2008年04月25日

08.04.25 on ダルビッシュくん負けなし

ごめんね、小田っち。

北海道日本ハムファイターズvsオリックス戦in札幌ドーム行ってきました、2号です。
昨日は、ダルビッシュくんが漂わせてる雰囲気が暗くて暗くて、もうおネエさんは本当に心配しました。2失点、初黒星も、おネエさんが粛々と受け止めてあげようと、覚悟してました。

しか〜し。
ダルくん神の子、不死身の子。(どっかで聞いたような聞いてないような…)

1点ビハインドで9回を投げ終えた時、誰もがダルくんも人の子と思ったに違いない。んが、ダルビッシュくんは、勝ちこそつかずとも、決して負けないのだった。野手の皆さんも(ファンも)、ダルビッシュくんで負けたくないのであった。(ここを逃していつ勝つんだ?っていう意味じゃなく)。そう思えば、この勝ちは不思議でもなんでもない、みんなの思いが結集した当然の結果なのだった。

それにしても、小田さんには謝らねばなりません。
私と友だちは、ダルビッシュくん登板だから20時半には帰路につくつもりだったのが、9回裏に追いついて延長になったために、22時のドラマに間に合うかどうか心配になってきました。なので、10回の裏の前に、この回の「小田、飯山、金子」の並びを見て、「時間節約のため、『この回パス!』」とかできないものかしら?」などと、ファンとしてあるまじき発言をかましていました。
まあ、結果、それが聞こえたのかどうか、だったらオレが終わらせてやるっ!とばかりに、先頭の小田っち小田さんがホームランを打ってくれたわけで…。ひどいこと言って、本当に申し訳ない。そして、ありがとうございました〜。
おかげさまで、(9回裏の同点で)ダルビッシュくんに黒星つかなかったのみならず、チームもサヨナラ勝ち、もちろんドラマも間に合ったし、言うことなし、万事丸く収まりました。うれしかったし、幸せでした〜。

今年もこうやって、渋く勝っていくしかないのね。おネエさんも頑張るわ。(2号)

※ここだけの話、我が愛するベイスターズの方は、まだ4勝しかしてません!スゴ過ぎます。。。(首位阪神の負け数より少ない)


2008年04月24日

08.04.24 on 迷惑なもの。

招かれざる客。

1日だけ風邪引いてた、2号です。

その日は、朝から鼻の中が違和感あると言うか、無防備な感じがしていて…
会社に着いたら、鼻から水が…

 こ、これは、花粉症ってヤツなのか!?

ついに、この私にもその日が…。
昼に向けてだんだんとだるくなってきた時も、「花粉症もボーッとなってだるいとか言うもんねぇ…」と。
しかし、胃腸の調子まで、どーーーもおかしい。
結局、(おそらく)風邪でした。
風邪引く時は、極度に体力ないな〜っていう自覚がある時とか、ものすごい寒い思いを何度かしたあととか、そういう心当たりが何かしらあるものなんだけど、全然ピンピンしてたし、このところ暑いくらい気温が高かったのに、なんで?
まったくわかりません。強いて言えば、睡眠不足か?

昼に風邪薬飲んで、ちょっとよくなって、でも、夕方にまただるくなって来て、夜また薬飲んで布団に入ってからも、息は苦しいわ、心臓が疲れたっていう感じはするわで、呼吸が極度に荒く、具合悪いのに眠れないっていう状態。
こりゃあ、明日は一日ダウンだな〜と、覚悟しました。

