2009年10月31日

on 09日本シリーズ

北海道日本ハムファイターズvs巨人

今日から日本シリーズ、2号です。
満員の札幌ドーム。

負けました。。。(2号)


2009年10月30日

on 予告

処分の極意。

今日は引きこもりデー、2号です。
ゆうべまた眠れなくて、お疲れ気味です。
どうも、あの夜(※)以来、リズムが狂っているみたいで。。。

(※)http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/131454946.html

何もしないってわけにもいかないので、道半ばの大処分大会を。
思うに、人生で何回目になるのかわからないけど、今回の「処分」で、わたくし2号、ついに、片付けの極意を見い出したかもしれない。。。

あの、どうやってもモノが捨てられなかった女が、どうやって捨てることができたのか。

結局は、気の持ち方。

この結論に、ガッカリしてはいけません。
だいたい、捨てる、処分するという行為は、誰がやっても同じなわけで、それを入れる袋やダンボールが多少違うだけの話。
しかし、ふだんから惜しげもなくモノを捨てられる(語弊があるなら、取捨選択して整理すると言い換えてもよい)人、自然と不要なモノが溜まらないように暮らしていく才能がある人と、捨てられない人、溜め込む人とでは、同じ行為でもそこに到達するまでの過程や背景にある気持ちに、とてつもない違いがある。

とにかく、今回の私は、なるへそ〜と自分でもビックリするくらい、処分できているのです。
その方法、近日公開(予定)。
片付けられない女、捨てられない女、掃除が苦手な女はもちろん、未練がましい人、間違ったエコ主義の人、執着気質、貧乏性、もったいないお化け等々の皆様も、乞うご期待!(2号)
posted by 2号 at 23:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お悩み・人生相談など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

on 美容院

愛と哀しみの美容院、again。

爆発しました、2号です。
髪が。。。

つい先日、このようなおハガキを、一番最後に行った(と言っても1年ちょい前)美容室からいただきました。

PA300735_2.jpg

どうして、札ドに行ってるって、わかったのかちら。。。

とにかく、ナイスタイミングでこのハガキは来たわけで、ほんのちょっと前から、私の髪の毛はどうしようもなくなっていたのでした。
その髪って、寝起き??みたいな。。。
もちろん、ちゃんとやってるんだけど、ちゃんとならないだけなのっ!!と、心の中で言い訳しながら、公共の場所を歩いてました。

んで、このハガキのところに行ったかというと、さにあらず。

これまたナイスなタイミングで、うちのポストに、若干近所の美容室から50%OFFのチラシが投函された。。。
いつもなら、チラシにはキビしい措置を取るのだが(うるさいし、砂ぼこりで汚れていることもあるので、即、ゴミ箱行き)、これはしっかり保存。

そして、今日、午後のほとんどをここで過ごしてました。。。
いくらなんでも、4時間半って!!
今までほかの美容院でこんなに時間かかったことあっただろうか?

今までの悩みを申告すると、彼は「ボク、カットには自信ありますから、信じてください」と。

確かに、カットは上手かった。
いや、ほかにもカットが上手い美容師は、今までもたくさんいた。

去年あたりから私は気づいている。
カットは上手くても、パーマが上手い美容師は滅多にいない!!
そして、みんな、素人が毎朝そこまで時間かけて細かくセットできませんって!!っていうくらい、髪の毛一本一本まで微に入り細に入りいじくって(いわゆる、ワックス仕上げ)、「さあ、できました!!」って自信満々に言うけど、私の場合に限れば、店を出て10メートル歩くか、1回でも風に吹かれたら、それはおしまいです。
さっき、一本一本筋を立てるようにしたのがベチャーとつぶれて、跡形もなく消え去って、気づいた時には「あれっ??」です。
もちろん、次の日なりに同じようになるのを想定して自分でやっても、二度と復元しません。

っていうか、それ以前に、美容院で仕上がった時点で「話が違う。。。」とひそかに怒り心頭状態で、お金払ってる確率が90%以上なのだが。。。

というわけで、今回もパーマの悩みも細かく伝えた。はじめての所だし。

向こうもかなり自信ありげに言うので、私も再三の苦い経験にもかかわらず、ついつい大船に乗った心地になり、最後の仕上げのドライヤーの熱風を避けるように半ば目を閉じ、
「はーい、うまくかかりましたよ!」
の声を合図に目を開けて、でき上がったのを見たらば。。。

あのさー、これが本当に私に似合ってるって思って言ってる!?

っていうか、こんなんで満足する客だと思われてんのかちら。。。

期待した自分がバカだった。
まあ、そのうち、それなりには馴染むでしょう。パーマも落ち着いて来るし、髪も伸びるし。。。

ところが、家に帰ってさらにびっくり!!本日2回目!!
美容室の鏡で見たよりも、さらにすごいモノがそこには映っていた。
おそらく、乾燥した冷たい風に吹かれたことによって、さらに爆発したのでしょう。
あのさー、あたし、このアタマでスーパーに寄って来たんだよね。。。

っていうか、「1年以上美容院行ってなかったんだったら、この変身ぶりにみんなビックリするでしょうね〜♪」って言われて帰って来たけど、こりゃあ、なるほど、みんなビックリするよー、違う意味で。。。
まあ、スーパーでは知り合いに出会わなかったから、まだしも救われる。

