツ新聞いいですかぁ?」と言うと、奥から持って来てくれました(何度もやったことある)。こういうのは、オヤジっぽくて恥ずかしいけど、いいの。なるたけ、淡々としてれば。
で、二つ、印象的だった話を。
ダルビッシュくん(←もちろん、このために買った)は、ロッテ戦では、やっぱり続投するつもりでいて、降板を言われて「びっくりした」んだそうだ。あ〜、今さらだけど、投げさせてあげたかった気が。その方が、負けてもナットク、みたいな。
それと、試合前のバッテリーミーティングに大遅刻。なんでも、アンダーシャツを忘れて来て、自分でホテルに取りに帰って、ミーティングのことを忘れてのんびりしすぎたらしい。さすが、座ってるわ、キモが。
捕手信二くんのサインに首を振る大物ぶりが言われたりするけど、いつだったか、あれは、自信と自信のなさが相交錯した結果だという、鹿取さんのコメント見ました。つまり、切迫した場面ほど、自分で自信がある球以外を投げる自信がないっていうような。
さらに成長すれば、このへんのサインへの対応っていうのもこなれてくるとかなんとか、書かれてました。
さらに成長すれば。ですか。 末恐ろしい響きです。ダルビッシュくんったら、これ以上進化したら、どうなるんでしょ。素人には想像できません。(2号)

2005年07月05日

05.07.05 on ダルビッシュくん頑張った

よかった、ダルビッシュくん

「連勝」の呪縛が解けた2号です。
昨日の日ハム、対ロッテ戦in東京ドーム。ダルビッシュくんの3回目の登板。結果、ダルくんには勝ちも負けもつかず、チームは負けて3連敗。
ダルビッシュくんの連勝も、いずれ止まる日が来るのであって、勝ち負けつかない形で、むしろよかった気がします。これで一回ラクになって(っていうか、私たちがラクになりました)、また引き締めて、新たな気持ちで臨めばいいのだから。

前2回以上に、調子が悪かったというダルビッシュくん、それでも2点に抑えて、本当に頭が下がります。
長嶋直撃2ランを浴びた時の痛恨の「やられちゃった」顔をスポーツニュースで見た時は、「おネエさんの胸でお泣き〜」って感じだったけど、ピカピカのルーキーでありながら、そこから大崩れもせず、しっかり立て直して、そのあとを抑えたところがタダモノじゃないです。
ピンチを背負って闘うピッチャーに、胸が切ないほど締め付けられるこの感じ。むかしむかしの、巨人のストッパー石毛くん以来です。

それにしても。そのあと。 何ていう負けだ。
いつもだと、形成が不利になってくると体に悪いので、途中でTV(またはラジオ)を消すのだけど、昨日は、ダルビッシュくんの先発だったので、最後まで見届け(聞き届け)ようと、ガマンしてラジオを聞いてました。とんでもない守乱による失点だったんで、すっかり呆れちゃったし、ベンチの中で、ダルビッシュくんはどんな思いでいるのか…と想像するだに、胸がチクチク。
なのに、ダルビッシュくんは、「野手の皆さんのリズムを崩したのは、ボクのピッチングのせい」などと。もう、おネエさんは泣きました。けなげ過ぎ。

素人目には、聞いてたほど豪球な感じもしないし、ボールが先行する場面もけっこうあるし。度胸の上に「ツキ」もあるのかなぁ、それも実力のうちだよね、って思ったりしてたけど、きっと、同じ球種でもその人によって独特の個性みたいなアヤがあったりして、それが打者にとっての打ちにくさだったりするのかなぁ〜。「いいものもってる」ってヤツ?(誰か詳しく解説してください)。
ピンチを作って切り抜けるパターンは、いやが上にも盛り上がるので、クセになりそうです。ダルビッシュくん本人は、そういうのが平気っていうか、むしろ楽しむ余裕があるみたいだけど、見てる私たちの寿命ばかりが縮んでいく、文字通り、魂捧げてる状態です。喜んでそうしてるんだから、いいんだけど。

