2006年04月26日

06.04.26 on 開運金箔だより

開運金箔だより

〜ふたりのおじさん

開運金箔ドットコムの店員をつとめる2号です。
うちの店長、年頃は天命を知る50代。おそらく、「車両出入り口につき、駐車禁止」となってるスペースに車を置くタイプです。なぜって、そこはいつも空いてるから。
実際は、店長は車を運転しないのだけど、うちの事務所では、引き出しの前、棚の扉の前、通り道、コピー機の前、印鑑置き場などに、物が放置されています。犯人は店長。空いてるところに物を置き去ります。空けておく必要があるスペースだから空いてるのに。
おかげで、引き出しを開けるとか、棚の扉を開くとか、コピーをとるとか、印鑑を押すとか、そうことをしなくてはならないたびに、その置かれた物を移動させなければなりません。しかも、その障害物を移動させる場所がない場合も多々あって、けっこう面倒なので、店長に言いたい。空いてるスペースを見つけたら、まず、そこがなぜ空いてるか考えてください。っていうか、物は、もとあった場所もしくは適正な場所に置くように、切にお願いします。

店長の同級生で、いっしょにお仕事もしているおじさん。時々、開運金箔ドットコムの事務所にやって来る。そのたたずまいは、となりのトトロを彷彿とさせます(和み系)。
おじさんのあいさつは、「おぉ。恋をしてるね」。根拠は不明です。
2号が身につけている物を見ては、「それは、ボクがプレゼントしたヤツかな?」。
ゴハンごちそうになったことしかないです。

ヘンなおじさん、2名。今日も平和な、開運金箔ドットコムなのでした。(2号)


2006年04月19日

06.04.19 on 新庄引退宣言

SHINJOくん、引退。

おらが日ハムを応援する、地元北海道民2号です。
SHINJOくん、引退。オーラの泉で背中押されちゃったのかな、という感じもなきにしも。
っていうか、なんで地元で発表しないの? そのことにムッとしました。

そりゃあ、お立ち台に立つ機会があまりないってことかもしれないけど、だったら、もっと北海道でホームゲームやってほしい。な〜んか、地元球団なのに、いつもいつもいつもお留守っていう印象が拭えません。
東京が大事な気持ちもわかるけど、こっちの日ハムファンの友だちは、自分のスケジュールとホームゲームの日程がなかなか合わなくて、観戦できないことが多くて困ってます。
私も、ダルビッシュくんが今季まだ一度も札幌ドームに登場しないことに、とっても怒っています。

それもこれもひっくるめて、ファイターズ関係者の皆様、もうちょっとなんとかならなかったんでしょうか。(2号)

2006年04月14日

06.04.14 on サザンライブ風船

最近撮った写真2〜風船の変態ぶり

サザン大好き、2号です。
この前のコンサートでもらった風船。ずっと棚の上に置いてあって、いつしか存在自体が空気と化して、見ても「サザンのライブの風船がまだ在る」とか「ずいぶんモつなぁ」などと意識することもなく、かわいそうに、放置状態だったのだけど、3週間くらい前に「なんじゃこりゃ!?」って目に映ったのは、しょぼしょぼにヘタれたアナタじゃあ、ありませんか。
その時点で写真におさめ、すぐにしぼみ切るんだろうと思ってたのに、まだモってたりする。だから、またまた写真におさめてみました。
すごくしぶとい。

ともあれ、見てやってください。

全盛期↓
Vfsh0086

晩年↓
Vfsh0091












こんなふうに、いろんなものがいろんなところでひっそりとシボんでいくんだなぁ。
変態っていうか、老化。

全国のサザンファンで、まだピチピチした風船を持ってる人っているんだろうか?(2号)

2006年04月11日

06.04.11 on ギプス写真

最近撮った写真1〜ギプスくん

北海道在住、2号です。
今日、予報がやっと最高気温10度って言ってました。本当に、そうなったのかどうかわかりません。

北海道の場合、4月になっても雪が降るってことは、よくあります。
そして、そういう時は、「雨のつもりが、降ってみたら手違いで雪になっちゃいました」みたいな感じのみぞれっぽいものだったりするのです。
でも、今年は、4月に入って冬に逆戻り? っていうか、これから冬? って感じの、いやぁな寒さと天気が続き、「手違いじゃなく、最初から『雪』ってことで降らしてもらってます!」みたいな、決然とした雪がガンガン降ったりして、ちょっと積もったりもして、まったく冴えない感じでした。
やっぱり、最近の気象はおかしいです。