しかーし。
朝起きたら、ケロ〜リ。
ゆうべ、あんなに苦しかったのに?みたいな。

それが、昨日です。元気な一日。

が、今日は寒さが逆戻りの札幌。そして、再び、何となく元気がない状態。
その上、今日、来たのです。会社のビルの管理人が「上の階に、明日新しい会社が入るので、内装工事をやります。『ちょっと』音がしますが、ご了承ください」と。
『ちょっと』くらいは、お互い様。ニコやかに、わかりました〜と答えたものの、始まってみると、天井が落ちて来るかと思うくらいの、ドリルの轟音。この音のどこが『ちょっと』なんだ。
あまりのことに、一瞬何が起こったのか、最初はボー然。しかも、その音がしてる間は、会話がまったく成り立ちません。まったく!全然聞こえません!!いや、ほかの音が聞こえないとか何とか以前に、肉体的、精神的に耐えられないくらい暴力的な音です。鉄道高架下以上デシベルじゃないか?
こんなひどいの、平日にやる作業じゃない。明日入るなら、先週末にやるべきでしょう。迷惑すぎです(菓子折りが必要!)。
そして、この轟音、ホントにいきなり起こるので、いちいち飛び上がるくらいビックリするのです。飛び上がるくらい、じゃなくて、実際イスから2センチくらい飛び上がってますって。
元気がないところに、心臓をこんなにイジメられて、風邪もぶり返しそうです。マジで、心臓痛くなって来た。
できれば、ドリルだかなんだか知らないけど、その轟音の前に、「行くで〜」と軽く合図してもらいたい、マジで具合悪い。

なのに、今日、行っちゃいます、札幌ドーム。明日は明日の風邪が吹くでしょう。(2号)

2008年04月21日

08.04.21 on ダルビッシュくん4勝目

あなたは、神。

2号です。もう3日前の話だけど、行ってきました、北海道日本ハムファイターズvs福岡ソフトバンク戦in札幌ドーム。
ついた時は、すでに1点先制されてて、おやおや?な状態だったのだけど…。さすが、ダルビッシュくんは立ち上がりの悪さもちゃんと早期に立て直せる人になり、その1点でおしまい。3-1で勝ちました!
終わってみれば、すべてがあまりに美し〜く調和していて、最近、おネエさんは、ダルビッシュくんに関して特筆すべきことが、あまりないくらいです。

そんな中、この日は500円割引券が使いたいばっかりに、考えてみれば逆にソンしたかもしれない。いつものように、「内野自由席」と窓口に言って割引券を出すと、「AかSじゃないと、この券は使えません」とピシャリ。
なヌっ!?
そんなケッチぃこと言わなくても…。
しかし、窓口のおネエさんは一歩も引かない構え(当たり前)。この券を使わないとソンするような気分になっていた私は、しょーがないので「んじゃあ、1塁側A指定」と、受けて立ってしまう。
あとでよくよく考えてみれば、FC割り引きで内野自由は1500円。A指定は、FCと券併用でも2800円。約2倍。そこまでして、券を使う必要があったのか??
この悔しさ(アホさ?)を何で晴らそうと思いながら、しかし、現場に行ってみると、最前列じゃあ、ありませんか。おぉ、1塁上、捕手信二くんあらため1塁手信二くん、近〜い!

