2009年03月29日

on WBCのダルビッシュくん

WBCの思い出。

体調不良に耐えつつ仕事してます、2号です。
会社にいないと、お休みの日に仕事したりするものなの?(ToT)
休んでる平日もあるから、帳尻は合うのか。。。

さて、この週末の番組をもって、WBCの話題も最後かな〜って感じですが、私の中で、特に心に残った二つの言葉があります。
一つは、決勝戦でダルビッシュくんが同点にされた場面について、周りの野手が語った「ダルは、同点で抑えるだろうと信じていた」という言葉。
もう一つは、ダルビッシュくん自身が、10回の裏の最後の打者について、「打席に入る時から、三振するだろうと思った」という言葉。
野球に限らず、スポーツはどこで何が起こるかわからないものでありつつも、こんなふうに流れを確信する瞬間があり、それは、そこに神様が降りて来ているかのような、自信とともに導かれてるかのような(きっと、自分自身が導いているのだろうけど)、そんな感じなんだろうと思います。「先が見える」っていうのは、高レベルの集中状態なのかも。そして、だからこそ、すべてを出し切れて、結果も出せるんだろうな。
エネルギーなのか「気」なのかわからないけど、スポーツで、そういうものの流れと一体化したみたいなすばらしくハイな状態になるっていうのに、昔から憧れてます。ボールが止まって見えるとか、相手の険の先がスローではっきり見えるとか、疲れを全然感じずどこまでも走れそうな気がするとか、光に包まれてる幸せな感じがするとか etc.
たぶん、あっちの境地に行っちゃってるんだろうと思います。
自分には、そんな境地を体験することなんてあるだろうかって考えると…凡人ってちょっとさびしい。(2号)


2009年03月27日

on 黒七味

相変わらず…不調。

まだ具合がよくない2号です。。。
朝から引き続き、頭痛、肩こり、吐き気、腹痛、冷え、這いつくばってしまいそうな疲労感、そして、やっぱり息ができない。あちこちが断続的にズキズキしたりもする。
こういう時はいつも、何か悪い病気にかかってるのでは?って不安になります。。。今までは時期が来ると治っていたので、やっぱりアレだったか…で済むのだけど。

今日は、頭痛薬、胃腸薬、ビタミン剤、飲みまくってます。本当は薬に頼るのもほどほどに、ただおとなしく休んでるのが一番いいのだけど、仕事しなくちゃならないので、しかたなく。
薬が効いて、昨日の生けるシカバネよりはマシになり、何とか仕事も進めてます。パソを使うので、頭痛は一進一退ながら、軽症程度で持ちこたえてるところです。。。

さて、お昼、冷たい体を温めようと…おぅどん作りました。おかげさまで、体がすごくホカホカしました。
最近のお気に入りは、京都のお土産にもらった「黒七味」。独特の香りとコクがあって、おぅどんにピッタリです〜。

Image1490.jpg

これまで存在すら知らなくて、すごくソンしてた気分。なくなったら、北海道でも買えるのかな〜?(2号)
posted by 2号 at 17:30| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康・からだ・ケガ・人間生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

on 冬バテ?

春のアレ。

絶不調、2号です。
昨日、朝起きる時に、すでにそれはありました。
一瞬、風邪かな?って思うような。体が重くて、息ができない。赤ずきんちゃんのオオカミみたいに、寝ている間にお腹に石を入れられたみたいな。
何とか起きて、風邪でもないみたいで活動はできるのだけど、やっぱりあまり息ができない。食欲もない。けど、やたらと、口当たりのいい物は食べたい、みたいな。

これが、いったいどこから来るのか?
何かの疲れがドッと出たのか、精神的なものか…etc.
確かに今の状況は予断を許さないし、心の準備のないところに思いがけない電話は次々とかかって来るし、私がこういう状況(プー太郎)にあるためか、あちこちからやたらといろいろなことをすすめられるし…etc. それで、活況を呈するどころか、なんとはなしに、落ち込み気味。
そこへもってきて、今、ありがたいことに、単発のお仕事をいただき、それもやらねばならない。
ニュートラルな状態のところに、いろんなニュートラルなことが押し寄せて、ついていけてないのかも。人間、平凡でも「安定」とか「レギュラー」とかって、やっぱり必要なのかも。何でもできるという自由は、縛りがなくて楽しい反面、なんとなく流されていると、その流れに翻弄されちゃったりもする。舵取りが必要です。

