2006年06月28日

06.06.28 on ワールドカップ回顧?

追憶のドイツワールドカップ

ドイツワールドカップ 決勝トーナメント陣中お見舞い申し上げます、2号です。
今となってはすべて必然の結果に思える中、次期監督の話題で盛り上がるしかない私たちですが、やっぱり、W杯報道を見ていると、まともな時間帯に、できれば自国も参戦してる状態で最後まで観戦してみたいと思ってしまいます、正直なところ。
たとえば、ブラジルの人って、こういう時、ブラジル人であることを幸せに思うのだろうな。

よく友だちと言ってるのだけど、日本に生まれ、北海道に暮らしてると、スポーツに関して3重苦くらいの目に遭うことがたびたびあって(日本代表&コンサドーレ札幌&北海道日本ハムファイターズ)、せめて福岡に住みたいとか、磐田に住みたいとか、ないものをねだってみたりするのでした。
などと思っていたところ、コンサドーレがちょっと調子を上げ、順位も上がったようで…このまま続けばいいけどね、って感じではあるのだけど。

さて、日本代表もとっくのとうにくっら〜い帰国を果たし、昔のように、水をかけられたりしなかったのはよかったと思ったんだけど…。日本戦で調整の仕上げをしたロナウドくんが、その後、W杯得点記録を塗り替えたりしたのを見るにつけ、ブラジル戦前に延々とシュート練習をしていた日本の姿が、ある種のいたたまれなさとともに思い出されてしまうのでした。
っていうか、あれは、子供の時に済ましておいてくださいっていうか、見ちゃいけないものを見ちゃってすみませんっていうか…なんて表現したらよいのだろう?
もちろん、プロだってシュート練習するだろうけど、それとはかなり違う印象だった。電車の中で化粧するようなもん?

そうそう。ヒデ。
ジダンやフィーゴみたいに次回もと、サポーターから熱い声が。
体力気力がOKならば、もちろんやっていただきたい。別に、特別なファンというわけではないけど、WBCでイチローが見せた先輩ぶり(?)と今回のヒデが重なって見えたわけで、こういう人はやっぱり必要だもん。つまり、世界的にも多少一目置かれてるっていう意味でも。
それと、当を得た監督。

南アフリカに向けての予選が始まるまで、また夢を見られたらよいですね〜。(2号)


posted by 2号 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

06.06.23 on ワールドカップ2006

愛と哀しみのドイツワールドカップ

日本の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
昨夜、プールで気持ちよく泳ぐ夢を見た2号です。そこには、とても古い友人など、いたのです。
一度あがって、もう一度泳ぎに行ったら、プールが狭くなっていて、反対に人は多くなっていて、泳ぐ隙間がほとんどない状態になってました。
そこで私は突然、「そういえば」と夢の中で思い、何のためということもなく「今、時計を見てみよう」とパチリと目を開けたのでした。
4時10分。
「あ」。
そういや、今、サッカーやってる?
現実世界に一気に戻り、起きてTVをつけてみたらば、確かにやってるじゃあ、ありませんか。
奇跡だと思いました。その時間に目が覚めたことが。

早々に負けていたら見るのやめて寝ようと思ったけど、まだ0-0だったので見ていることにしました。
大多数の日本の皆さんと同じように、私も、つかの間、奇跡も信じてみる気になり、でも、前半とはいえロスタイムでの失点というイヤなパターンに「ナカザワ!!(ぼけっ)」と叫び、奇跡もしぼんで来た後半、早々にまた失点。ダメだ。と思って、寝ました。
でも、あんまりよくは眠れませんでした。

っていうか、そのあと起きてみたら1-4って、いったい!?
2点差以上つけて勝つどころか、2点差以上つけられて負けてるじゃあ、ありませんか。
大爆笑。
優勝だってあり得る!なんて、さんざん踊った自分たちにも、大笑いです。
早朝の夢は、溺れる日本サポーターたちの暗示??

よく頑張った。かもしれない。でも、頑張るのはどの国も同じなわけで。
技術など、それなりにあるのかもしれない。でも、ああいう大舞台で発揮できないのは、やっぱり力不足です。どんな状況でも発揮できて、初めて実力なんだから。

じぃこは、神様なのであって、監督ではなかった。ということでしょーか。無宗教の多い日本には馴染まないのかも。
今となってみれば、フィリップ(とるしえ監督)にはわかっていた? 俊輔を入れても、本番ではダメって。「チームが暗くなる」とか、一見ワケわかんない理由も言ってたけど…ある意味、当たってたのかも。おそるべし、フィリップ・トルシエ。(と思っているのは私だけだろうけど)
もちろん、前回大会は、地元だし組み分けも優遇されてたけど…フィリップと選手の不和もチラホラ言われていながら、選手たちはもっとイキイキハツラツしてたよなぁ。特に、重用してもらい、ホレホレとおだてられて張り切った若手とか。
そして、俊輔がいなかったかわりに、ヒデが本来のヒデだった。
今回は、チームが神様を背負って、重かったんじゃないだろうか?
っていうか、ベタベタな結果論をあえて言えば、2戦めからスッパリとFWを変えられなかったんでしょーか?
まさに、「じぃこ、柳沢と心中」って感じ。