前回の西武戦で、同点のままだったら8回以降も続投だったと語っていたヒルマン監督。昨日は交代させたのは何でだろう? やっぱり、不調による危うい感じが拭えなかった? でも、継投したからって安心できないのになぁ。…悶々。

とにかく、もう少し、北海道のホームであっためてあげてから、ビジターに出したい(昨日は一応ホームだったけど)と思うおネエさんたちなのでした。(2号)


※友だちに、「かっこよくて強い」っていうのはよくあるけど、「かわいくて強い」って、今まであったっけ? という、かねてから気になっていたことを訊いてみたら。
「ダルビッシュくんのこと、「かっこいい」って思ってる人たくさんいるよ。かわいいって思うのは、単に、自分がトシ取ったってことじゃないの?」。
なるほど。そうかも。
そういえば、かわいいと思うのは、佐々木孝介くん時から、すでに始まってたのかも。
「老化現象の一つかもね」って、それは違うと思うけど。

2005年07月04日

05.07.04 on ダルビッシュくん頑張れ

ダルビッシュくん東京ドームお披露目

ただいま、地元のラジオで東京ドーム・ロッテ戦のダルビッシュくんを見守っている2号です。

今日もTV中継なし。なんでやのん。ダルビッシュくんの登板を映像でたっぷり堪能する機会が、いまだにないなんて、みんな何考えてんの? 地元だったら、高視聴率取れるのに。
今日はマンデーパリーグだから、せめて、スポーツニュースで長い時間取り上げられることを期待します。

ダルビッシュくん、打たれてるけど、また併殺。おらが日ハムは、ガッツ小笠原くんがラジオの実況&解説にけなされた途端にホームランで先制。
と気をよくしてたら、逆転された。やばい。こうしちゃおれん。
ガンバレ!ダルビッシュくん。遠いけど、私たちがついてるわ。

では、また明日。っていうか、ロッテの応援、ヘンにうるさすぎ。(2号)

2005年07月01日

05.07.01 on 野球の思い出2

野球の風景2


ダルビッシュくんを追いかけて、東京ドームでもどこでも飛んで行きたい2号です。
野球的な個人史の続き。

■駒田くんの発見
結局、自分の学校の野球部以外には、相変わらず興味が持てないまま、大学卒業。
母は、父亡き後も巨人戦のテレビ観戦を欠かさず、私は好きな番組が毎週ちゃんと見られないことに不満。
そんなある日、なにげに画面に目をやると、デカいけどキュートな選手が。妙に愛嬌がある雰囲気で、好きになってしまったので、自動的に巨人ファンに。
以来、ほぼ毎年、ジャイアンツの札幌シリーズは観戦。東京ドームも行った。
ちなみに、オークションで札幌に来た時、駒田くんと写真を撮る(一緒に写ってる岡崎くんがジャマ)。7000円のサイン入りトレーナー&色紙と引き換えに(高っ)。
今となっては、大衆迎合的に巨人ファンをやっていたことを、人生の汚点とまで思うようになってしまいました。当初は応援するために行っていた巨人戦も、今は負けるところを見たいがため(敗北の女神)と、巨人ファンを観察するために、恒例イベント的に行く。

■ファンも移籍
駒田くんが某N監督に見切られて、FA1号で横浜に移籍。
たぶん、私は横浜とジャイアンツ両方を応援するんだろうなぁと思ったけど、フタを開けてみれば、ジャイアンツに何の未練もなく、それまで駒田くんの次くらいに好きだった数人の選手への興味もアッという間にしぼんでいき。
かわりに、ローズ&ブラッグスとか、石井タクちゃんとか三浦大ちゃんとか斎藤隆くんとか、波留くんとか、大魔神佐々木とか、鈴木尚ちゃんとか、谷繁くんとか、どんどん膨らんで、大ファンに。
98年に、日本一を体験させていただき(巨人の時よりも燃えた)、すべて終わったあと、余韻を味わうために横浜に飛んで行く。(そのあと、すっかり燃え尽きて、しばらく抜け殻状態に)。
この時、日本一になるとファンも疲れるんだなぁと思ってしまったせいか、次の年はダメだったベイスターズ。