とか言って、これは単なる春のアレである可能性も。
2月のどこらかへんから突然不調に陥るっていう、ここ何年かのアレ。
実は、友だちでもこういう人は多くて、もしかして、北海道(雪国)特有のものなのかもしれなくて、要するに、冬の疲れが出るっていうのか…。

案の定、今日になると、原因不明の頭痛がひどい。ますます息ができない。体中がチグハグな感じで、身と心もバラバラな感じ。体も冷たい。
私の場合のふだんの頭痛って、何かを根詰めてし過ぎたり、見過ぎたり、同じ姿勢が続いたりとか、つまりは肩や首のコリから来るものや、冷えなど、原因がわかることが多い。あとは、女性のサイクルから来たり。
春のアレは原因不明の頭痛を訴える人が多い。妙に長引くような。それと、精神的な不調がひどい人もいる。
今年の私は、諸事情から家でダラダラしてることもあるせいか、そういえば、この時期まで全然症状が出てなかったのだけど、やっぱり来ましたか?って感じ?
こうなると、投げやりに、いろんなことがどうでもよくなったり、逆に、全部を悪い方へ考えたりしがち。
とにかく、アレの自覚を持って、なるべく自ら進んで楽しいことを考えて、楽しい方向へ行動するようにしないといけません。あとは、ゆったりくつろぐ時間を積極的に作ること。そうそう。あったかいところで、ボォ〜ッとしたいな〜。

しかし、ホント、突然来たなぁ。。。

あ、タイミングとしては、WBC疲れっていうか、気が抜けたのか?ダルビッシュくんとともに、一瞬、奈落の底へ真っ逆さまで、身体的ダメージも負ったしなぁ。。。(2号)
posted by 2号 at 19:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・からだ・ケガ・人間生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

on 09WBC優勝

愛と哀しみの'09WBC優勝。

今日、恐ろしい目に遭いました、2号です。
お昼に、スパゲッちぃを適当にナポリタン風にして食べて…、食べ終わったあと、なにげに手で目を掻いたら、目の中が超〜〜ホットホットになって、火を噴くかと思いました。。。
どうやら、鷹の爪を炒める前に手でちぎったので、唐辛子の成分が指に残っていたらしく(ToT)
水道水で目を洗い流しても、全然すぐには収まらず、ホットホットな状態のまま。カァ〜〜って感じとヒリ〜〜って感じとで、どうなるかと思いました。しかし、こんなに激しい刺激を受けてるのに、意外に目はすぐには赤くならないようで。
結局、あとから赤くなって来たけど、ここ2年くらい、ドライアイもひどいので、これでさらに悪化したらと心配です。すでに6時間以上経ってるのに、目の中には、まだソコハカとなくヒリリとした感触が。恐るべし、カプサイシン。。。
そういえば、食べてる最中になにげに鼻を掻いたあとも、鼻がヒリヒリして、なんで??って思ってはいたんでした。

さて、WBC。
皆様、日本の優勝おめでとうございます!!
これをおかずに、1週間はゴハンを食べられますね。

あの、決勝の9回裏。わたくし2号、これまた大変な目に遭いました。うちのダルビッシュくんが、同点にしてしまうとは。しかも、四球ランナーで。
やっちゃった。。。
まさに、天国から地獄。いや、日本国中を天国から地獄に落としてしまったんだから、タダでは済まない。
おネエさんは、テレビに文字通りかぶりついて見てたのだけど、そのオチャンコ座りのまま腰が抜けてたようで、立てなくなりました。しかも、アタマのてっぺんから滝のように血潮がダァ〜ッと下降してくるのがわかる。たぶん、全身脱力、顔面蒼白だったでしょう。最近はしぶとくなって、失恋したってここまでの深刻な身体症状は出なかったのに。。。
これは、日本の皆様に謝らなければならない。おネエさんは腰が抜けたままマジで泣きながら、でも、たぶん、ダルビッシュくんだけでなく、このおネエさんもアタマを丸刈りにしたって済まない、どうやって謝罪しても足りないだろうって、絶望しました。
そして、これによって、ダルビッシュくんは精神的に壊れて、投げる感覚も壊れて、シーズンもメタボロ、やる前から日ハムも終わったか。。。と。

いや〜、イチロー先生が打ってくれて、しかも、10回裏もダルビッシュくんが登板させてもらえて、勝ち投手になっちゃって、ちゃっかり終わりよければってことにしておきたいのだけど、本当にこの天国→地獄→天国っていうフリーフォールも真っ青の激しいアップダウンで、私の人生もいったん壊れるところでした。。。

ひそかに、これは、ダルビッシュくんとイチローがおいしいところを持って行くためのシナリオだったのか?