そのあと、急きょ友だちとの用事ができて、しょーがないので帽子をかぶってお出かけですよ。。。
脱いで見せたら、「あまりのギャップに」爆笑されました。
確かに、帽子の下からちょい見えしてる段階では、良さげなんで。。。

とにかく、美容院には、一生裏切られ続ける気がする。(以下参照。。。)(2号)

http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/102530972.html
http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/102530973.html
http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/102531023.html

posted by 2号 at 23:22| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お悩み・人生相談など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

on 味噌汁

アサリちゃん。。。

また行ってきました夜の講習、2号です。
お勉強の秋としては、講習受講はこれで一応一区切り。
このあとは、簿記試験の勉強に本格突入します(予定)。

それにしても、一番楽しみにしていた最後の方の部分が、時間が足りなくなって急ぎ足になったのが残念だった。

模擬的に事業計画書とか資金計画書とか作ってみたい。。。
誰か、開業したい人いないかな。
登記も手伝います!

さておき。
途中、眠くて眠くてたまりませんでした。
というのも、ゆうべ、寝入ってから1時間くらいして、ここには書けないようなシビアな夢を見ていたところ、何か、体の奥からこみ上げるような違和感がずっと続いてることに気づき始め、あまり楽しくない夢をいったん切り上げて、ふと目を開けてみると…。
以前もたまにあったのだけど、近所にマフラー改造車がエンジンかけっ放しで停まってたのでした。
その、地の底から湧き上がるようなズドドドン、ブルルルン、ズドドドン、ブルルルン…みたいな繰り返し音が、まさに、かすかに私の体中の体液を震わせてるような、とても不快な感覚を誘発していたというわけだ。
ややしばらく停まっていて、轟音とともにやっとこさ去って行ったのはいいのだけど、ギンギラギンに冴えた目はどうしようもなく、それから4時間くらいマンジリともせず、眠れない、ゆえにヒマな時間をやり過ごすハメに。。。

まったく、いい迷惑!!
そのおかげで、講習中も不意に睡魔に襲われ、つらかった。。。

なんだかとっても疲れたので、滋味豊かなモノが食べたいと思い、22時過ぎに帰宅してからクタクタの体にムチ打って、アサリのお味噌汁を作りました。
この子たちったら。。。
本当だったら、今朝、料理されていたはずだったのに。
ゆうべ一晩砂出しに置いておいても、全然砂を吐いた形跡がなかったので、いったん保留にしてたのでした。食べてジャリジャリするのはとってもイヤだから。

んで、塩水の濃度がイマイチだったのか?と、朝から料理本をいろいろ漁ってみたところ、小林カツ代さんの本に載っていました。
濃度的には間違ってはいなかったけど(真水でやるのはシジミでした。買ったことないけど)、吐いてないのは事実なので、若干の塩を追加して、もしかして寒くて活動休止してる?と思って、水を少しぬるくして…と、いろいろやって、帰って来てみると、ちょっと吐いてました。

しかし。。。今まで、我が家でのアサリの砂出しと言えば、元気すぎるくらい飛ばしまくってるのが常で、時には、かぶせている新聞紙をモノともせず、台所のあっち端まで潮を飛ばしているもんだったので、拍子抜け。
この(寒い)季節に買ったことなかったんだっけ??
イマイチよくわからん。今どきはアサリも元気がないのかちら。

とりあえず、美味しくてお腹の底からあったまって幸せな気持ちになったので、よしとしよう。

前置きはこのくらいにして。。。(長っ!)

料理研究家の小林カツ代さん。
この方を初めて見たのは、忘れもしない「料理の鉄人」で、どの鉄人だったかに勝った時。
胸がすくような快挙に、アッパレ!!な気分でした。
その後、この方は、いかに手間をおさえてカンタンに美味しいものを作るかにかけては、右に出る者がいないほどのウデとワザをお持ちと知る。
今は、ズボラとかナマクラとか、この手の流派(?)の研究家の方が増えてるけど、カツ代さんは、先駆け的な存在だったのではないかとひそかに思ってます(未確認)。

んで、今回、アサリのお味噌汁のところを見たら、なんと、材料のところに「こしょう」と書いてある。
こしょう??
味噌汁に???

カツ代さんのご指定なので、従わないわけにいかない。
まずは、普通に、いつものように美味しくいただいて、それから、こしょうを少々振ってみました。
これが、残念ながら、超ウマ!!となるわけではなかったのだけど、こしょう振ったあと、さっきまでしていた何らかの味が、まったくしなくなった。
こしょうの香りは想像したよりもずっとかすかで、今度からゼッタイにこれは欠かせないというものではないにしても、トンチンカンというわけでもない。
ということは、何らかの味を消す=風味をマイルドにする、というために推奨されてるのだろうか??
当たり前のように味わっていたはずの味が、消えてしまうと、あれっどんな味だっけ?と、はっきり思い出せず、逆にちょっと物足りないようなミョーな感じでもある。好みの問題か。。。

今後はやはり、ガツンと来る(?)独特の風味を味わいたいので、こしょうはナシで。(2号)
posted by 2号 at 23:50| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食・グルメ・料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

on 夫婦道

また、夜の講習。

夜の講習第3弾に行ってきました、2号です。

今回が一番受講者が多かったのだけど、驚いたことに(って、驚くのもおかしいのかもしれないけど)、夫婦らしき人たちが2組もいました。

昔は、私自身、全然考えられなかったのだけど、今は(というか、このご時世)夫婦で自営業やりたいっていう夢があるので、とってもうらやましくチラチラ見ちゃいました。。。(その前にパートナーがいないとムリなのだが)