というわけで、2006ワールドカップ。全然煮え切らずに終了。
このあとは、おもしろそうな試合を気楽にアチコチつまみ食いするしか、やることないじゃん。

どうせこんなことになるだろうとウスウス思って半歩引いて見てたのに、結局いろいろ書いてしまって…未練タラタラもホドホドに。(2号)

最後に、さようなら、じぃこさん。お疲れ様でした。
posted by 2号 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

06.06.19 on ワールドカップクロアチア戦

愛と哀しみのW杯クロアチア戦

負けに等しい引き分けから、ほぼ24時間経ちました。よくよく考えてみれば、こんなこと、どぉってことない、2号です。
いつもより真剣な国際試合を3つ見る。そういうことにしておけば。

こういうこと言ってる人を今ではすっかり見かけなくなったけど、フィリップ(とるしえ)が監督の時は、そりゃあ、フィリップは問題児で好ましく思わない人も多かったけど、私は、とにかくこの人について行けば何とかなるのね?っていう、ヘンな心強さがありました。あのムリヤリな強引さが、むしろ、はいはい仰せのとおりにやりますってば、っていう感じになって、ゲタを預けたのか奪われたのかわかんないけど、まがりなりにもいい方に引っぱられちゃって結果オーライみたいな。(もう1勝できなかったのは、ここまででいいっていう線を自らひいたようにも見えて残念だったけど)。
でも、じぃこは、なんか違うの。
日本人に個々の創造性を発揮したサッカーをさせようなんて、100年早いのかも。
だいたい、 スタメンに高原と柳沢を並べたのがベストな布陣って言われてるうちは、ダメ。(ってことが、よぉくわかりました)。
個人の名前を出すまいと思ったけど、柳沢をケガが完全に癒えないままにメンバー入りさせたってことは、絶対不可欠な存在っていう意味だと思ったけど、彼はあまりにもその期待を裏切りすぎました。ってか、是が非でも入れたかった選手がこういう結果しか出せない選手だったんだってところが、日本のレベルを物語ってるのかも。
今回のワールドカップが終わったら、じぃこは、祖国ブラジルの上に飾っておくのがいいと思います。

それと、トリノオリンピックの時は、テレビの人たちにすっかりだまされたなぁ感が拭えなかったので、もうだまされないようにしようと思っていたのだけど、それにしても、今回もずいぶんムリヤリな前向き分析が横行してました。
たとえば、日本は1戦目に暑い時間帯を経験してるからって、どうしてそれが有利って言うのか、全然わかんなかったです。普通に考えれば、その分よけいに消耗してるってことじゃないの??
だいたい、暑さ自体が日本に有利って言ってたのもよくわからない。確かに日本の夏は蒸し暑いけど、ふだんから冷房使い放題の国民でしょ?? サッカー選手は違うの?

というわけで。
ブラジル戦は、ムリです。土壇場で甦るっていう運の強さは、日本はWBCで使ってしまいました。ムリムリ。(最悪を想定しておいて、奇跡が起きたら100倍喜ぶ)。
ブラジルがブラジルじゃなかったら可能性は少しはあるかもしれないけど、ブラジルだって決勝トーナメント前の1戦でウォームアップの仕上げにかかってくるかもしれないし。時間が非常識なうえに、結果が悲惨だったら次の日の仕事に響くので、リアルタイムで見ない方がいいです。
というわけで、私のワールドカップは昨日をもって終了。次は予選でお会いしましょう。(2号)
posted by 2号 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

06.06.15 on スマップコンサート06

お知らせ
今年もスマップ検索の嵐の季節がやって来ました。

(2006スマップコンサートツアーの報告と感想はこちらへ

というわけで、2006年コンサートツアー日程。

札幌ドーム7月30日(日)18:30/31日(月)18:30新潟スタジアム8月5日(土)17:30日産スタジアム8月12日(土)17:30/13日(日)17:30福岡ヤフー・ジャパンドーム8月17日(木)18:30/18日(金)18:00/21日(月)18:30/22日(火)18:00ナゴヤドーム8月30日(水)18:30/31日(木)18:00国立競技場9月9日(土)17:30/10日(日)17:30/大阪ドーム9月20日(水)18:30/21日(木)18:30/22日(金)18:30/23日(祝)17:00東京ドーム9月27日(水)18:00/28日(木)18:00/10月8日(日)18:00/9日(祝)18:00

以上。
posted by 2号 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(3) | SMAPほか芸能関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

06.06.13 on ワールドカップ豪州戦

愛と哀しみのW杯オーストラリア戦

多くは語るまい。2号です。
というわけで。
日本の皆様、3月のWBC優勝おめでとうございます。
この快挙を胸に、自信をなくすことなく、力強く生きていきましょう。
(日本人には野球があるわ!)