■谷間
駒田くん引退、ローズ退団、権藤監督退団、の、トリプルパンチ、おまけに、大キライなタイプの森新監督就任となった時には、しばらく立ち直れませんでした。
私のあまりの落ち込みようが理解できない、ノーテンキな巨人ファンの妹に、「ジャイアンツで、あなたの好きな由伸と上原が一度にいなくなって、そのあと、野村監督が就任したところを想像してみて」と言ったら、泣いていた。

■おらが街にハムは来る
その後、いろいろ乗り越えて、セ・リーグはベイスターズ、パ・リーグはファイターズと、ダブルでファンを勤めることに。
ガッツ小笠原くん、SHINJOを経て、ヒルマン監督、B☆B、そして、ダルビッシュくんに肩入れ。
糸井さんは「巨人ファンは男子一生の仕事」みたいなことを言ったらしいけど、わたくし女子2号も、すごく忙しいです。
まあ、今は、年の功で力の抜き方も心得、成績がよくない時は、見ないフリ、気づかないフリで乗り切ることも覚えたため、もう、試合結果にいちいち精神状態を振り回されるってこともないけど、時々、危ない。

■というわけで、野球の風景
何といってもノスタルジーです。
野球といえば、どこで見たのか、単なるイメージか、夕焼けの下、グランドか公園で練習する少年たちのシルエットと、金属バットのカキンという音と歓声やかけ声などといったものが浮かび、物哀しいような懐かしいような甘酸っぱいような気分で、胸がキュンとなります。
プロ野球では、一度だけハマスタで見たナイターが夢のようでした。真夏、どんどん暮れていく空の下、少しずつ空気が涼んで気持ちのいい宵となり、楽しんで応援してる人たちと頑張っている選手たちの気持ちが溶け合ってキラキラしてるように見えました。いや、ほんとに。
その後も、2夜分のチケットを札幌から手配して行ったのに、2夜とも雨で中止という憂き目に遭ったこともあるのに、あの日のナイターの気持ちよさがずっと心の中にあるので、ハマスタのドーム化の署名を求められた時、反対しました。
屋外の野球のよさは残してほしいです。話がズレたけど。

■もう一つの胸キュン
ピッチャー投球の時、キャッチャーの背中に手を当てて見てる主審がいます。
この光景を見ると、なぜか胸がキュンとなります。原因不明。
ちなみに、キャッチャーのキャラは好きです。(ドカベンタイプ)
ランナーを刺す時やピッチャーに返球するのに中腰で投げたり、ボールをきれいにしようとこすってる姿も好き。
主審と喋ってる時も好き。

■ちなみに
ピッチャーが、ピンチを背負って黙々と投げる姿も、好き。
グローブを口に当てて、キャッチャーと喋ってる時も好き。
バントしそうな時に、前進守備についてギラギラしてる内野陣が好き。
内野陣がマウンドに集まってる時などに、ヒマそうに外野同士でボディランゲージで喋ったりしてるのが好き。もちろん、肩強〜いって感じの送球するのも好き。
2アウトでランナー二人、フルカウントで、ピッチャーがモーションに入りつつの、ランナーがリード取りつつの、バッターがグリップ握りしめつつの、あの切迫した雰囲気が好き。

■蛇足
外野フライに打ち取ったと思って、打球の行方を見もしないで悠々とロージンバッグに手をやるピッチャーもかっこいいんだけど、外野の人が転ぶかもしれないから一応見て!と、いつも思う。

(2号)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。