小学生のころ、友だちの家に遊びに行って、ビックリしたこと。
それは、昼間に家にお父さんがいたこと。お店をやっていたからなのだけど。
うちはサラリーマン家庭だったので、毎朝どこかに出勤して行かないお父さんというのがまったくピンと来なくて、こんなのなんだかイヤだな〜と、人の家のことなのに勝手に思ってました。

この時、自分はサラリーマンと結婚したいと決めたのでした。
そういうスタイルが、自分には馴染んでいるということで。

その後、「亭主元気で留守がいい」というCMもあって、ほらねと思ったりしたし、農業青年とのことを悩んだ時も、潜在意識的にそういう要素もあったのかもしれないと、今思う。

で、今日、人ごとながら興味津々で、どんな起業を考えてるんですか〜って、訊きたくて訊きたくてしょーがなかったのだけど、ガマンしました。
同じ夢を追いかけられるって幸せなことだし、講師も言ってたように、パートナーの理解とサポートがないと、万一失敗した時に、必要以上に大変なことになったりするんだって。何となく想像できるけど。

ちなみに、今日の講師は税理士だったのだが、税理士の立場から言うと、身内が経理をやっている事業所はありがたいのだそう。
なぜなら、「身内はめったに辞めないからです」。
すると、専門的な部分での指導も双方のために末永く役立つし、その事業所なりの独特な部分がお互いにツーカーの状態で蓄積されていって、仕事がスムーズになるのだとか。
なるほど、いろんなことがあるもんだ。

明日は、核心に迫る第4弾に行きます。(2号)
posted by 2号 at 23:51| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

on 競馬

そういえば、馬。。。

今日も外出の合間を縫って、処分品を片付けてました、2号です。
雨が降って、ゴミを出しに行くのも一苦労。。。

保管していた持ち物を発掘しているとトンでもないモノが出て来るって何度も書いてるけど、またまたビックリなモノが。
大学生のころ(身の程知らずにも大学に行ったと言うべきで、貧乏苦学生だったのだが)、競馬の場外馬券売り場でバイトをしてました。
時給が高い、憧れのバイトでした。

そこで、毎年、競走馬や馬場や牧場などの写真が載ったカレンダーなどをくれていたのは覚えていたんだけど、一つだけ保管してあったので、ナンだろう…と思って開いてみると。。。
なんと、レースの情報が書き込んであったのです!!
勝ち馬とか騎手名とか重賞レースの名前とか。
馬場状態まで書いてある。「ダート、やや重」とか。。。

PA250783_2.jpg

研究していたのか、それとも単なる記録だったのか!?

そういえば、学生だったので、誓って馬券を購入したことはなかったけど、クラシックレースを中心に予想はしていた。人にもアドバイス(?)したり。「ここは、複勝も買っておいた方がいい」とか。。。

んで、一番すごいのを当てたのは、ある年の「秋の天皇賞」。
当時ダントツ一番強くて一番人気だったシンボリルドルフを抜いて、「ギャロップダイナ」という馬が勝った。。。

まあ、当てたというか、名前が好き&かわいらしい馬だと思ってずっと応援していて、この時も、今度こそきっと勝つ!!と、気持ちだけ賭けていたというわけで。

馬はいい。
馬術部は、朝が早いので入部を断念したけど、乗馬には憧れてました。
人馬一体となって疾走する感じが、見てるだけで気持ちいい。

そういう意味でも、バイトをしていたという意味でも、競馬には馴染みがあったので、晴れて社会人になって何年も経ってからだったけど、何度か馬券買ったこともあります。
当時の札幌で、一番人が集まるのは、豊平川の花火大会と年末(12月)の有馬記念の時の場外馬券売り場だな…と知ったのも、このころ。
しかし、実際に買うと、ミョーにカタく買ってしまうので、ギャロップダイナの時みたいな当たり方をしたことはなくて、ある時などは、上司に託された出資金数万円を全部スッてしまうという有り様。
結果、ますますオッズの低い本命から流すみたいな買い方ばかりになって、元が取れないコトの方が多いので、やめました。

でも、天気のいい日に、果てしなく緑が広がる競馬場の芝生の上でマッタリとしながら、一日中、馬を見てるのは楽しかった(死ぬほど日焼けして、冬になっても取れないくらいだったことを除けば)。
一日の全レースで3000円と元手を決めて、一日のレジャー代と思えば、別に当たらなくてもよい。基本マッタリで、時々、おぉ〜!!とか、行けぇ〜!!とか、テンション上げて応援してみたり、いやん、写真判定〜?とかボヤいてみたり。
同行者がなかなかいないので、1回しかしたことがないけど、機会があれば、ぜひまた行きたいと思うところ。

とにかく、馬はいいです。心が繊細で優しい目をしていて、ちょっとイルカに通じるような精神を感じます。。。
と言いつつ、自分でもビックリ、そういえばまだ乗ったことがない!
一生に一度は乗ってみようと心に決め、つつしんでこのカレンダーを処分しました。(2号)
posted by 2号 at 23:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 回想・思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

on 子供の絵

アナタの顔。。。

今日はよい天気だった…2号です。
なのに、久しぶりの完全引きこもりデーにしました。
というのも、ホントに、なんでっ!?って思うくらい、毎日忙しくて(←プー太郎のわりには)、お疲れ気味なので。