P4180089_1

ところが、いざ席は?と見ると、かなりデッカ〜いオジさんがドカンと座っているじゃあ、ありませんか。さては、後ろの方からの侵入者だな、と、「すみません、そこ、お席あってますか?」と訊くと、「あー」と慌てたオジさんは、隣に移動。巨体ゆえに、両サイドを空けて座りたかったのね。いいのよいいのよ、席を暖めてくれていたと思えば。
しかし、だ。
オジさんは普通のオジさんではなく、極度のカメラマニアらしく、一本足の三脚(?)にデカいカメラを据え付け、あらゆる選手を片っ端から撮影してるのです。一人一ショットじゃなく、状況が変わるたびに撮るという感じ。
ご趣味は勝手にやっていただいて全然かまわないのだけど、オジさんの巨体だけでも、私の角度からするとせっかくの日ハムベンチ風景に半分以上かぶってるし、デカいカメラもバッターボックスを覆っているし、そのうえ、オジさんが前のめりになってファインダーをのぞくたびに、ピッチャーの上半身が見えるか見えないかくらいになり、さらにカメラの上に手を置いたりすると、2塁手から外野のあたりくらいまでしか見えなくなる。
最初は、一巡撮ったら満足してやめるのでは?と期待してガマンしていたけれど、いっこうに止める様子なし。
これが、普通の日なら、野球観戦+写真という趣味をめいっぱい楽しんでる人のジャマはせずに、ソッとしておいてガマンしてあげられたかもしれない。
しかーし。
私は、この日、特別にお高いお金を払っているがゆえ、私だってそれをめいっぱい享受できないというのでは、とうていナットクできない日だったのだ。
見えないって、言わなくちゃ。やめてもらわなくちゃ。
人にモノを言うのが決して好きではなく、言うまでにかなりモンモンと悩む私は、世の中を覆い尽くすオジさんの巨体とカメラを視界から外すためにオジさん以上に前のめりになって見るという肉体的苦痛にも耐えつつ、モンモンモンモンと悩み続け、ざっと3イニングが経過。
その間、さらに向こう隣のタカファンのオジさんが、メガダンでVメガホン2本を気持ちよさそうに振り回すもんだから、そのメガホンを避けて撮影しようと、カメラオジさんはさらに前のめりになって、視界だけでなく、こっちのテリトリーまでも侵犯したりする。あ”ーっ、ホントにいい加減にしてもらいたいっ!!
すると、なんと、このカメラオジさん、向こうの鷹オジさんにヌカしよりました。「そのメガホンやめてくれる?撮影のジャマだから」。
なにぃー!!
ここで完全に、おネエさんはキレました。
オッサン、そんなことヌカす間に、自分がどんだけ人に迷惑かけとんじゃ!メガホンで応援して何が悪い!!鷹オジさんは、人にぶつけたり、必要以上に大きく振り回したりしてないじゃん!それに、私が見たところ、特定の2、3選手の時しか、メガダンしてないやん!!それを、やめろだとぉ!?
もう、ゼッタイに言ってやる!! 止めさせてやる! オッサンのせいで、私だって見えんのじゃー!!

しかし、温厚な私は、オジさんも趣味を中断せず、私も最前列の恩恵を100%享受してベンチからグランドまでをあまねく見渡すことができるという、すばらしい案を思いつきました。
「席を替わっていただけますか?」
これで、いこう。
だって、もともと、私の席にオッサン、いや、オジさんが座っていたんだから、文句はないはず。私はメガホン持参じゃなかったし、背もたれにもたれて見るから、カメラのジャマにならないでしょ?さいわい、私の逆隣は空いている(ここに私が移動すると、角度的にさらに見えなくなる)。オジさんのせいで見えなくなる人はいない。
これで、どーだ。

そして、このように申し出ると、オジさんは「(自分のせいで)見えない?」と即答。わかっとったんか!
わかっててやってたとは、太いオジさんだ。(体も太いが)。
しかし、素直に、三脚をたたみ始める。
いや、だからぁ、撮影を止めなくていい方法を私が考えたんじゃないの!なんで、止めんの?
ア然としながら見ていると、今度は手持ちで撮影を始める。だからぁ、前のめりにされると見えないんだってば!わっかんないオジさんだな〜!席を替わるだけですべて解決なのに!
そして、ややしばらくして、荷物をまとめ始めたオジさん。おや、帰るの?と思いきや、替わりましょう、と。
だから、最初から言ってるじゃないの〜、もぉ。
席を入れ替わる時、耳元でオジさんは囁く。「こっちの席も、メガホンで見えないよ」。
なにぃ!(人のことチクってる場合か!)
またキレそうになったものの、内心「そのくらい、オッサンに比べれば、全然、許容範囲よ」と自らなだめ、私の快適な観戦がやっと実現したのでした。
途中、「手持ちだと手ぶれするんだよね〜」と、聞こえよがしにオジさんは言う。だからぁ、三脚でも四脚でも立てればいいじゃん!!そのために席替わったんだからぁ!
「私はかまわないので、どうぞ、三脚使ってください」と言うと、「いや、いいんです」って、そこで遠慮する意味がわかんないよ、オジさん。
まあ、そのあと、ものすごく遅れて来て、オジさんの死角の席に座った人もいるので、結果よかったかもしれないけど。