さておき、最後の三振締めのあと、マウンドに捕手城島くんがたどり着くまで一歩も動かず、待っていたダルビッシュくんには笑いました。腰抜けてたのか??どっちが先輩かわからなかったし、マウンドの高さに190センチ以上のダルビッシュくんがいては、HUGしづらいだろうに…。

マスコミも、ビミョーにダルビッシュくんには触らない感があって、さもありなん…なんだけど、前回大会くらいからの松坂くんのように、本当の日本のエースになるには、まだまだ若いし修行が足りないってことが、よっくわかりました。おネエさんもこれからさらに気を引き締めて、ダルビッシュくんを育てねば(←おカド違い)。そのためには、嫁にもさらに苦言を呈して行かねば。
ひそかに、田中ま〜くんも日本の18番を狙ってるらしいので、そこはおネエさんとしてもつらいところだが。

しかし、これで、次のサッカーW杯がどうなろうと、わたくし2号の人生も安泰。落ち込まなくて済むでしょう。

振り返って見ると、わが愛するベイスターズの内川くんも活躍、男村田くんもがんばって(名誉の負傷?)、(今回だけは許す)元ガッツ小笠原くんもがんばり、日ハムの稲葉さんも大活躍、そして、何と言っても、いい意味でも悪い意味でもダルビッシュくんで締めて…、私としては、この上なく楽しかったし、幸せな大会でした。。。
サムライジャパンっていうネーミングも、正直言って、どうだかなぁ。。。って感じだったけど、水に流しましょう。
サムライジャパンの選手の皆さん、おめでとうございます&ありがとうございました&お疲れ様でした!(2号)

それと、最後に残った疑問。
1.藤川くんは、いったいどうしたっていうんだろう??
2.韓流スターのあの感じの良さと、スポーツの韓国チームのキャラの間には、どうしてこんなにも大きなギャップがあるんだろう。同じ民族と思えない。。。

2009年03月20日

on WBC韓国戦

いわくまさまさま。

WBC第2ラウンドの順位決定戦を見てます、2号です。ちなみに、今は、湿った雪が降っている中、時々うっすら日が射して、ベランダの手すりに降り掛かった雪が溶けてはキラキラとこぼれ落ちています。

それにしても、昨日のキューバ戦。
正直、負けるかも…と思っていたのだけど、岩隈&杉内両投手がすばらしい投球をし、打線も奮起。またまた完封勝利。
期待したところで思うようにいかなかったり、あきらめかけたところでやってくれたり。このハラハラドキドキが細く長引いて行くところが醍醐味っていえばそうなんだけど…、いや、よくがんばってると思います。こうなると、北京もどうにかならなかったのかと、過去をほじくりたくなったりもするけど、それは言うまい。
我が愛するベイスターズの男村田くんが、脚を痛めたのが心配だけど、選手の皆さん、やっぱりこういう場を経験できるのは、何よりのタカラになるんでしょうね。。。
決勝トーナメントも、まず自分自身が楽しんで、そして、私たちも楽しませてください。

ちなみに、昨日は、アナウンサーや解説陣が、「岩隈」に翻弄されたのがおもしろかったです。「イマクワ」とか「イマクマ」「イワクワ」とか、ビミョーにカンでたよね。。。そこに「イワムラ」も乱入して来るもんだから、最後は、誰だかわからない「イワクラ」まで登場したりしてました。ダメ押しで「イワタ」も出て来てたら、「イワタマ」なんかも新登場してたかも。
あと1回は、正真正銘の岩隈投手が登場しそうなので、そのへんも楽しみたいと思います。。。(2号)

※しかし、前回も韓国チームは、日本に勝って国旗をマウンドに立てたりしてたけど、この前の勝利でまたやるとは、あちゃ〜でした。
っていうか、ああいうのって、こっちも引くけど、ペトコパークを本拠地にしてるチームやそのファンの方が、もっと引くんじゃないかって気がするんだけど…どうなんでしょ。。。