しかし、休んでいられない。
忙しくしてる間に溜まりに溜まった、家の中の通常のアレコレをせねばならず、それに加えて、今、大処分大会の途中であり、明日は1カ月ぶりの燃えないゴミの日なので、燃えない区分の不要品は、できるだけ今日中に分別しておかねば…というわけで。。。

それにしても、また、オカしいモノがいっぱい出てきました。
相当おバカな子供だったようだ。。。
いや、子供はみんなおバカなのに違いない。

処分前に写真撮ったので、のちの機会に回顧しようと思うのだが…
今日は、自分のことは棚に上げて、人のものを掲載したいと思います。

私が小学校1年生を終えて転校することになった時、クラスのみんながお別れの一言と絵を贈ってくれたらしい(記憶になかったけど)。
「元気でね」などの月並みな短い一言が並ぶ中、2行にわたって長文(?)を書いてくれた男の子のがありました。

PA250744_2.jpg

名前を見ると、うっすら、そういう名の男の子がいたなぁ〜とよみがえる。
「○○さんも、△△くんとおなじところへいってしまうなんてつまんない」と書いてある。
おぬし、どうやら、わたくし2号のことが好きだったヤツだな?と、ますます思い出して来る。

しかーし。

オモテを返して、描いてくれた私の顔を見たらば、数ある絵の中で、一番、ものすごい顔が描かれていた。。。

PA250743_2.jpg

絶句のあと、大爆笑ー。

ちなみに、△△くんは、うちの父と同じ会社の人の息子で、同じ社宅にいた同級生なので、「おなじところへいってしまう」のも、ムリのないことだった。。。(2号)
posted by 2号 at 23:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 回想・思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

on 日ハム09CS優勝

弱気保険。

北海道日本ハムファイターズ、パリーグのクライマックスシリーズを勝ち抜けました!2号です。
全国の楽天を応援していた方々に大ひんしゅくを買いながら、日本シリーズに出場します。。。

思えば、2年前の07年。
千葉ロッテマリーンズとの死闘のクライマックスシリーズを制して、前年と同じ中日と相見えた日本シリーズ。
選手は、どうも、前年の勝利に油断した??のか、はたまた、そこまでで死力を尽くして燃え尽きたのか…(実力だったというと、ほかのパリーグのチームや、なによりロッテに失礼だし…)。そこへ持ってきて、ヒルマンさんは本人喜びのメジャー監督就任決定で、日本シリーズ前に「私の中にはロイヤルブルーの血が流れてる」と言ってしまい、ますますミョーな空気感の中、1勝4敗でジ・エンド。。。

今回も、喜び爆発のあと、あの時の一つ一つのシーンがよみがえってしまいました。
またしても、一昨年のロッテの時みたいに、試合後は、両チームで感動的な交流&ノム爺の胴上げまで両チームでやっちゃって、ウルウル。しかし、この頂点(クライマックス)な感じがヤバいかも、と。
今の時点で必要以上に感動的に喜んでると、ここで終わりになってしまうのではないか??と、ひそかに湧き起こるヤな予感を払拭しようと必死でした。。。

しかし、このように悪いことを想定しておくと、ガゼン前評判のよかった楽天に勝てた今回のように、うれしさ倍増ともなるわけで。

過度に期待しない。体にも悪いので、入れ込み過ぎない。
これに限ります。
トシの功で、保険をかけることを覚えた。。。(2号)

2009年10月23日

on CSま〜くん

ま〜くん、キター。。。

表題の通りです、2号です。
ま〜くんには、花を持たせないといけない、北海道民として。。。

しかし。これで3勝1敗。
ヤバいヤバいヤバいヤバい。。。。

ま〜くんのヒーローインタビューに、1塁側ハムファン全員がなまあたたかい拍手を送ってる場合ではない。きっかけを与えてしまってはダメなのに。

っていうか、そういえば、シーズン中に一度も札ドのファイターズ戦でま〜くんを登板させなかったノム爺って…ナニ?何かイジワルしてんの??(2号)

2009年10月22日

on パリーグCS日ハム対楽天

楽天の奇跡。日ハムの奇跡。と私。

クライマックスシリーズ出場中、2号です。
昨日は、試合終了後、こんなに私の周りに日ハムファンいたっけ?というくらい、祝メール来ました。
そして、仙台に嫁に行った友だちからも、レスは要らないという怒りのメールが。。。
っていうか、アナタの魂はもはや東北人になってるのね。。。と、ちょっとさびしかったゾ。

ご存じのとおり、昨日の第2ステージ第1戦は、圧倒的劣勢のところを、最終回にスレッジの満塁逆転サヨナラホームランで、日ハムが勝利。。。
おネエさんは、まさに泣きました。。。

というのも、いつも結局最後は楽天的、じゃなくて、楽観的なわたくし2号も、昨日はなぜかもともと精神状態があまり良くなく、大事な応援に駆けつけるにしてはテンションがかなり低かった。
しかも、悪いことに、企画チケットを買っていたので、昨日だけお一人様席で、帰りに友だちたちと合流という予定。
この、一人で見ているというのが、昨日の試合展開にあっては非常によろしくなかった。。。