いや、ちょっとだけ語ろう。
●おらが日ハムの坪井くんがすっかり行方不明となっている折り、サッカー日本代表の坪井くんは出てるのね。と思ったとたん、まさかの故障交代。と思ったら、初耳の名前の人(あれは誰??)が出てきて、「イヤぁ」な予感→見事的中。
●自分でシュートを打たない人は、FWの肩書きを名乗るのはやめましょう。
●高原は、練習試合で得点してる場合じゃない。本番でこそ得点しましょう。
●キーパーは前に出過ぎないでほしい。(あそこは出るところじゃなかったぞ)。出過ぎて失敗したら目も当てられないけど、ゴールに張り付いての失点なら、これほどには言われないでしょう。
●素人目にもわかるようなすばらしく創造的な攻撃ができないことがよぉくわかったので、監督はトルシエを呼び戻すべき!! じぃこはダメ。やりたいことが見えない。(やりたいことはあるのかもしれないけど、日本選手には体現できないのかも)
●イナちゃんを出せ。
●野球もそうだけど、これでハッキリしました。日本はオーストラリアと相性が悪い。
●オーストラリアは、見た目、前回大会のベルギーを彷彿させるオヤジくささだった。(でも、負けた)
●選手の誰よりも不気味にこわかったのは、ヒディンク監督。そして、やっぱり。
●ヒデがヒデに見えない。のは、ナゼ?

それでは、日本の皆さん、また、4年後にお会いしましょう!!(予選通ったら、だけど)
(2号)
posted by 2号 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

06.06.07 on ダルビッシュくんvs阪神

ダルビッシュくん完封。

06年6月6日、セパ交流戦日本ハムvs阪神 in 札幌ドームに行って来ました。2号です。
札幌ドームを超満員にしよう大作戦の日で、なおかつSHINJOサプライズがあると言われていた日。
平日だというのに、全家族を引き連れてとか、会社を集団で早退してとか、ファンというものは本当にありがたいもの。今季一番の大入り43400人。確かに、圧巻でした。
こんなもの、もらいました。


Vfsh0101Vfsh0102

ラッキーなことに、昨日はダルビッシュくんの先発。
SHINJOパフォーマンスは、ハッキリ言って、TVで観た方が大きくハッキリ見えたとは思うけど、場内で同じ空気を吸っていた43000人のコーフンはドームいっぱいに満ち満ちて、今までの野球人生で緊張したことが一度もないというダルビッシュくんでさえ、満員の異様な雰囲気に「緊張」を初体験した、と、お立ち台で語ったほどのインパクトでした。

ダルビッシュくんの日は必ず1塁側に座って、3塁側の日ハムベンチの中のダルビッシュくんまでもモレなく鑑賞し尽くすのが恒例なのだけど、今回は、対阪神だったので、しかたなく3塁側の内野席に座りました。阪神ファンの皆さんの中に座るというのは、人生で最も避けたいシチュエーションの一つなもので。
ところが、ダルビッシュくんの力投によって、毎回の合計12奪三振完封負けを喫した昨日の虎ファンの皆さんったら、まったく普通の人々でした。試合が終わっても六甲おろしを歌い続けるとか、球場外でも大騒ぎしたり鼻息荒く闊歩したりとか、そういうことしない日もあるんですねー。初めて知りました。
なにしろ、我が愛するベイスターズの札幌での対戦相手として見るタイガースファンの皆さんのうるさいいやらしさは、イヤというほど見て来ているので(たいていの場合ベイスターズが負けるので)、これが同じ人たちかと信じられない思いさえ。気づかぬうちにおとなしくサッサと退場してて、外でも、レプリカとか着てないと、どの人が阪神ファンかわかりませんでした。

ダルビッシュくんはボールが先行したり打たれたりで試合時間が長くなるのも恒例だったけど、昨日は通常のTV中継時間も余したくらいのスピード解決(?)。双眼鏡で見た限り、とっても気持ちが入っていて、集中してた感じ。回が進むにつれて気合いもどんどん増してきて、ノーヒットノーランかと期待させる大活躍。大変よくできました。抱き締めてあげたい(同行の友だちにより却下)。もちろん、かわいさもいつもと変わらず、おネエさんはドキドキして倒れそうでした。どうして、あんなに愛らしく手を振ることができるんでしょーか。本人クールにしていても、かわいさがにじみ出てしまう。罪です。連れて帰りたかったです(同じく却下)。

大阪出身のダルビッシュくんは、どちらかというと近鉄エリアで育ったということで、むしろ阪神には敵対心があったのでは?とのこと。なんでもいいので、これからも勝ち続けてほしいです。ダルビッシュくんは、いい意味でちょっと緊張させてあげた方が集中していい投球ができるのかもしれないので、先発の日は毎回SHINJOパフォーマンスとセットで、超満員の中で登板させてあげるっていうのはどぉだろう。(2号)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。