悩みが解消されて快適に見ていた私は、今度は、後ろの席のOLの先輩後輩2人組らしき声が気になり出しました。なにしろ、ものすごく声が大きくて、先輩らしき方は豪快なガハハ笑い。姐御とお呼びしたい感じなのです。
そして、7回裏スレッジがコールされる。
後輩OL「この人、打ちませんよね〜。何だっけ、あのバナナのスティックの人」
姐御「セギノールでしょ」
後輩「そうそう、あの人の方がよっぽどよかったですよね」
姐御「ほんとにさー。だけど、こういうこと言うと、打ったりするんだよね。ガハハ」
後輩「そうそう。ランナーいない時にねー。ココゾってチャンスに打たないのに!」(←スレッジ、クソミソ)
すると、姐御は豪快におっしゃった。
「だから、こういう時は、ホームラン打ちゃいいのよ、ホームラン。ガハハ」。
そして、それを聞いていたかどうか、スレッジは右翼席に『ソロ』ホームランを叩き込んだのでした。
姐御、さすがです。神です。
めでたしめでたし。

ボク.gif

北海道日本ハムファイターズ、こうして、この3連戦を2勝1敗で、現在2位。ほんとに美しい。(2号)

2008年04月16日

08.04.16 on KY

KY?

何となく気がノらない2号です。
外は、この時期にしては異常なあたたかさ。例年、5月いっぱいくらいは風が強い日が多くて、そんな日は本当に肌寒い。これを私は、「春の寒さは、切手のように肌に貼り付く」と表現しているのだけど…、今年はあまりそんな感じもなくて、今日だって、風もなく穏やか。
桜も、開花予想がどんどん修正されて早まって、札幌も来週には咲くとか言われているところ。んな、バカな。。。いつもは、ゴールデンウィークだってビミョーだったりするのに。

しかし、そんなことは置いといて。
某所にこんなビルがあります。

080221_10_3

今のところ、観光名所にはなってない模様。残念ながら、空気が読めてない感じも、特に受けないし。強いて言えば、正面玄関前にデンと駐車スペースがあって、ビルに入りにくいってことくらいか。

昔、東京に本社がある不動産関係の会社にいたことがあるのだけど、今思えば、「KY」とつくビルって、けっこうあったりします。それらのビルは、昨今、どのように見られてるのでしょうか。っていうか、「KY」と名前がついた由来をそれぞれ知りたいというものすごい興味をちょっと前からひそかに抱きつつ、何もしないまま今に至ってる次第です。そのうち、KY式日本語っていうのも廃れるんだろうな。(2号)
posted by 2号 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | まち・見かけたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

08.04.15 on 値上げ

チョコレート中毒。

チョコレート大好き、2号です。
よく、日用雑貨とか調味料などが、ストック庫にビッチリ並んでないと不安で、たくさん買い置きしてしまう症候群(?)のような人の話があるけれど…、私のチョコレートの在庫管理も、これに近いものがあります。
決して、ストック庫があるわけじゃないし、したがって、「ビッチリ」というほどじゃないけど、最低、板チョコ1枚、チョコ系の袋菓子1袋(中身が半分以上残ってる)、(できればチョコ系の)クッキー1箱(同左)、小さい箱入りのチョコ菓子(同左)の4種類くらいがそろって置いてないと、すごくさびしいし、買いに行かなくちゃと思います。
ちなみに、子供のころは、友だちの誕生会の何がツラかったって、バースデーケーキ。ケーキを食べると頭が痛くなる子供だったので。
それで、食べるおやつはチョコレート系のみ。しかも、できればビター系を欲するという子供でした。キャラメルも甘甘じゃなくて、チョコ系の味。あと、ガムとか筒型の容器に入ったラムネみたいなのは食べてたけど、とにかく、ケーキは一切ダメ。プリンやゼリーもキライで、徹底してました。あのころに戻りたいくらいに、子供にしては大人だったかも。