以下、実録。

1回ウラ:日ハムが押せ押せで1点ながら先制。
ちょっとテンション上がり、やはり1位チームとしての自信を持って一生懸命応援に集中しようという気に。

2回オモテ:すぐに同点に追いつかれる。。。
楽天、やはりあなどれない。ダメかも。。。

4回オモテ:2点勝ち越される。。。
ファイターズよ、私を奈落に突き落とすな。2点なら何とかなるから、がんばれ!!(必死に自分を鼓舞)

6回までお互いに0行進
よしよし、終盤に一気に逆転だ(元気を振り絞る。。。)

7回オモテ:3点追加され1−6
ここまでの時点で、スタンドの無邪気な若い女の子たちや幸せそうなファミリーや仕事帰りのサラリーマンたちや楽しそうなカップルを見るにつけ、来た時よりもさらにテンションが落ちていて、生きていたって、日ハムもこんなふうにふがいなく負けるし、私の人生もこんなふうにふがいないし、今後、楽しいことなんかあるだろうか??という気分に。
今すぐ帰っちゃおうかなと思っても、一人で帰ったあとの気分の落ち込みに耐えられるだろうか…ということでかろうじて球場に留まることにはしたものの、応援もピッタリやめてしまう。。。

8回ウラ:3点返して4−6
ちょっとはファイターズのがんばりが見られただけよかったが…結局は追いつけずに、負けるのか。。。と、やはりテンション上がらず。

9回オモテ:せっかくの良い流れの中、逆にツーランを浴び、再び4−8と突き放される
帰ったら『遺書』を書こう。。。とマジで考える。最近、グー然にしては身辺整理し始めておいてよかった。。。(ウルウルしてくる)

9回ウラ:1アウトから1点返し5−8。元捕手信二くん四球で満塁
でも、あと4点ないと勝てない。あと一歩まで行って、結局負けるのか。。。
ん?しかし、スレッジ、ここで満塁ホームラン打ってくれたら4点入るな。
打ってくれないかな。。。な〜んちゃって。あり得ないか。。。
本当に打ったりして。
いや〜まさかね。。。でも、もしかしたら打つかも。
打ったら、とりあえずは死なないでおくけど。。。

(そして、スレッジ、満塁逆転サヨナラホームラン。。。)

おぉぉぉぉ〜ぎゃぼ〜〜〜〜〜っっっっ!!!!

ーー滝のような涙ーー

cf)http://www.fighters.co.jp/game/scoreboard/record/2009102101.html

というわけで、奇跡を起こした日ハム。
奇跡的に負けた楽天。
そして、奇跡的に命拾いした、わたくし2号。。。

どーして、あんなに死んじゃいそうに落ち込んでたんでしょーか。今となっては、魔が差していたとしか思えない。
私は、ファイターズに救われました(深イイ話だ…)。

ありがと〜スレッジ♪
昔、こんなふうに↓いじっててゴメンネ〜

ボク.gif
※08年4月21日のエントリより
http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/102531364.html

っていうか、スレッジは打席での構えが好きだし、マジメでかわいい人柄だから今となっては大好きになってます。
あなたは、もう少しで死にそうだった私の、命の恩人。(2号)

※今日も、エース岩隈に何とか勝ちました。
明日の楽天の先発はま〜くん。ここが、おネエさんのつらいところ。。。

2009年10月21日

on 日本シリーズの前に

本日、出陣。

今日、朝から日本シリーズの札幌開催分のチケット取りをしました、2号です。
1通話で1試合しか取れないので、二人で手分けしても、終わったのは14時半。。。
疲れた。。。

しかし、これで、7戦までもつれようと、応援に駆けつけることができます。

っていうか、札幌で日本シリーズあるんだっけ??

よくわからないが、あった時のために、一応、確保しておかねば。

その前に、CSの応援だ。ここを、勝ち抜けさせないといけない。
というわけで、これから出動します。。。(2号)

2009年10月20日

on 女の…

しゃべくりまくり。

高級マンションを購入して入居したての友だちからご招待を受けて行ってきました、2号です。モデルルームのようでしたわ。。。

そのようなことを動機として結婚に踏み切れる人は、本当にうらやましい。。。

いつものように、機関銃のように二人でシャベクリまくったのだが、後半の話題は、どんな物がどんな理由で捨てられないか、過去にどんなふうにどんな物を処分したか、とっておくべき物は何か、とっておきたいけど他人に見られたら恥ずかしい物は何か…などなど、彼女は引っ越したばかり&私は大処分大会開催中ということもあって、お片づけの話に終始。
この話題で2時間くらいもしゃべれる私たちって、いったい。。。

ま、いいか…(2号)

2009年10月19日

on パリーグCS&日本シリーズ

最悪を想定しておく。

そろそろ書かないといけない、2号です。
東北楽天ゴールデンイーグルスが、パ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージに進出しました。
あさってから、おらが北海道日本ハムファイターズと札幌ドームで対戦。。。

そもそも彼らは、CS進出を決めた時から、てっぺん取ると言っている。
先日土曜日、福岡ソフトバンクホークスを2連勝で退けた時も、「日本一になる」と言っていた。
日ハムの存在はムシ!?

