2006年10月19日

06.10.19 on ヒルマン監督シンジラレナイ

ヒルマン監督

「シンジラレナイ」について


日ハムが北海道に移転してからの3年間、札幌ドーム最終戦は必ず見に行っている2号です。

最終戦でヒルマン監督が必ず言う(?)「シンジラレナイ」も、有名になりました。
一部では(北海道限定?)流行語になってるみたいで、流行語っていうのは、現場現場でいろいろに応用されていくものでもあり、それはそれでいいのだけど、「え、監督自身も優勝が信じられなかったんだ?」って言ってる人がけっこういて…。それはそれで当たってはいるんだけど…。
でも、そもそもの始まりは、そういう意味で言った言葉じゃないと私は思ってるので、その話を。

と言いつつ、初めて「シンジラレナイ」を聞いたのが、去年だったか一昨年だったかあいまいなのだけど、最終戦って、ほぼ満員になるのです。当然と言えば当然。
そして、これまた当然、数がすごいので応援もすごくなるのです。それで、やっぱり勝ったりするのです。
私が初めて聞いた時は、シーズン終了のセレモニーでマイクを向けられたヒルマンさんが、札幌ドームの満員のすごい状態を見て、「北海道のファンは、アンビリーバボー」と言ったんだったと思います。で、当然、イワケン通訳氏がそのあと通訳するわけだけど、その時、日本語で「北海道のファンは、信じられません」と言いました。
もちろん、「信じられない人たち」と悪口を言われたわけじゃないことはわかってるんだけど、文字通りに聞いた印象では、一瞬「?」で、スタンドのあちこちからも、クスクス笑いが聞こえました。
おそらく、「amazing」と同じような「驚くべき」というような意味で言ったと思うので、「信じられないくらいすばらしい」とか通訳してくれれば、なおよかったんだけど。
そして、このあと、通訳氏に教わったらしく、ヒルマンさん自身が「シンジラレナイ」と日本語で言って、ヤンヤヤンヤの大歓喜の渦を巻き起こしたため、今年などは、第一声からして日本語で「シンジラレナイ」となり、今日に至っているわけです。

つまり、なんというか、今回は、前評判とは違って(?)リーグ制覇もしたので、文字通り「信じられない」という意味合いがあったのは間違いないんだけど、本当はもっといろんなニュアンスがある発言だったと私は思ってるので、いつだったか、あるスポーツニュースでそれぞれの監督の言葉を引用して、中日の優勝を「信じていた優勝」、日ハムの優勝を「信じられない優勝」と言っていたのが、ちょっとだけ引っかかったんでした。

日本語の「信じられない」という言葉も、独特のインパクトはあるので、確かに最近は、ヒルマンさんもそれを逆手に取って、茶目っ気たっぷりに多用してる感はあるんだけど。

ともあれ、ファンは次を信じたい。そのうえで、最後には「シンジラレナイ!」と笑って言いたいものです。
頑張れ、ファイターズ!(2号)


2006年10月17日

06.10.17 on 日本シリーズチケット

サインはV。

日ハムのパリーグ制覇に、いまだコーフン気味の北海道から、2号です。
とはいえ、「25年ぶりかぁ。前回優勝時は、まだ生まれてなかったからなぁ」「うそだぁ。もう、めっちゃランドセル背負ってたじゃん」的な会話も、もうそろそろ聞かれなくなってきました。そう、思いは次なる日本シリーズへ。
チケットはいったいどうなる!?
優勝に酔いしれる間もなく、翌日朝10時から、もう先行販売の抽選申し込み開始。大忙しでした。
日本シリーズにも私たちのナマ応援が必要と思い込み、同行予定の4人で電話かけまくり、わたくし2号の申し込み分は全敗でした。がしかし!スンバラしいことに、4人のうち2人が当たって、これまたウマい具合に24、25、26日とバラけて当たり、全員、札幌ドームの全3試合をナマ応援できることになりました! 万歳。