2009年03月16日

on WBCキューバ戦

キューバに勝った。。。

春眠暁を覚えず、2号です。
今朝、ハッと気づいて目覚めたら、WBCの第2ラウンドキューバ戦の録画が回ってました。
ちょうど目が覚めた時に、録画時間が終わりかけだったので、まだ試合が続いてるのかどうか確かめるために、試合経過(or結果)を画面で見てしまわないように、慎重にテレビをつけたのに、ちょうどチェンジの場面だったらしく、アナウンスでスコアを喋っているのが耳に入ってしまいました(ToT)
「5−0」。
めちゃめちゃテンション下がりました〜。せっかく、後追いで試合を見ようと思っていたのに…しかも、5点差で負けてるっていうか、1点も取ってないなんて。。。

「と○ダネ」が始まると、ワザと避けるように、WBCの「だ」の字も言わない。「気になってることは、あとでゆっくり」と言ったのが、おそらく「だ」のことかと思われたのだが、その言い方の素っ気なさから、さらに経過がひどいことになっているのかも。。。と、さらにテンションは下がる↓↓
これじゃあ、後追いで見る気も、ちょっと失せるなぁ…、このまま「と○ダネ」で経過なり結果を見ちゃって、録画はサッサと消去しちゃおうか〜↓↓って感じでした。

しか〜し。
試合終了後のタイミングで、現地と中継がつながると…、
な、なんと、勝ってるじゃあ、ありませんか!!
あたしったら、どうして負けてると思ったのかちら。。。

かつて悲劇のエースとも呼ばれた松坂くん、アメリカに行ってから、さらにたくましくなったのでしょうか。前回の決勝も踏ん張ってくれたし、今回はすばらしかったようで。ダルビッシュくんも、あとに続くことができるといいな。

っていうか、日本って、どうせならここでも勝とうよ〜!っていう時に負けるから、まだ全然安心できない気分なのだけど、今回のダブル何とか方式だと、どうなるのかな。1つまで負けられるとか、2つ勝てばいいとか聞いたけど、この次の試合負けたらどうなるの??もう1試合増えるの??
っていうか、何のためにこんなに複雑になってるのか、わからない。。。

とにかく、日本は、今回のWBCでも優勝しておくと、前回の時のように、次のサッカーW杯でくじけた時に、「でも、野球では優勝したからいいも〜ん」って感じで、かろうじて自分を慰められるので、ぜひ、優勝しましょう。
がんばれジャパン!がんばれダルビッシュくん!!(2号)

2009年03月14日

on 思いつくまま旅日記。

バカは高いところが好き。

高所恐怖症ではない、と思っていた2号です。
どっちか言うと、閉所恐怖症です。

それなのに、ここの上に立てませんでした(@東京タワー)。
だって、その瞬間に、パリンとガラスが割れたらどうする!?

gP3080050.jpg




それにしても。

都庁から↓これを見たあとに、

tP3080025.jpg


東京タワー大展望台で、
これ↓を見せられても。。。

ttImage1543.jpg

「これが、どうかしましたか?」って感じ。。。

820円でここまで上がらされて、こんな低くてショボい感じで、もっと高いところに行きたかったら、さらに600円払いなよって…なんか、詐欺っぽい。
最初から1000円くらいで、一気にてっぺんまで行かせてもらいたい。

40〜50分並ばないと、てっぺんまで行けないということで、時間がなかったので、ナマ殺しのまま東京タワーをあとに。
いつかリベンジしないと。。。(2号)


ちなみに、
都庁からは、通常↓このように10番のところに富士山が見えるらしい。

fP3080034.jpg

実際の風景では、どうやっても見えなかったので、近くの人をつかまえて、
「今、富士山が見えない感じがするのは、私の視力が悪いからですか、それとも、天気が悪いからですか?」って訊きました。
すると、その人は、一生懸命目をこらして見てくれてから、
「私にも見えない感じがするので、たぶんお天気のせいでしょう」と。
いい人だった。。。
posted by 2号 at 23:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・乗り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

on 隣人

春のお別れ。

ゆうべから強風吹き荒れた札幌にて、2号です。

昨日は朝早く6時台から、うちの上の階の部屋の住人がドタバタゴツゴツとうるさくて、何ごと!?って思うくらいでした。縦横無尽に走り回るわ、壁に物は当たるわ、その上、ガムシャラに掃除機かけてる模様。

