2008年09月03日

on オレンジ味

お帰りなさい、ダルビッシュくん。


昨日、北海道日本ハムファイターズvs福岡ソフトバンクホークスin札幌ドームに行ってきました、2号です。

ダルビッシュくんが、オリンピックから帰って来て初めての登板。しかも、ホームの札幌ドームで。それにしては、お客さんの入りが今ひとつなような…。皆さん、それは、ファイターズがCS圏内順位から落ちてるからですか?そんなことでは、ダメじゃあないですか〜。

実は、おネエさんは、ひそかにダルビッシュくんのことを心配していました。オリンピック前からの不調が、いったいどうなってるのか。
しかし、昨日の投球を見る限り、5回まで(?)ノーヒット、ダルビッシュくんはちゃんと立て直してる感じでした。ホークス打線の調子がどうだったのかはわからないが。。。

丸刈りのなまダルビッシュくんを見て、髪型としては高校球児を思わせるのだけど、なんだかキリッとした大人のテイストも感じ、またまたおネエさんはやられてしまいました〜。
お立ち台では、見に来てくれた人が気持ちよく帰れるようにということで、いつも勝ちたいと思っているとのコメント。ホークスファンの皆さん、そんなこと言って、ごめんなさい。
それと、札幌ドームでCSやりたいって(おネエさんとしては、最悪、よその球場でCSを勝ち抜けて来て、日本シリーズを札ドでやってくれてもいいが)。
ぜひ、やってください。

そうそう、お立ち台は、ホームランを打った稲葉さんとのオリンピックコンビツーショット。おいしい風景でした。

■とある、ルーツの話。

そんなこんなで、ダルビッシュくんのおかげで気持ちよく帰って来た、その帰り道、スーパーに寄ったらば、このようなものを発見。

plussy

プラッシーと言えば、忘れもしない、というか、たま〜に「昔、プラッシーという飲み物が、あったな〜。今はないのかな〜?」と思い出していた、あのプラッシーじゃあありませんか。
よくよく見ると、ラベルに期間限定と書いてある。
っちゅうことは、プラッシーはやはりなくなっていて、でも、私のようにプラッシーのことを時々思い出してる人がいて、飲みたいと言ったために一時的に復活したのでしょーか。
限定ということで、なくなったら困るので、さっそく入手。昔、ありがたく飲んでいた味を再確認しました。

プラッシーは、私が子供のころに本州に住んでいた時に、近所のお米屋さんで売ってました。このような人工的な飲み物を、あの、母ともあろう人がなぜ時々私に買い与えていたのか、よく思い出せない。
私の想像では、お米屋さんに行った時に、たぶん、お店の人が今度こんなものを売ることになったからと、私たちに試飲させた。そして、子供の心をガッチリつかんで、子供がねだって親に買わせるというような道筋をつけたに違いない。とはいえ、お米屋さんの前を通ってプラッシーの文字を見るたびに、とても飲みたいと思った記憶はあるけど、そんなにいつもねだり倒していたというような覚えはない。なので、母自身も気に入って、時々普通に買っていたのかもしれません。とにかく、私にとっては、いつでも冷蔵庫に常備されてるというようなものではなく、お米屋さんの前を通って、しかも運勢がよい時だけ飲めることがあるという、世にもありがたい貴重な飲み物だったんでした。

見た通り、プラッシーはオレンジ味。今回買ったペットボトルのラベルを見ると、材料のところに温州みかんとある。天然果汁がちょっぴり入ってるというのは、昔からなんだろうか。。。

実は、20代のいつからか、私は人工的な味の飲み物はあまり好まなくなり、唯一飲むのは、とある炭酸飲料だけという感じになってたのだけど、札幌ドームでファイターズの試合を観てる時で、たまにものすごくノドが渇いてる場合があって、そんな時に飲みたいと思うのが、(いや、なぜか、そういう時はこれしか飲みたくないのだけど)、何をかくそう「キリ○オレンジ」。
そして、昨日、ドーム帰りだったこともあって、もしかして、私の、キリ○オレンジ(だけ)を欲する体というのは、プラッシーから作られたのではないか?と思い至った次第です。
よくよく考えてみると、私の周りで、ドームでキリ○オレンジを買う人はいない。みんな、コーラかアクエリ○スかウーロン茶だ。。。(っちゅうことは、キリン○バレッジよりコ○コーラの方が売り上げが多いっていうこと?)

プラッシーとキリ○オレンジ。私の中で、遠い記憶がこんなふうにファイターズと(?)つながっていたとは。三つ子の魂、おそるべし。。。(2号)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。