しかも、不肖わたくし2号、ゆうべ、すごいものを見てしまいました。たぶん、生まれて初めて。

珍しく、昨日は早めに帰ったのです。スーパーに寄り、20時ころ、家の近所を歩いていたらば、「ほげー」という水鳥のような声が。
確かに、小樽の方の海から来たのか、札幌の中心部、うちの会社の近くにも、カモメが住み着いてます。けっこう、エサに困らないらしく。
でも、家の近所にカモメなどの水鳥がいるなんていう形跡は、今までなかったです。
聞き間違いと思ってなおも歩いていると、今度はたて続けに数回「ほげー」と聞こえたので、たぶん、公園の遊具がきしる音か何かがそんなふうに聞こえるんだろうと。
そして、なにげに空を見上げると、飛んでたんですねー、白っぽい鳥たちが。複数で。
なヌーッ!? なんと、渡り鳥御一行様じゃあ、ありませんか。
そんな時間にそんな場所で、そんなふうにそんな光景を見たのは生まれて初めてだったので、ビックリ仰天しました。しかも、私の上に、ピンと啓示が降ってきました。つまり、その鳥たちはV字型の隊列で飛んでいたのです、よくあるように。
あらまぁ…。こりゃあ、ハムのV=日本一ってことだわ。…まさに、鳥肌モンでした。

そして、家に帰ってゴハンを食べてると、友だちから、チケット当たったという電話。ナマ応援も実現することになり、舞台は整ったというわけです。確信。

私は、大丈夫。
98年、ベイスターズが日本一になり、次の年に開幕いきなり何連敗もし、その後も鳴かず飛ばずの成績であり続けても、今日の日まで、「98年の日本一」だけを胸に、ずっと愛し、応援し続けています。
日ハムが来年以降どうなろうと、何があろうと、想定内です。ずっと、応援するでしょう。でも、だから、今年だけは勝つ。きっと。

頑張れ、ファイターズ! 私たちがついている。(2号)

2006年10月13日

06.10.13 on 日ハムパ・リーグ優勝

涙の日本ハム パ・リーグ制覇

ひちょりんホームインの瞬間、きゃぁきゃぁ叫びながら、気がついたら、なりふり構わずおぃおぃ泣いていました。2号です。
周りの人に笑われたけど、逆に、え?なんで皆さん泣いてないの?って感じです。だって、目の前で胴上げですよ!

Pa120094

本当に、両ピッチャーの投じる1球1球に、緊迫感がありました。いい試合でした。

打てませんでした。斉藤和巳くん、敵ながらあっぱれでした。泣いてる姿には胸が詰まりました。
が、ナマSHINJOくんがもしかしたら見納めになるかもしれなかった打席でも、胸が詰まりました。結局、日本シリーズで見られることにはなったけど、これから1打席1打席が、引退へのカウントダウンのような感じになるのだなぁ。そう思うと、本当にさびしいです。

Pa120074

思えば、11日、札幌は朝から夕方のようにどんどん暗くなり、雷まで鳴って、雨もどしゃどしゃ降りました。その時、ソフトバンクとのシーズン最終戦も大雨で、「ソフトバンクを葬る雨」とか豪語してたら、そのとおりになったことを思い出しました。いい兆候かも、と。
そして、お昼。コンビニでお買い物したら、「555円」の会計。これは、GOGOGOってこと?
水がめ座は、この日、某全国ネット番組の占いで1位。「すべて思いどおりになる」とのことだった。
試合中に勝ちグリも食べたし、負けてる時から、大量リードで勝ってるような錯覚に陥ってました。だって、初回の先制後、ソフトバンクベンチがだんだんと静かに沈んでいってるように見えたし、周りのファンは、勝ちを確信してる感じで盛り上がってたし。

昨日、12日は、ローカル番組の占いで水がめ座が1位。ラッキーカラーのオレンジの服を着て、ラッキーアイテムのちらし寿司を食す。これで、ソフトバンクさんを蹴散らす?みたいな。
ちなみに、コンビニのお買い上げは「537円」。「ごみんなー(ご免な)、ソフトバンクさん」てこと?
試合は膠着して、内心、どうなるかと思いつつ、11日のような前向き応援の人が周りにいなかったので、ピンチでは、何の根拠もないながら「だいじょぶだいじょぶ」と自ら言い聞かせ、勝ちグリを食べまくり、ドーム全体で意味不明なウェーブもして、運でやっとこ勝ちました。
もしかしたら、ほかの道民の皆さんも、応援のほかにはできることがないから、いろんなゲンかつぎをしたのかも。

そして、ひそかに、Fバンドもよかったかも。自分がしてるのを、選手もしてるのを見るとうれしいもんね。こういうのも、一体感を演出したのかも。レプリカユニ組の白とSHINJOくんTシャツ組の赤も、スタンドを紅白にしてて、おめでたかったかも。
ついでに、私たちの勝ちグリ作戦、コンサドーレ札幌応援時から無敗だわ。

