2008年11月26日

on 日ハム・巨人トレード


マイケル&工藤ちゃんと二岡&林

今年も、この時期は胸が痛い、2号です。

しかし、今年の痛さは、ちょっと違う。

ご存じのとおり、読売何たら軍と北海道日本ハムファイターズの間で、2対2のトレードがありました。
気になったのは、マイケル&工藤ちゃんの明るい顔と、二岡&林両氏のお通夜のような顔。
しかも、前者は、行き先のチームについて揚々と語っているのに対し、後者は自分がこれからいかにがんばらなければならないかという悲壮なまでの決意表明モード。この対照的なサマが、引っかかりました。
後者の二人は、島流しにでもなったのか?っていうか、「もはや崖っぷち」の「背水の陣」みたいじゃあ、ありませんか。しかも、去るチームへの未練を隠そうともしない。
実に、面白くないというか、興味深いというか。。。

それにしても、おネエさんは、工藤ちゃんに二度と会えないのではないかという予感がして、泣きました。
もちろん、マイケルも大好きだったし、とてもとても痛い損失だけど、がんばってる姿を見る機会はありそうだし、そうなったら応援したいと思ってます(元ガッツ現巨人の小笠原さんとは違って)。
でも、工藤ちゃんは、工藤ちゃんは…、せっかくスマップ草gツヨポンに似てたのに…もとい、小粒でピリリと辛い山椒のように、大事な選手だったのに。あちゃらに行ったら、蒲焼きの上に登場する機会があるのかどうか。。。

しかし、この二人が、会見では笑顔で「ん?もしかしたら、うれしいのか??」と思われるような様子であったことは、ちょっとさびしい。私の心の中には、それはどうしても残ってしまう。
その点、去年トレードで行ってしまった金村くんは、ボー然としてたし、悲しそうだったし、心の整理が必要だったみたいだし、ファン感にも名残惜しそうにチラッと現れてくれて、深々とファンに頭を下げていた。たぶん、涙をためていたと思う。今の、阪神での今ひとつノレない状態は、胸が痛い限り。ファイターズを愛してて、去りがたそうだった様子とあいまって、今でも涙を誘われる。。。
 
っていうか。
本当に二岡くんは、活躍してくれるんだろうか。っていうか、必要なんだろうか。。。(2号)


2008年11月25日

on 日ハムファン感

ミツバチになったダルビッシュくん

先日、23日、北海道日本ハムファイターズファンフェスタ2008in札幌ドームに行ってきました、2号です。
写真のUPは、追々。

出だし、今年はイマイチなのかと思ったものの、やっぱり超オモシロかったです。

一番盛り上がったのは、あんな小さい台の上でやるのに…「卓球王座決定戦」。
それと、「障害物レース」。
それと、「ドリチャリレース」。
(ほとんど全部じゃん。。。)

卓球は、言わずもがな、ヒルマン前監督が自費で選手の控え室に卓球台を設置。それが2006日本一、2007リーグ優勝の立役者になったという、アレです。
まずは、ビジョンで予選の様子をちょっと紹介。
優勝候補の武田勝くんを捕手鶴岡ツルちゃんがやぶる番狂わせと、卓球王の座を札幌ドームで争う姿を、集まったお客さん全員が見たかったであろう中田翔くんをやぶって準決勝に進出してしまった稲田っちの「空気読めない」ぶりに、場内大爆笑。
ほかの準決進出者は、順当に勝ち上がった森本ひちょりん(母が卓球マニアらしい)と、やはりアジアの血か、陽くん。
ファンのために(?)、中田くんは解説者席に座り、天然なのか、ナマイキなコメントを発していました(もちろん、笑いを取るような)。
ちょっと前までは、ダントツで、マイケルが優勝候補筆頭だっただけに、マイケルなきあと、いったい誰が王者となるのか。。。

何が面白かったって、選手の、試合とはまた違った真剣さぶりがかわいいっていうか、まるで、ふつうの人みたいな、素人っぽいコーフンぶりが新鮮っていうか…。
もちろん、選手も楽しんでるから笑顔なのだけど、真剣で、素のままで上気してる顔が何とも言えずよくて、それが見てる人たちを引きつけてた感じ(もちろん、卓球台は小さいので、観戦はビジョン併用)。いつもとは別の一面がストレートに出ていて、よかったです。
稲田っちも、いつもの100%お笑いキャラはどこへやら、ドキドキしながら真剣にやってる少年のようで。相手のミスであれよあれよという間に優勝してしまい、普通の人みたいに、喜んでました。
ますます、好きになったかも。いいヤツだ。
まあ、中田くんを蹴落として出てきた「空気の読めない」ヤツってことになっていたので、優勝してよかったと思います。