今、2006年に日ハムがいきなりリーグ優勝から日本一まで一気に駆け上がった時のような空気が、楽天にある。
あの時は、新庄引退でチームが結束していて、全国民も日ハム寄りだった。
今の楽天は、ノム爺退任の花道を、と結束していて、全国民が好意的に見ている。

日ハムに1勝&ホームのアドバンテージがあるとは言っても、ダルビッシュくんもいないし、今年の開幕はホームで楽天に3タテ食らっている。。。

あんまり常勝なのも芸がないので(とは言え、日本ハムファイターズでの日本一は06年だけなのだが…)、今年はしょーがない。譲らないでもない。
その代わり、中日が来ても読売が来ても、勝って日本一になっていただきたい。

という、そのへんのことはいいのだが。
引っかかったのは、仙台の盛り上がりを「06年の北海道よりすごい」とか言ってる番組を見かけました。
っていうか、奥様向けのワイドショーで取り上げるようなことか?って思ったけど、06年もキミたちは、北海道の盛り上がり&新庄新庄って、ずいぶん騒いでいたよね。
たぶん、あの時は、そのへんのアオリのおかげもあって、日本一まで突き抜けた感がなくもないのだが、今回も、テレビを見れば、出演者全員が口を揃えて楽天対巨人が見たいと、既定路線のような流れを作っている。
わたくしたちファイターズファンも、ダルくんの離脱もあって、なんとなく想定はしているものの、ヒール役にすらなってない完全ムシ状態は、あんまりおもしろくはない。。。

ここで、ファイターズがガゼン奮起して、下馬評をぶっ飛ばして…(空気読めなさ過ぎとか言われて、世間のヒンシュクを買う)というたくましさ、図太さを見せてくれたら(うれしいのは私たちだけ)とも思うけど、たぶん、それができないのがファイターズなのだゎ。。。お人好し(じゃなくて、終盤、戦力も勢いも落ちてるからなのだが)。

近い将来、ダルビッシュくんがいなくなるというウワサ(というか、決定事項と言ってる人もいるし…)もあり、今の私の脳裏には、98年の横浜ベイスターズ日本一のあと、大好きな人たちがいっぺんに根こそぎと言っていいくらいゴッソリといなくなったチームとともに、抜け殻になってしまった時の自分の姿がフラッシュバックするのである。。。

クライマックスシリーズも、目の前で敗退するところを見るのは初めてだ。そして、CS進出自体、今年最後かもしれない。目に焼き付けておこう。。。(2号)

※これ以上ないくらい悲観的になってみました。。。

2009年10月18日

on 紅葉

バリバリ夕張。。。

夕張に紅葉を見に行きました、2号です。
近場で、夕張あたりなら山もあるし、紅葉も見られるのではないか?という、なんともテキトーな(友だちの)思いつきで行ったにしては、とってもよかったです。

っていうか、どこかに紅葉を見に行くということをしたことがなく、近所の色づいた木々や、せいぜい山程度のことで満足していたわたくし2号、このたび、広範囲に生えた木々が、思い思いに自分の色を競い合ってる光景を初めて見た気がします。
そして、今までの、赤やオレンジ、黄色の同系のグラデーションの紅葉のイメージとは違う秋の夕張の風景が、おとぎの国みたいにかわいらしく見えて、ミョーに感動したのでした。

このゴマ塩(?)加減が何とも言えない。。。
PA170672_2.jpg

黄色や茶色のグラデの中に、松と思われる緑がところどころ残っているのと、赤いのがアクセント的に点在してるのが、とても気に入りました。

PA170639_2.jpg

シューパロ湖
PA170723.jpg


栗山町の鳩山神社にあったキレイな木
PA170619.jpg

滝ノ上公園(ローカルのNHKが紅葉のイメージショットに使うスポットらしい)
PA170735.jpg

この地形がガツンと来る!!なんだっこれは!?


和風の風情はないんだけど、これらはこれらでとってもよかった。
ところで、シューパロ湖のあたりのダムの話って、どうなるのでしょーか。何やらガンガン工事(すご〜い上のほ〜ぅに道路作ってる?)しているように見受けられたが、あれはナンだろ。。。
今現在、誰も水で困ってないらしいのに、もし、公共事業ありきなダムのせいで、あのきれいな景色が水没するとしたらどうしよう。。。と泣きながら帰ってきたのだが。。。
この管轄も前原大臣なのだろうか。(2号)
posted by 2号 at 23:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

on 参拝

あの人の神社。

ゆうべ遅かったのに、今日は早くからまたお出かけ&夜は飲み会だ、2号です。

かねてからの予定で紅葉を見に行ったのだけど、先日に続き、行ってきちゃいました、栗山町の鳩山神社。

鳥居の前にオチャメな看板が。。。
PA170599_2.jpg

本殿。
PA170609.jpg

日本の未来をお願いしておきました。。。



鳩山一族(?)の記念植樹があったので撮ってみたのだけど…

PA170613.jpg

PA170614.jpg

PA170615.jpg

由起夫氏のが一番細いのが気になる。。。(2号)
posted by 2号 at 23:53| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・遊び・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

on 出演

テレビから。。。

今日も午前から出かけ、夕方からもう一個用事、そして飲み会だ、2号です。
プー太郎は、職業柄もっとヒマでなくてはいけない。。。

いつものように全然関係ないけど、テレビをつけっ放しにしていたら、どこかで聞いたことのある話とそっくりな話が聞こえてきました。
視聴者が電話をかけて、ナマ番組の中でMCやコメンテーターとしゃべるのをそのまま放送するという、よくあるパターンのヤツ。
出だしの話は、それでもまあ、ありがちと言えばありがちなので、聞いたことあるのも当然かもしれなかった。
そんなことを思いながら、ほかのことをしつつ、なにげに耳だけ傾けていたら、核心に迫っていくその話は、だんだんと詳細が絞られてきて、ありがちな話がある種の独自性を帯びてきた。