Pa120072

それにしても、25年ぶりですか。四半世紀とか言ってるけど、思えば、我が愛するベイスターズが日本一に輝いたのは、98年。38年ぶりでした。
あの時は、遠い札幌からテレビを通して応援していただけで、横浜へ駆けつけたのはすべてが終わってから。それでも、帰って来てから燃え尽きて、ヌケ殻のようになっていた、わたくし2号。今回、おらがチームが日本一になったら、いったいどうなってしまうんだろう。
っていうか、駒苫が夏の甲子園で2年続けて優勝した去年までは、日ハムは優勝できなかった。今年、(優勝に等しい)準優勝だったら、今度は日ハムが優勝。
98年の横浜ベイスターズ日本一の時は、夏の甲子園覇者横浜高校の松坂くんがドラフト一番人気で、でも、希望する地元横浜の「日本一球団」には入れなかった。
それでいくと、今年、ドラフト一番人気の田中くんが、希望してたであろう地元球団に入れなかったってことは、その球団は「日本一」ってことだ。つまり、そういうことだ。(断言)
こんなにセッセとゲンかつぎだの、ジンクスだのを総動員して、依りどころにしようとするおバカなファンはおいといて、きっと、選手の皆さんは、地に足つけて頑張ってくれるんだろうと思う。
ファンは昨日泣いたが、おぃおぃと泣いた選手はまだいません。涙は、最後の最後まで、とってあるんだと思う。
あとひと山。楽しく頑張れ、ファイターズ!!(2号)

※ソフトバンクの皆さんが流した涙の分まで、頑張るんだ。

Pa120061

2006年10月12日

06.10.12 on パ・リーグ プレーオフ

パ・リーグ プレーオフ 

第2ステージ開幕


昨日、2年ぶりに日本ハムファイターズのメガホンを札幌ドームに連れて行きました。2号です。
いつも一緒に行く友だちに、「なんでメガホン持って来ないの?」と言われ続け、プレーオフ、日本シリーズなどのスペシャルな試合にこそ持って来たいから(本当はメンドーなだけだったんだけど)と言い訳しては、「じゃあ、一生、出番ないかも」と失笑されてたんで、「万一、その時が来たら、振り付け(?)も完璧にやるからね」と、半ば願かけのような、開き直りのような約束をしてたんでした。よかった、「坊主にして3回回ってワン」とかの約束にしなくて。
というわけで、昨日のプレーオフ第2ステージ第1戦は、振り付けも完璧にやって、声の限りに応援。ダルビッシュくん、炎の完投勝利でした。おネエさんは、泣いた。

Pa110171

私たちが座ったところは、ウマい具合に、実に気持ちのよいファンの皆さんが固まっていて、ピンチにも前向きな言葉で応援、声の通る女の子もいて、歌えばウマいし、隣のグループが歌えば示し合わせたように隣のグループが合いの手を入れ、ヤジも正しく、得点時などはお互いにメガホンでハイタッチしあえる人たちで、本当にすばらしかったです。
気の弱いわたくし2号、ところどころに落ち込みそうな展開もあったけど、まるで大量リードで勝ってるかのように、大船に乗った気分でいられたのは、後ろのお兄さんたちのプラス思考応援のおかげ。打たれても、すかさず「だいじょぶだいじょぶ。次のバッターは打ち取れるから〜」と掛け声。データに基づいてるらしく、本当にそのとおりになる場面が多々あって、ホレボレでした。

今回のプレーオフ、何がすごいって、にわかファンの急増ぶりです。読売ファンのうちの妹や、野球自体にまったく興味のなかった友だちまで。一方、シーズンのホームゲーム全部観たのに、プレオフのチケットだけ取れなかったというファンの話もあり…。

野球自体に興味のなかった友だちは、ダンナさんに連れられて本日観戦の予定。
何でも、野球の基礎知識からダンナさんに仕込まれたらしく…。

ダンナさん「ベースを言ってみて」
友だち「1塁、2塁、3塁、4塁」
ダ「4塁じゃないってば」
友「そういえば、あまり聞いたことない」(って、当たり前)
友「でも、球場って三角だっけ?四角じゃなかったっけ?」