障害物レースには、ダルビッシュくんも登場。
着ぐるみで仮装するのだけど、「ミツバチ」を引いたダルビッシュくんは、モコモコのおシリの衣装、頭には触覚のカチューシャというイデタチに。折しも、丸刈りにしてるためか、超かわいくて…おネエさんは泣きました。。。

そして、ドリチャリレース。
これを、こげるかこげないかが明暗を分けたのだが、ダルビッシュくんなど、長身で脚の長〜い選手はおおむね不利でした。
しかし、前に進まない様子がまた、ズルいくらい面白いので、おいしかったのではないでしょうか。
ドリチャリは、多田野くんのように、体がとても固い人も、ダメなようです。
レースは、いつものように、盛り上げるためのズル満載で、いつものように、こういうところでオイシイところを持っていきたい建山投手、マック金子選手会長が大活躍(?)。ドリチャリこぐのが異常に上手かった武田勝くんも、非常にいい味出してました。。。

ヒルマンさんの歌もなく、そのせいか、B☆Bの活躍も物足りなかった感はあったものの、やっぱり楽しいファンフェスでした。

来年は、日本一になって、優勝パレードとセットでやりたいですね〜(2号)

※追々、写真をアップします(予定)

2008年11月18日

on ケガ

恐れ見よ。。。

毛ガニを2ハイももらったのに、残業続きで誰にもおすそ分けしに行く時間がなくて、一人で食べ尽くすしかありませんでした、2号です。
おかげ様で、甲羅の突起にやられまくり、指先が傷だらけになりました。。。

さておき。
人間、魂が弱っていると、何か邪気を含んだものに、あっさりとツケいられるようです。
昔、辛い状況にあって本当に落ち込んでいた日々の中、ある朝、職場に向かう途中の私を、大男の悪魔が、恐ろしく巨大な手の指先から生やした鋭利な爪を、10本とも、グワシッと私の頭に突き立て、私をワシづかみにして空中に持ち上げようとしました。
咄嗟のことに声も出なかった私は、必死でもがき、巨大な手を振り払い、すんでのところで、持ち上げられてから落とされるという災難から逃れることができたのだけど…
気づいてみれば、その悪魔はカラスだったわけで、本当に悪魔だったという場合より、私はよっぽど落ち込みました。だって、そんなカラスごときにまでバカにされる私って…って思うじゃあ、ありませんか!
きっとヤツは、上空から私を見て、弱っていることを見て取ると、一丁からかってもてあそんでやって、もっと凹ませてやろうって思ったのに違いない。
あの日以来、「七つの子」は絶対歌わないし、この歌が流れてきたら、全身で完全否定している次第です。あんなカラスの子が、いくら子供とは言え、かわいいはずがない。この親にしてこの子ありで、ヒナのころからすでに腹黒いに決まっている!

というわけで、先日、私は、また久々にかなり弱ったまま、ぼんやりと帰途をたどっていたのだけど、今度は階段のカーブで男の悪魔とすれ違って、次の瞬間、3段くらい前向きに落ちて、段々の上にかろうじて斜めに正座していたのでした。。。
何事もなかったように立ち上がって歩き出したはいいものの、激痛からだんだんと歩けなくなり、なんとか家に辿りついてからも、脚を見るのが怖く、さらに気落ちした状態で数時間ボー然。
あれから約2週間。

Image1178.jpg

左脚は内出血範囲も狭かったから、あまりグロテスクではなくなったけど、右はまだまだご覧の通りです。。。まだマシになった方か?

思えば、昔も、通勤途中、悪魔に追い越された途端に転倒→骨折という事件があった。
どうも、悪魔と遭遇すると、一瞬、意識を持って行かれるみたいで、その、気がお留守になった一瞬のスキに邪気がツケいるみたいなのです。
そして、ふと悪魔に見入った瞬間の光景は、そこだけスローモーションで抽出したかのように何秒にも引き伸ばされて、後々までくっきりと記憶に残っているのです。

どんな瞬間も、魂を抜かれないようにしないといけない。。。(2号)

※11月19日追記
気のせいか、実際より脚が太く見えるのは、ふくらはぎが床に押されて、肉がブリッとなっているせいです。あくまでもそのせいです!!

あ、それと、撮影が夜なので、むくんでるせいもあります!!!(←必死)

ちなみに、色の悪いところは、内出血の直りかけてる跡です。当初は、スネ全体が内出血状態だったので…。
posted by 2号 at 00:12| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 実録・事件簿または頭に来た! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。