そのあと、例の防音がされていない玄関のタタキでガツガツと音がして、共用階段の激しい上り下りの音。

しょーがないので、おもむろに起きて、なにげにカーテンを開けると、窓の外がない。っていうか、景色がバーンと何かですっかり遮られてるじゃあ、ありませんか〜!
寝ぼけマナコでよく見ると、目の前に「0123」の文字。
そうなのですっ!!
そこには○ート引っ越しセンターのどデカいトラックが停まっていたんでした。。。

なんと、階上の住人は、この前の騒動のオトシマエをつけずに、サッサとズラかるつもりらしいのです。

しかし、わたくし2号、自分が引っ越すのはメンドくさいが、人の引っ越しを見るのは大好き。
朝食と朝のワイドショーの間、楽しく見物させていただきました。
ホントにホントにホント〜に、ご苦労さま♪って思いながら。

それにしても、やはり、引っ越しはヤバい。
なんと言っても、引っ越しのお兄さんがヤバい。
段ボール一気5個運びとか、冷蔵庫一人運びとか、見せられると。。。ホレる。
必ず、ゼッッタイ、ホレてしまう!!
私も運んでぇ〜♪状態になる。
こんなおネエさんを許して。

っていうか、そんなこと思ってる場合じゃなかった。
あの事件は、結局、迷宮入りになるし、もしかして、キミたちは結婚でもするつもりなのか!?自分たち的には解決できたの??
今となっては、ここの建物の主として君臨するわたくし2号、上の階の住人を3人迎えて3人見送ったわけだが、みんないったいどこへ行くのだろう。。。
素朴な疑問が湧く。
自分のことを考えてみても、こんな短期サイクルで転職や転勤で遠くへ行くとか考えづらい。これが、脂の乗ったビジネスマンか、20代くらいの男子ならよくありそうだけど、いずれの住人もそんな感じのしない女子だった。
学生が、卒業とともに違う地域へ就職?っていうほど、若い年ごろでもなかったような気がするし。
ってことは、やはり結婚なのか。
ただ住んでるだけで、私はすでに3人に先を越されたってことなの?

今は考えないことにしよう。

それより、前から上の住人はけっこううるさい方だって思ってはいたけど、この前の騒動で、頼むからお引っ越ししてくださいって切に願ったら、本当に引っ越して行ってしまった。このグー然が、われながら、ちょっとこわい。(2号)

※次は、普通の生活サイクルの、静かな人の入居を希望。

2009年03月10日

on 生キャラメル

愛と哀しみの生キャラメル。

なんと、昨日は夕方遅くに「ありふれた奇跡」を見て、そのままボーッとしていたら、WBCの日韓戦のことをすっかり忘れ去ってしまっていた…2号です。。。
そんな自分にビックリです。
スポNもタイミングが悪くて、かろうじてダルビッシュくんが3つのアウトをすべて三振で取ったってことはわかったのだけど。。。
見てあげられなかったおネエさんを許して。

っていうか、韓国に負けたんだ…見なくてもちょっと諦めつく。
いや、私が見なかったから負けたのか?。。。



それにしても、花畑牧場の生キャラメル。
自分が空港を利用する人やお土産でもらったりする他地域の人の方がとっくに食べてたりして、札幌の一小市民はなかなかありつけないという構図になっていたもんが、ちょっと前に直営店が便利な場所にできたおかげで、手に入らなくもない状況になりました。あくまで、キャラメル時間に合わせてうまく並べば、の話だけど…。

先日、ひょんな巡り合わせで、本州の方に、このわたくし2号が生キャラメルをお送りするという使命を帯び、今日、出掛ける用事のついでに、いざ出陣しました!
ちょっと並んで、なんとかゲット!!

自分も食べたかったので、感涙にむせびながら、ありがたく購入。この使命がなければ、一生食べられなかったかも。

Image1486.jpg


































さっそく食した感想は…
美味しい!ふた口目以降が、特に!!

なぜ、ふた口目以降なのかは、わかりません。。。
でも、ふた口目以降なので、常に食べ過ぎる危険と隣り合わせです。(2号)