間違いない。。。

作業を中断してテレビの前に行ってかぶりつき、よくよく耳を澄ませると、声も間違いない。そして、その明るく饒舌で、物怖じしないしゃべり方。

A子(※)だ。。。

最後の最後、「は〜い!!私も応募しま〜す♪」と言って、電話が切れた。

最近、トンとご無沙汰していたけど、相変わらず元気らしい。
番組では匿名で話すのだけど、どこの誰かわかっていたら、普通は話せないような内容である(だから、ここにも内容は書けない)。

A子、おそるべし。。。(2号)

(※)A子=以下の記事のAちゃん
http://miha27.seesaa.net/article/97385820.html

2009年10月15日

on 寝ている時

寝言大王。

時々、寝ボケ&寝言やらかします、2号です。

しかし、以前付き合っていたカレシにはかないません。。。

カレは、だいたいいつも、激しいイビキの合間に何かを言っていた。特に、寝返り打つ時などに、何か言わずにいられないみたいだった。
たいていは、
だからぁ〜ウニャムニャ…
言ってないってぇ〜ブツブツ…
そんなの…プー
とか短いフレーズが多くて、そのうち気にも留めなくなっていたのだが、ある日、意味ありげな長いフレーズを言った。それは今でも覚えていて、私の中で寝言の代名詞ともなっている。

カレは突然、「あ、今日、白鳥部長来たわ。。。」と言ったのである。
はっきり言ったので、話しかけられたと思って、私は「え?誰それ?」と答えてしまった。
答えながら見ると、目をつぶって普通に眠っている様子だったので、もしかしてこれも寝言?とビックリ。しかも、寝言に答えて話しかけてはいけないというのを聞いたことがあったので、ヤバいと思った。魂抜ける??
すると、カレもまた答えたのである。
「ん〜、カステラ持って来ただろ。。。」と。
なヌっ!?
明らかにおかしい。やはり、寝言だった。

それは、長崎カステラだったのだろうか。
ものすごく食べたくなった。。。

次の朝、ゆうべ、こんなこと言ったでしょ。と、さっそく興味津々で尋ねた。
すると、ものすごく怒って否定してきた。そんなこと言った覚えないし、そんな夢を見てもいない、と。あげくの果てに、ウソつき呼ばわり。
何のために、そんなウソをつく必要が??
っていうか、そういう作り話しても私にメリットないし、意味わかんない。。。

そもそも、毎晩、何かは言っているのだ。なので、その日だけ思いついたように、寝言言ったでしょと唐突に作り話なんか、するわけない。

どうして、寝言、イビキ、歯ぎしり、寝ボケ…は、みんな否定するんだろう。
私なんか、アッサリ認めているのに。
夢を見てる時は眠りが浅いらしいけど、ちょっとくらいは夢を見ないと寝ていてもつまんない。そして、寝ボケや寝言は、そのおもしろい(?)夢のおすそ分けなのだ。
ストレス性の激しいヤツは、本人も周りも困るけど、ちょっとしたかわいいヤツなら、全然気にしないで言う時はバンバン言って、ぐっすり寝たらいいんじゃないでしょうか。(2号)
posted by 2号 at 21:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・からだ・ケガ・人間生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

on 棚卸し

持ち物=人生?

9月になった時、まだなってないことにしておこう…と思っていたら、いつのまにかその9月も終わって、ちまたでは10月に入ってるらしい。。。2号です。
どうりで、最近、ちょっと寒い。

そういえば、この前、雪虫見た気がする。。。

んで、このところ発掘してそのままになってる整理品、処分品たちが、部屋の隅、と言っても、それなりのスペースを占拠している状態なのだが…
わたくし2号、気づきました。
なぜ、モノがいっぱいあるのか。
それは、何にでも興味持ち過ぎ!やりたがり過ぎ!!

ここに引っ越して来た時は、本来、実家というものがある人なら、そこに一生置いておいて、いちいち全部持って行かないようなモノまですべて引き上げて来たので、荷解きをした時、これが今までの私の人生そのもの、生き方を語るモノたちなのね!?と、半ば感動しながら眺め、片付けた(収納した)ものだった。。。

その中には、たとえば、幼稚園の時に描いた絵とか、自分の作文が掲載された時の小学校の文集とか、国語の教科書とか、卒業証書とか、卒論の資料とか、昔の仕事の実物(編集物とかポスターとか)などなどがある。もちろん、子供のころの宝物もある。
そういえば、100点取った答案用紙もあった。笑える。。。
っていうか、これは、とっておいたということがおバカ過ぎてオモロいので、捨てられない。

あとは、お金の節約のために、カンタンな家具は自分で作ったり、改造したり、色を塗ったりしてたので、大工道具はだいたいそろってる。使い残しのペンキだけは、今回処分することにしたが。

同じ理由で、カーテンや布団カバー、クッションカバーなどのファブリック類も自分で作っていたので、ミシン、端切れ、買って使わなかった布類ほか、だいたいの裁縫道具一式もそろっている。
昔はこれに、ペーパーフラワー作りの道具一式や、編み物の道具と毛糸などもあったけど、さすがに、いつの間にか処分したり人にあげたりしたんだった。