ってな感じで。
今日も朝から、「今日は、どことやるんだっけ?」という不思議な質問ぶり。
「ソフトバンクだよ」と答えると、「えぇ〜。西武がよかったなぁ」って、今ごろ言われましても…。っていうか、みんな、西武じゃなくてよかったってことになってるのに。(ちなみに、理由は、唯一知ってる選手が松坂くんだからだそうです。そのように言われましても…、答えようがないけど)

そういえば、彼女は、昔、野球選手のこと「イレブン」って言ってた。「6時キックオフ」とか言ってた。サッカーじゃないんだってば。

ルールをひととおり教授されて、生まれて初めての野球観戦デビュー。それがプレオフっていうのも、けっこう恵まれた話だと思うんだけど、彼女の最後の一言は「どうしよう、寝ちゃったら」。

そんなファン、あんなファンも含めて、43000人超が見守る中、今日、第2戦。
頑張れ、八木っち。頑張れ、ファイターズ!!(2号)

2006年10月05日

06.10.05 on フリーマーケット

フリーマーケット受難。

明日は悪天らしいので、今日、十五夜お月様を先取りしている2号です。きれいです。

週末、今年2度目のフリーマーケットでした。この時期は、私たちの場合は、夏物の残りも出すけど、メインは冬物。がしかし、相変わらずデフレの波に勝てず、以前はうまくいけば1000円台、安くても800円とかで売れていたオーバーコートすら、「100円」。
あのですね、100円ショップでオーバーは買えないんですよ、お客さん。せめて、500円くらいでどうですか。
でも…お直しに出さないといけないし…、そっちの料金の方が高くつくと思うのよね。

よく考えれば、それはお客さんの事情で、サイズが合わないなら買わないという選択もあるだろうに、なぜか強く言えない私たち。
よく考えれば、お直し代の一部まで肩代わりしたようなものじゃないか?
そして、よく計算してみれば、私のフリマ史上、今回初めて38円の赤字になったのでした。「持ち出し」ってヤツ。
だってだって、こんなにフリマ冬の時代が長引いているというのに、主催者側の取る出店料は全然値下がりしないのです。

さておき。
毎度お馴染みというか、今回が最後かもしれないけど、また、野球関連グッズを出しました。別に、仕入れてるわけじゃなくて、なぜか、いつの間にか持ってるので。
一つは、おらが日ハムのオフィシャルファンクラブ謹製デイパック。黒地にハムのマークがデカデカとデザインされた、ファン必携の逸品。おそらく、観戦時に使ってね、というもの。
これは、マジメそうなお兄さんが、すかさず手に取り、いくらですか?と訊くので、祝・シーズン1位通過記念特価の300円で大提供しました。未使用だし、かなりお買い得。
お兄さんは、値引き交渉なしで、うれしそうに300円を払ってくれました。「ファイターズ、応援してくださいね」と言うと、「はい」とニッコリ。さわやかだった。
っていうか、なんで私が日ハムのデイパックを売ってしまうのかと言うと、ビニールの臭いがクサかったから。でも、男の人なら耐えられる臭いかなぁ…と思って。
お兄さんは、臭いは特段気にしてない様子だったし、もっとクサいものを入れるなどして使っていれば、淘汰されて自分らしい匂いになっていくと思うので、ぜひ、どんどん愛用してください。

もう一つは、なぜか、読売くんのオレンジのタオル。なぜか、と言うか、人にあげてもあげても、新聞屋さんがよかれと思ってか、次のを持ってやって来るのです。販売店にも、そうとう在庫があるみたいだわ。
たぶん、うちの新聞屋さんに私は「ジャイアンツファン」だとカン違いされてるに違いありません。確かに、毎年、札幌ドームの巨人戦チケットを新聞屋さんから買ってるんだけど、それは私が見に行くと読売くんが負けることが多いので、敗北の女神として見に行ってるだけなのでした。だから、「優勝目指して闘っています!」なんていう、原監督の写真入りの今さらなメッセージの添えられたタオルをもらっても、「何という、ウソを…」と高笑いするしかないし。
とにかく、読売くんのロゴ入りタオルなんて、いくらタオルに罪はないと言っても、このアンチのわたくし2号、死んでも使うわけにはいかず、売りに出されることになりました。
これは、ちょっとコワめのオジさまが手に取り、「いくらで売ってんの?」と。どうでもいいシロモノなので、「100円です」。
じゃ、これ、と、これまた値引き交渉なしでお買い上げ。原監督のメッセージに目を留めたオジさま、かすかにフフンとハナで笑ったように見えたので、試しに「巨人ファンですか?」と訊いたらば、「そうだよ」と投げやりなお返事。こちらも笑うしかなく…。とにかく、ご愁傷様です。
まあ、我が愛するベイスターズは最下位ですけどね。巨人ファンの方々は、1位以外は認めない方々なので、心中お察ししますゎ。