2009年03月09日

on ありふれた奇跡

結婚(相談所)の、オキテ。

たとえば、今日は窓のこの部分から日が射してる!ということを発見することがうれしい、2号です。だいぶ日が長くなって来ました。

今日、大好きな山田太一さんの最近のドラマ「ありふれた奇跡」の、この前の録画を見てました。
ここ数回、胸が痛くて涙なしでは見られない展開になっている。
カナとショウタは愛し合っているのに、カナが子供が産めない体であるために、周囲が結婚を反対。
特に、ショウタの祖父母は戦災孤児だから、孫に子供がいないと両方の血が絶えると言う。祖父自身、カナを一人の人間として気に入っているのに、それとこれは話が別だと。「もうお会いできないんですか」とカナが訊くと、祖父は「これがオレの気持ちだ」なんて言う。つらそうに。
「『ムリして』そこで結婚することない」「ほかにいくらでもいるだろう。『普通の女』が」みたいな台詞もあった。
この、人間的には問題なく、むしろ気に入られるような人が、結婚に関する「条件」を満たさないために結婚を許されないという状況が、どうしようもなく切ないです。。。

思えば、私にも同じようなことがありました。
相手本人が好いてくれているのに、先方の親御さんが猛反対。その理由は、誰にも解消できない、どうしようもないことだった。
本人のせいではないことで、「人間性は気に入っているけど、結婚できない」と言われることは、本当につらい。嫌いって言われるのもつらいけど、それでもそっちの方がずっといい。

っていうか、わたくし2号、かつて結婚相談所に入会拒否されたことがあります。この「結婚相談所に拒否られた女」ネタで、しばらく持たせていたもんです。。。
その相談所は、友だちが結婚相手を見つけたということで、私もおすすめされたのだけど、なるほど成立する確率の高い有名なところで、その分条件が厳しいのだった。あと10年早く来てくれればとか(今から思えば十分若かったのに!!)、大卒はダメとか、片親も△とか、恵まれた家庭のご子息は相手にも恵まれたお育ちを求めるとか、こういうことを真剣に言って来るのです。決して、イジワルとかイヤミとかではない。お見合いや紹介という「縁結び」がトントンとうまく行くのは、そういうことなのだと、「現実」を親切に教えてくれたんでした。たぶん、そういう現場で私が傷つかないようにということもあったみたいで、責任もって会員としてお引き受けすることはできません、という結論。
私が友だちの紹介ということで来たせいか、ずいぶん長く親身に話してくれて、「私もあなたは好きだけど、残念だわ」とお世辞も言われて、サービス(?)で一人だけ紹介してくれたけど、その人はあまりにユニークな人だったためにうまく行きませんでした(っていうか、その人はいわゆる条件は確かによかったのだが…。男性側は性格チェックはされないのか!?)。
相談所長曰く、こういうところでは条件云々の話になるけど、世の中には、こういうところではダメでも、自力で素敵な出会いをして幸せな結婚をしてる人はいっぱいいるから、元気出してがんばってということだった。もう7年くらい前の話だ。
っていうか、そっちの方が普通だろ、と声を大にして言いたい(自分に対しても)。そんなところにチャンスの一つでもあればと行ったばっかりに、あんなこと言われて、しなくてもいい思いまでして、バカを見た。
しかし、今だにリベンジもできず、去年の秋ころには、別の友だちから、大手の某結婚情報サービスに話聞きに行こうと誘われて、心ならずも一瞬揺れてしまった自分もいたわけで。
なんでも、その子の男のいとこが、そこで相手を見つけたらしい。結婚式の写真を見せてもらったら、なんと、昔、同じ会社にいた同期の男の子だった!!というオチまでついたから、超ビックリ。確かに名字が同じだった。。。

話はソレたけど、カナとショウタがこれからどうなるのか。もちろん、愛し合う二人の気持ちを応援するけど、子供誕生を求める周囲の切実な気持ちも否定できないというか、理解できないものではないという「現実」もある。理想を求める権利は誰にでもあるし、それを責めることはできない。というわけで、これからも泣きながら「ありふれた奇跡」を見守ります。(2号)
posted by 2号 at 23:43| ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | テレビ番組・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

on ひな祭り

永遠の恋人。

今も昔も女の子、2号です。
これは、うちのひな人形の左大臣です。

Image1430.jpg

どうですか!この「いい男」っぷり!!

私は、物心ついたころからホレてしまったらしく、この人(こういう人?)と結婚すると決めてました。。。
そして、なぜか、右大臣にヒゲがあるので、左大臣の顔にもヒゲを書いたらしいです。鉛筆だったので、何とか消したそうなのだけど、よく見ると、今もうっすら鉛筆の黒い跡が…。

この話を、ひな人形を飾るたびにお約束のように家人に言われ、今年でン十年。。。暗に、早く結婚しろ!の意味がこもっているのだろうか。。。(2号)
posted by 2号 at 23:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 回想・思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。