年賀状は、昔は手作りにこだわっていたので、毎年必ず版画にしていた。その版と彫刻刀一式ほかの道具、絵の具なども超そろっている。そうだ、一瞬、絵を描いていた時もあったので、水彩の道具もある。。。

今、ベランダが狭いのでやっていないけど、ガーデニングもやろうと思えばできる状態で、モノはそろっている。。。
節約のために、今は特別な時しか花を買ってないので、出番は少ないけど、どんな生け方にも対応できるくらい、いろんな種類の花器もいっぱいある。。。

料理道具だけは、鍋一つで何でも作れちゃう人…というのに憧れてて、当初からあまり何でもかんでも揃えるのをよしとしてなかったので、鍋一つではないにしても、それほど持ってない。食器も必要最小限。だけど、なぜか、カップ類はもらったりなんだりで、一生使い切れないくらいあるかも。

本の間に見え隠れしているのは、好きなもの、関心あるものに関して集めた資料や雑誌類。
文学、絵画、音楽、語学関係、健康管理や栄養学、エクササイズ、スポーツ関係、天文、映画、写真、イラスト、ビジネスアイデアなどなど、仕事に使えそうと思ったものから個人的な趣味まで、他ジャンルにわたっていて、よくぞこんなに…と。
これが、全部血肉になっていればいいのだけど、「広く浅く」にしかなってないところが、残念。。。
っていうか、絞れよ!!って思う。
「狭く深く」した方がゼッタイにモノになるのに、好奇心がありすぎて、あれもこれもになりがちなところが、大成しない人の典型である。
っていうか、世の中にステキなもの、面白いことがいっぱいあるとして、自分が知らないことがあったら残念というか、もったいないと思ってしまい、よっぽど合わないコト以外はだいたい手を出して(み)るという感じと言ったらいいかもしれない。
知りたがり、やりたがり。

この中から何を処分するか、本当に悩ましい。
友だちに怒られたのだけど、ジャイアンツに関するものは、駒田のサイン色紙以外はだいたい処分しました。友だちは、私が今回捨てたサイン入りトレーナー、ほしかったんだって。。。なぜ??

この大処分大会、チャッチャと終わる予定だったのに、途中でできない日々が続き、ちょっとトーンダウン。最悪でも年内に片付けばいいかという感じに、成り下がっています。

しかし、本当に、自分の関心事の軌跡を見ていると、この作業も人生の棚卸しって感じがして、新しい区切りがつきそうな気もして、ちょっとワクワクします。。。(2号)

2009年10月13日

on 基準

仕訳基準と、なぜか鼻毛。

事業仕訳って…楽しそうだな〜2号です。

全然関係ないけど、わたくし2号、先月から「モノ仕訳」をしてるわけで、必要かどうか、必要だけど今保管しておく必要があるか…などと、一人議論してるところです。税金を投入してるわけじゃないので誰が文句言うんでもなく、また、この1週間以上、何かと忙しくて途中で放ったらかしにしてるので、遅々として進まず。。。

さらに全然関係ないけど、ずっと気になっているのが、「鼻毛」。
よく、恋愛トーク番組やお笑い番組で、「鼻毛が出てる」のがどーのこーのって話題に上ることが多いけど、この鼻毛ってヤツが、ことさら、何らかの基準になってることが、どうしても私にはピンと来ないのです。
だいたい、テレビで頻繁に話されるようになる以前には、私の中には「鼻毛」という概念はないに等しかった。
確かに、鼻の中に毛は生えてるが、その存在をまったく意識しないままに生きてました。
さらに、それが「出てる」とは??
しかも、それはそんなにいけないことなのか???

そういう人を見たことがないと思っているのは、ふだん、まったく気にも留めてないからなのか??

そういう状態を見たら、幻滅するものなのか?
人間なんだから、毛は生えるもんだし…。そんなの、かわいいもんじゃないのか??
少なくとも、好きな相手なら無問題と思われる。。。

試しに、誰か、私とまったく利害関係のない人に、鼻毛が出てる状態を見せてもらいたいと、ずっと思っているのだが、いまだかなわず。。。(2号)
posted by 2号 at 23:41| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 流行・社会現象・ブームなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

on メジャー選手登場

ヘンな夢。

最近、ヘンな夢ばっかり見て、すごく楽しい2号です。
起きてる時の現実は何かと厳しかったりするので、今は、寝てる間の方が幸せかも。

この前は、なぜか、はしごのような階段を上らなくてはならなくて、その階段のようなものの段々が、ロッククライミング用の壁の出っ張りみたいに、ものすごくちょっとしか突き出していないので、危なくて危なくて…
ただでさえ危ないのに、途中まで上ると、上から大小さまざまのクマのプーさんのぬいぐるみが大量に降って来て、それが松坂選手へのバレンタインのプレゼントだと。なんでも、ぬいぐるみの中にファンからのお手紙やチョコが入ってるらしかった。
しかも、3回同じことが繰り返され、あとの2回は、ゴジラ松井とイチロー宛てだった。。。
なぜ、メジャー選手ばっかり??
しかも、松井への量が一番多かった。首を傾げるわたくし2号。

結局、上まで上れずに終わって、目が覚めました。
なんかメンドーだったので、目覚めてよかった!って思いました。

そうそう、あとから考えるとなかなか面白い夢なのだけど、目が覚めた瞬間には「あぁ、夢でよかった」って思うことも多い。

今日はどんな夢かな〜。楽しみぃ。(2号)
posted by 2号 at 23:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | (寝て見る)夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。