これで、今年のフリマは終了。お疲れ様でした。(2号)

共同出店者の発言:
「私たちも、来年はコワいくらいの派手なメイクと、カリスマ店員並みのいでたちで臨まないとダメ。そうすれば、売ってるものも高く見えるから、100円にしろとか言われないんじゃない?」。
そうなんだろうか…。うーん。
posted by 2号 at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ふとした出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

06.10.04 on 兵庫国体高校野球決勝

田中くんへ。

田中将大くん大好き、2号です。ずっと心の中に置きたい人というのは、恋人でもない限り、そうそういるものじゃあ、ありません。

今日、国体決勝で、田中くんは負けました。
国体ではノビノビと高校最後の野球を楽しんでいたし、調子を取り戻したのかさらに進化したのかわからないけど、投球もすばらしかったようなので、ファンとして見てる側からすると、相手に花を持たせてやったくらいの余裕で、勝ち負け自体はどっちでもいいと言えばいいのだけど…。イヤだなぁと思うのは、今回勝った方の相手について、また、田中くんとの比較でなんだかんだ騒ぐんだろうなぁということ。

巡り合わせというか何というか、今回もまた対戦することになって、しかも、また負けて、いったい何なんだろうと思う。素直に、斎藤ハンカチの方が上だというふうに片づけられないような感じがあって、打線? 運? 首をひねるばかり。斎藤vs駒苫打線は相性が悪く、田中vs早実打線は、それよりは相性がいいとか? それとも、ハンカチ人気で完全アウェイ状態だった?

すごいピッチャーなのにホームランでやられやすいとか、野球には、素人ではわかんない奥の深さがあるらしいけど、プロに行ったら、田中くんは、すごいだけじゃなくて負けないピッチャーになってほしいと心から思います。
日ハムとは別問題で、応援するからね。特に、交流戦、日本シリーズでは、手放しで全面応援するわ。こうなったら、対横浜戦でも、田中くん登板時に限り楽天を応援するから。
北海道を盛り上げてくれてありがとう、駒苫の田中くん。これからも北海道のファンのことを忘れないで、頑張ってね。(2号)
posted by 2号 at 18:25| Comment(11) | TrackBack(1) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

06.10.02 on コンビニと店長

開運金箔だより

〜店長、またしても…

開運金箔ドットコムの店員をつとめる2号です。

店長が最近よく話題にしていたお知り合いの方は、Sというコンビニにお勤めの方、とのことでした。
何度かの会話ですっかりお馴染みになり、私も「その人はSの方ですね」と。
「うん」と適当に返事する店長。

この前、いつものように会話してると、店長は突然「フッ」と笑い、「その人、本当はSじゃなくて7●●なんだけどね」と言うのです。
しかも、今まで私がずっと間違って言っていたのをあえて訂正せずにいたけど、そろそろ見かねて注意したって感じで。

あのですね。最初に、Sと言ったのは店長です。


思えば、今の事務所に引っ越す前に、会社から一番近かったのはSでした。だから、店長にとって、コンビニ=Sだったわけです。
それが、しばらくして、より近いところにLができて、それ以来、Sも店長の中ではなぜかLと呼ばれるようになったのです。

しかし、引っ越して、今度はLの方が遠くなったのです。
すると、店長の中で、コンビニの多くは、再びSと呼ばれるようになったのです。
その後、すぐ隣に別のLができて、さすがに、隣のLはLと呼ばれるのだけど、離れた場所のコンビニは相変わらずの十把一絡げぶりで、各コンビニが正しく区別されて呼ばれるのは、どこのお弁当がおいしいかといった比較検討の際だけなのです。

ああ、このようにきっちり説明できる私でありながら、今日も、店長の「S」にまんまと引っかかっている…。
学習能力がないというか…、どっちもどっちの懲りない面々なのでした。(2号)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。