2007年12月26日

07.12.26 on 偽装串カツ?

愛と哀しみの、串カツ。

クリスマスは一人で過ごす(あるいは、残業して過ごす)運命にある、2号です。過去、カレシがいても、この時期の前に別れてたり…。
ン十年生きて来て、男子らしき者とクリスマスを過ごしたのは、たったの2回という驚愕の事実に、昨日気づきました。
つまり、昨日は、今年のクリスマスにあたる日でした。。。

珍しく、昨日は残業はしないで、スーパーの安売りに駆け込みました。
なんだか、24日のイブで3連休が終わったせいか、クリスマスも休みとともに終わったという感覚が強くて、例年飾っている友だちのお手製のクリスマスツリーを出してないことにも気づかずにいたのだけど、スーパーの、いつもと違う様子で「クリスマス」を思い知るっていうことの、なんとさびしいこと。

まず、なぜか、ふだんはそんなにも見かけないやや年配系の男性が多い。さらになぜか、彼らは総菜の揚げ物のコーナーにたかっている(家では、お父さんはメタボだから、とか言われて、油系は食べさせてもらえないと想像される)。そんなオジさんたちに、ファミリークリスマスの買い出しというよりは、フ○ン系の匂いをかぎとってしまうのは、私だけだろうか…(彼らのフ○ン相手は、料理はしないらしい)。このスーパーのあと、近所の有名なケーキ屋に立ち寄ったりしたら、ますますあやしい。連休中にファミリーでのクリスマスをチャッチャと終わらせて、今日は連休明けで仕事が忙しいから、残業で夕飯いらないよとか何とか家族には言ってあって、帰りに「別宅」でクリスマスパーティをやるのに違いない。…と、妄想が膨らむ。そして、「けっ」とか思う。

昨日は、夕飯はカレーの残りを食べようと思っていたので、夕飯のおかずを翌日のお弁当に流用する作戦が取れないため、私も、お弁当のおかずを物色しようと総菜コーナーに参戦。すると、なんと、トリ系の総菜はすべてがクリスマスバージョン!っていうか、やたらとデカくて、私のつつましいお弁当バコからははみ出してしまいそうなサイズ。普通の唐揚げとか、皆無。(売り切れたのか?)。しかたないので、今まで買ったことのないブタ串カツ(90円台)を1本買う。

そして、それを今日、会社に大事に持って来て、レンジでチンしたわけです。
残り少ない貴重な、携帯サイズのソースをたっぷりとかけて、まあ、衣が厚いだろうことは、多少覚悟しましょうと、最初のくぼみに箸を入れ、串から離す。
出てきたのは、5分の4が脂身の肉片1個。約1.2cm四方。まあまあ、想定内。
ブタの分厚い脂身は食べられないので、5分の1ほどの赤身だけかじり取って、大事に大事に食べる。
そして、十分にご飯などでインタバルをとって、おもむろに次のくぼみに箸を入れ、切り離すと、ん?玉ねぎ?だけ?? いやいや、玉ねぎのカーブした下のスペースから、小さな小さな赤身が申し訳程度に出現。約1.2cmx0.6cmくらいのサイズ。き、きびしー。
なんだか、とってもヤな予感がしてくる。
こういう時のタマネギは食べられない性質なので、玉ねぎをよけて、次の最も大きなパーツ、しかし、最後となる塊を、このすべてが赤身の肉であってほしいと祈りながら串からはずして見ると、あわれ、巨大な玉ねぎの層が現れ、その下に、もう、お慈悲って感じのブタ肉が…。サイズ約1.8cmx0.6cm。

あのさぁ、聞きたいんだけど、こういうのって、きっと、偽装って言わないんだよね?
肉は、確かに本物だったと思うし。
けどさぁ、ここまで消費者の期待を裏切って、いいわけ? 
私のブタ串カツのイメージはね、多少、玉ねぎ挟まっててもいいけど、それはあくまでも多少で、メインはブタ肉(トンカツ)なわけ。
なのに、ほとんどが衣と玉ねぎ、いや、その玉ねぎだってクシ切りしたのが6枚くらいだった。あとは、スカスカの隙間。つまり、空気。
どうやったら、あんなスカスカの揚げ物が作れるのか、作ったことないからわかんないけど。。。
ちなみに、串の長さは17cmくらいはありました。

90円台っていうのは、ふだん買ったことないからよくわからないが、確かに安いのかもしれない。だけど、それは、クリスマスの出血サービスっていうことじゃないの?