昔、友だちに、どうして甘い物がやめられないっていうか、こんなにも食べちゃうんだろう?と訊いたら、「さびしいからじゃない?」という答えと、「誰かに甘えたい気持ちの現れじゃない?」という二通りの答えが出てきました。本当のところはどうなんだろう??
そういえば、「さびしい女は太る」っていう本もあったような…。
(しかし、最近太り気味なのは、おそらく別の理由によると思われる)。

で、それがどうした?なんだけど、今月の1日、スーパーで私は泣きました。心の中で。
まず、いつもの順番どおり(利用する出入り口の関係で、どうしてもそうなる)、乳製品コーナーから回ると、なヌっ!? チーズやバターなんかが、軒並み、見たことない数字をつけてるじゃあ、ありませんか!おそるべし、値上げの嵐!!
だいたい、バターなんてものは198円で買いたいのに、そういう日は会社帰りだといつも売り切れ。どうしても買わなくちゃならない時は、泣きながら278円とかで仕入れていたのが、今度は一気に300円のラインを超えている。確か328円とかだったような…。あり得ない。。。チーズもしかり。あり得ない。。。
300なにがしって。。。恐ろし過ぎる。もう、どうしたらいいかわからなくなって、本当に泣きました。
牛乳の上げ幅を見たら慰められるかもしれないと思って見たら、こっちは一気に大台越えとはならないまでも、15円ちょっと上がっている。でも、まだマシか。
そして、あまりの惨状に震えながらお菓子売り場へ駆けつけてみると、なんと、赤札でも確実に10円以上上がっている!!中には、据え置きのものもあるにはあったけど、私が底値と認める限りは常備しておくことにしている某マカダミアナッツのチョコレートが……あぁ絶句。。。
袋菓子コーナーにも、198円とかほとんどない!!

そして、遅い時間だったにもかかわらず、あらゆる商品がけっこう残っていたのは、前日の3月31日に、みんな買いだめしに来たからに違いない。本当は、4月1日は安くなる曜日だったのに、それよりも値上がり前の買いだめの方に走ったのね。おそるべし、主婦軍団!

というわけで、私のチョコレート生活は、今、大ピンチに陥ってます。これを機に、チョコレートもやめまーすとはならないから、中毒っていうんだけど。(2号)
posted by 2号 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘンな(?)習性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

08.04.11 on ダルビッシュくんエコ投球

ダルビッシュくん、サ○コ〜??

昨日、北海道日本ハムファイターズvs東北楽天ゴールデンイーグルスin札幌ドームに行ってきました、2号です。

「1点取ってくれて、勝てると思いました」

この頼もしいセリフ!(そして、また、敵も増やしそうな…?)

100球に満たない省エネ投球とか言われてるけど、1塁側から投球の背中を見ていても、何となくそんな感じでした。ミョーに抑え気味だな〜みたいな。それも、実は12回まで完投するつもりだったからって…もう、おネエさんは泣きました。

それはそうと、試合後、お立ち台で今の気持ちを訊かれて「サェコ〜です」って言わなかった?おネエさんには、どうしてもそう聞こえたのだけど、気のせいだろうか。。。(2号)

2008年04月09日

08.04.09 on ホームラン

ホームランは、なくてもいいです。(勝てるなら)

北海道民として正しく、日ハムを応援する2号です。

昨日は、7点差の大逆転勝利で、野手全員のお立ち台ですか。
んーむ。現場で見ていなかった。ダルビッシュくんじゃなかったから。惜しいものを見逃しました。
しかし、ダルビッシュくんが投げたら、7点差で負けてるという場面はあり得なさそうなので、当然、7点差をひっくり返すという場面がやって来るはずもなく、そういう意味では…。