さておき。
公私ともにバタバタして、しばらくブログもお留守がちになってたんだけど、3月の終わりに、記念写真を撮りました。
この奇妙な抜け殻は、2月24日〜3月まで、私の左ヒジにハマっていたギプスくんです。

Vfsh0088

なんか、ゾッとします。
治療中は、これに守られ、頼りっぱなしだったわけだけど、今見ると…なんだか怖い。サイボーグっぽい。

ちなみに構造は、樹脂のようなシートでその人の腕にぴったりフィットさせて腕の形に沿うように固めたあと、医療用のワタと筒型の伸縮包帯みたいなものをかぶせてあります。だから、これをハメると、直角に腕が固定され、特に、手首の細くなってるところでは、手首から先をねじったりできないようにガッツリ抑えつけられる感じがあります。

前、ヒジの完全骨折だった時は、ぐるぐる360度巻きのギプスだったのに、今回は、下半分のギプスでした。下から受けるようにカップリとはめて、包帯をキツめに巻いて固定って感じ。(看護師さんの巻きっぷりには、いつも、ミイラみたいだなぁと感嘆)。
半分だけのギプスなんて、ヒビだったせいなのか、ギプスが進化したのか、治療法が進化したのか、わかりません。

いつか、殿堂入りさせます。(2号)
posted by 2号 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006骨にヒビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

06.04.07 on かま栄パンロール

パンロール、バカ売れ

北海道在住 2号です。
地元愛なのか、それとも食い意地が張ってるだけなのか、「食わず嫌い」のお土産ランキングは、やっぱり北海道のものにビビッと反応してしまいます。だって、即レッツゴー&ゲット&イートできる可能性が高いじゃないですか。
でも、そんなグッドなタイミングで何かをゲットしてイートしたってことは、残念ながら、今まではなかったのでした。

そんな、わたくし2号、いつものように、ゆうべ、お土産ランキングをなにげに見てました。ほぅほぅ、大泉洋は「かま栄」の商品を持って行ったのね。確か、この時の放送は見られなかったのだわ、と。

そして、今日。
たまたま、ですけど、とあるデパ地下に残業のための夕ごはんを買いに行ったとさ。
すると、たまたま、ですけど、目に入ったのが、ウインドウの中に鎮座まします、その名も「パンロール」じゃあ、ありませんか。ふと、見上げると、これまた、「かま栄」の看板が燦然と掲げられてあるじゃあ、ありませんか。
なんというグッドでナイスなタイミングでしょう。

ということで、買わないわけにはいきませぬ。
「おじさん、2個ください」。
前のお客さんにもパンロールを包んで渡したおじさんは、揚げたてホカホカだよ〜んと、2個を袋に入れてくれました。
その作業を眺めつつ、「今日は、売れましたかぁ〜?」と、なにげに訊いたところ、「いや〜、いつもは150個くらいなのに、今日は、今そこで揚げてるので620個だよ」とのこと。
なヌぅっっ!?
そりゃあ、売れただろうとは思ったけれど、そんなにですか?
「あちこちに店舗いっぱい出てるから、全店併せたら、ものすごい数になるんでないかぃ」と、汗をかきかきおじさんは語る。
そして、おじさんは止まらない。
「私なんか、これ、20年も揚げて売ってるけど、こういうこともあるんだねぇ」とか、
「OLさんの間では、残業のお供にってことで、前から人気あったんだけどね」とか。
「私は知らなかったんですけど、ひそかに人気だったんですね」と言うと、
「へぇ、知らなかったかぃ?」と。
「まあ、よそのは、1個何百円とかやってたけど、うちのは、1個百何十円だからね」。そうそう、毎日仕様よね。
そして、「たいした順位じゃなかったのに、これだけ売れるんだもんねぇ」と感慨深げ。しっかり順位まで覚えてらっしゃる。「ランクに入るだけで、すごいですよ」と私(入るだけでホントにすごいのかどうか、知らない)。
すると、おじさん、「1位なんかだったら、どうなるんだろうねぇ。昨日も、若いお姉ちゃんが、何年作ってるだのってやってたけど、私なんか、これ、20年だよ」と。
かま栄で、パンロール揚げ続けて、20年。そう、一番すごいのは、おじさん。あなたです。
火のそばで、帽子かぶって、マスクかけて、さぞ、暑かろうに。
そんなことには負けもせず、おじさんは、あくまでも陽気に20年。頭が下がります。
がんばれ、おじさん。がんばれ、かま栄。がんばれ、北海道。

パンロールは、本当においしかったです。(2号)

※パンロールは、こういうことだそうです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。