かくなるうえは、食べる部分がほとんどなかったために、ふだんは半分は残してしまう衣を、かけたソースももったいないので、チビチビと食べてしのぎました。

というわけで、今日は、ビミョーに胸焼け&空腹感が襲ってくる午後を過ごしてるわけだ。もう、あそこで串カツは、2度と買わない。(2号)


2007年12月20日

07.12.19 on ダルビッシュくん

ダルビッシュくんの夫婦道?2

元日本代表監督、フィリップ・トルシエ氏が大好きだった2号です。
ゆうべ、岡ちゃんを取り上げてるニュースかなんかを見ていて、ふと、「でも…、なんと言っても、一番の実績を残したのはフィリップじゃないか?」と思っていたら、今朝、そのトルシエ氏が沖縄のJFLのチームの監督に就任するとのニュース。
虫の知らせね…と、思いました。

それにしても、ダルビッシュくん。
ちょっと前に、友人が、ダルビッシュくんが夫人同伴で契約更改に臨むらしいというような情報を教えてくれたのだけど。。。続きは、自己コメで。

07.12.19 on ガラステーブル

愛と哀しみのガラステーブル。

インフルエンザ&普通の(?)風邪が猛威を振るう中、他人の咳におびえる2号です。体力ないので、伝染さないでください。皆さん、せめて、口に手を当てましょう。体調が悪いところを、家でゆっくり休んでいられない事情には同情しますが、必要以上に菌をまき散らさないでください。「ツラいのに休めないかわいそうなオレ(orワタシ)」を過剰にアピールしなくていいです。通勤電車の中で、毎日、誰かの風邪菌入り飛沫を浴びて、「今日こそ風邪を発症するに違いない」というような己の体調の悪化を、なんとか気合いで立て直してきたものの、そろそろ限界です。
それにしても寒いです。札幌では、先日降った雪がとうとう根雪らしい根雪になったところへ、日中の気温0度というビミョーな頃合いにより、市内中心部の一部の道路が、スケートリンクのようにツルツルです。札幌も、あの、某県幻の(?)「雪国はツラいよ」状態に突入してしまったようだ。寒いのは慣れるけど、この歩きにくさが一番ツラい。疲労にも拍車をかける。しかし、スケート靴をはけばスケートができるくらいツルツルな道路というのも、貴重かもしれない、いったい、世界中で、このように都会の真ん中でスケートができそうな都市って、どれくらいあるのか?と思えば、名物として前向きに捉えることもできようというもの。

前置きが長くなりました。そして、本題は前置きとはまったく関係ない話なのだが、久しぶりの「愛と哀しみ」シリーズ、今日は「ガラステーブル」の秘密に迫ります。

うちの会社の事務所には、真ん中にドンとデカいガラステーブルが置いてあります。接客、打ち合わせ、そして、歓談用に。
デカいけど、ガラスゆえに圧迫感がなく、適度な高級感もあり、なかなかよいです。
しかも、たとえば、紙をカッターで切る時なんかは、下にカッティングシートを敷かなくても、全然キズがつかないというスグレもの。もっとも、調子にノリ過ぎた社長が、業務用(?)のデカいカッターで工作した時は、思いっきりキズつきましたが。。。(すぐに気づかずに、作業を続けて被害を大きくした社長も社長だ)

この、夢のようなスーパーインテリア「ガラステーブル」に、しかし、ものすごい欠点があることは、意外に知られていない(気がする)。
大掃除を思い出していただきたい。
窓ガラスの清掃に苦労してません(でした)か?
今でこそ、業務用の窓拭きグッズなどが家庭にも普及して、拭いても拭いても拭き跡が取れないという、掃除してんだか何だかわかんない状態は、だいぶ改善されたようだが、まさか、会社で毎朝ガラステーブルを、あのゴムのグッズでキュッキュとやるわけにもいかず、ガラスクリーナーで拭くわけですよ。しかし、専用クリーナーでさえも、いつもいつも幕一枚残ってしまってるような感じで、スカッとしたキレイさに仕上がらないのです。
これが、大人数の会議で、テーブルをほぼ360度まんべんなく人が取り囲んだあとの惨状と言ったら…。テーブルの角までも90度きっちり手垢にまみれ、まるで、全体に白い指紋柄が施されたかのようで、泣きながら掃除することになります。

そして、最大の盲点。

おそらく、普通の会議用テーブルしか掃除したことのない人には、思いもつかない欠点。

それはーー拭いても拭いてもキレイにならないと思ったら! ウラに付いていた!!
という衝撃の事実。

つまり、ガラスは透明なので、ウラに付いた汚れが見えてしまうので、オモテ面を拭くだけでも難儀なのに、ウラまでも拭かなくてはならないというメンド臭さ。もう、カンベンして…。普通に気軽に水ぶきできる、普通の(安い?)テーブル万歳!

そして、私は知った。テーブルの下に手を入れて、指先でテーブルのウラを触る人のなんと多いこと。最初、子供でも座ったんかぃな?と思ってたけど、そうではなかった。どうやら人間って、テーブルのウラに手を押し付けるクセがある生き物らしいです。
あるいは、男性に多いようだが、意味もなくテーブルの縁をガバッとつかむ。普通のテーブルではよいが、ガラステーブルではやめていただきたい。っていうか、できれば、テーブル面に手を触れるのを禁止にしたい。もしくは、手袋着用を義務づけるとか。。。

というわけで、今後、事務所の開設などで、あこがれのガラステーブルの導入を検討されてる方は、この欠点も考慮に入れて、熟考することをお勧めします。会議の多い事務所では、掃除を担当する女子社員が発狂する危険性大です。(2号)

追記)弁当の食べこぼしも、時間が経つとなかなか取れません。。。(なんというか…、輪ジミ(?)がくっきり残る)
posted by 2号 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。