考えてみれば、7点差っていうのは、ビミョーかも。日ハムだって、過去に9点差というのがあったし、98年日本一になった年のベイスターズだって、両者十何点とか取り合うっていう壮絶な試合が続いた(特に巨人との間で)のは、記憶に新しい(んな、バカな。。。)。
あのころのベイスターズは、5点差なんかはあまりビハインドっていう感じがしなかったな〜。7点差くらいついてから、そろそろ本気出しますか…って感じがあった。そんなベイは、今いずこ。
さておき、そんなベイスターズを愛していた(今も愛している)私にとっては、マシンガン打線の魅力にまさるものはないわけで、日ハムの試合を見に行くと(よそのチームもそうなのかもしれないけど)、「ホームランを打て」的な応援をしたがるのが、ちょっと気に入らない。私に言わせてもらうと、ホームランは要らない。ヒットがたまたまスタンドに入ったっていうならいいけど、ハナからホームランを打て〜とハッパをかける気には全然ならない。もちろん、最上級の励ましという意味で「ホームラン」を連呼してるんだろうし、昨日も、田中賢ちゃんの同点弾がHRじゃなかったら…?っていうのはあるけど。
ホームランって、パッと開いてパッと散る花火みたい。塁上がカラになるのも、祭りのあと的なさびしさがある。相手の投手も、仕切り直しっていう気分になるのでは?満塁HRなんかで、ドカンと失点すれば別だろうけど、それよりは、切れ目なくヒット打たれる方がイヤじゃないかと。

そういう意味で、鶴岡ツルちゃんと稲田っち(どっちも私の好きな選手)の応援歌に、「ホームラン」が歌われてるのは、ナゼにこの人に?という違和感がいっぱい。あれは、逆に、ギャグなんだろうか?現場で聞くたびに、不審に思う(のは、たぶん私だけ?)。

ファイターズの皆さん、これからも、ホームランを狙わずに(狙っても打てない?)、コツコツとつなぐ野球を私に見せてください。今のままのあなたが好き。
でも、中田くんがホームランしか打てないって言うなら、それはそれで、おネエさんは応援しますけど。(2号)

2008年04月07日

08.04.07 on ミニスカートのスリット

愛と哀しみのミニスカート。

今朝、とっても困った光景にあいました2号です。

駅に向かって歩いていると、目の前にタクシーが止まり、女の人が降りてきました。
その人も、駅に向かっていたので、私が彼女の後ろをついて行く形に。

そして、ふと見ると、黒いスーツのミニスカートが…

ミニのタイトスカートって、たいてい、スリットが入ってますけどぉ、
そのスリットが、私から見ると、どぉ〜見ても、一般に「おシリ」と呼ばれてる領域まで切れ目が達しているのです。。。

ツツと近寄ってよくよく見ると、これがしかし、明確に糸がほつれて破れているんだというふうでもないような。
ってぇことは、このスリットのキレ具合は、ワザとなのだろうか?春っていうことで、思いっきりサービスしてるのか?
しかし、裏地と思われるものがビミョーに見えてるようでもあり…。ってぇことは、やはり破れてるのか?

こんな判断の難しいことは、ここ最近ないっていうくらい、とにかくビミョーなんでした。

しかも、この方が、とてもとてもふくよかな方だったので、歩くたびにスリットはパシッと全開となり、同性でも目のやり場に困るという状態。
困りながら駅構内に入り、なおもこれを教えるべきかどうすべきか、非常に悶々としてるうちに、彼女は別の方向へ行ってしまいました。

どうなったかな〜。
誰か勇気ある人が教えたか、自分で気づいたか、それとも、今もどこかでサービス中か。一日中、ずっと気になってます。(2号)
posted by 2号 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ふとした出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。