2010年12月30日

on 年越し料理。

鮭と格闘。

年末年始はひどい天気になるとか聞いた気がするけど、別にどうもなってない、普通の曇りの札幌から2号です。

さて。
どういうアレかよくわからないまま、今年の年越しは、このわたく2号が我が家恒例の年末メニュー「鮭マリネ」を作るハメになり、家族が手配した鮭が午前中に届きました。

これが、どういう手違いか、ご存命中のお姿そのままの形で箱に入って届き、話違うよ〜と。。。

1本まんまのをさばくスペースがないので、3枚下ろし(?)で、頭としっぽと背骨周りを取り除いてブロック状にした形を希望していたのに。
この、取り除いてほしかった部分は鍋にするとおいしいので、いつもは捨てない。でも、何しろスペースがないので、もったいないが、そのようによろしくと。

というわけで、だいぶ話が違うが、届いてしまったものはしかたがない。
今さら、海にも川にも戻すわけにはいかない。
困りつつも、まずは玄関の床でそのまま封を開け、甘塩だから、届いたらまずキツく塩してと言われていたので、そうすることに。

開けてよく見ると、なんと、さばくことはさばいてあって、真ん中から2枚に開いて、焼き鮭用の切れ込みが入っているようだった。
これが、また、よけいだった。
マリネは薄く小さく切るので、中途半端に切られてると、たぶん、うちのなんちゃって万能包丁じゃあ、切る時に身がボロボロになるぞ!

ったく。。。

しかも、凍ってる状態なので、塩したい身の方がピタリとくっついてしまって、露出してない。これじゃ、塩をすり込むことができない。
しゃーないので、ある程度解けるまで放っておくことに。玄関の冷え具合なら、ちょうどよかろう。

片付けものや大掃除をしながら、時々覗いて、解けて来たところから塩をつける。
くっついた左右の身をはがす時、やっぱりちょっとボロボロになるやん、もうっ。
そして、最後の塩をして、調理するまでこのまま置いとこっと放置しておくには玄関の冷んやり度が足りなかったようで、気づいた時には解け過ぎて、すり込んだ塩も流出しちゃったのでは!?みたいな状態に。
慌てて台所に運び、予定より早めに漬けちゃうことにした。

はたして、もともと中途半端な大きさに切られていて、しかも解け過ぎている鮭を一口サイズに切るのは無謀だった。3分の1くらいはボロボロになってしまったじゃないか。。。っていうか、焼き鮭サイズのヤツの皮をはぐのって、難し過ぎだから!!

明日、いったいナンの手違いがあったのか訊いてみないと!と、鼻息も荒く、さばかれた鮭をさらにさばき終わって、玉ねぎとレモンを切って、マリネ液を作って漬け込んで、作業終了。

しかし、さっき様子を見たらば、これがなかなか旨んまそうに漬かって来ておるようだ〜♪多少見た目ボロボロでも、美味しかったらいぃんでないかぃ。

というわけで、頭としっぽと骨周りのガラは、年明けに帰って来てからコッソリと鍋にしよっと。調理者特権だもんねー。

明日こそ、更新はできないかもしれません。というわけで、昨日言ったような気もするが、皆様におかれましても、よいお年を!!(2号)



posted by 2号 at 20:30| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食・グルメ・料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

on メール。

メールがアウトな男。〜2〜

もう今日は、交通機関は年末ダイヤらしい…2号です。ってことは、お役所始め今日から休みのところが多いってことですね〜。

年内、まだブログを書くのかどうかあやしいので、一応、年末のごあいさつを先に。
皆様、1年間ありがとうございました。また、来年もよろしくお願い申し上げます。

そして、知らない間に、ここに書かれていたわたくしの親愛なる友だちたちへ、勝手に登場させて、本当にごめんなさい。
来年も、どうかそのまま知らずにいてください。よろしくお願い申し上げます。

さて、締めとして(締めないかもしれないが)、意外な反響に驚いた先日のテーマ「メールがアウトな男」について、途中経過をご報告しておきます。

先日はクリスマスという行事があったので、友だちにその様子を聞き出そうと声をかけておいたのだけど、クリスマスには男女は会うものだという世間一般の予想を裏切り、結局、彼女さんの方が忙しくて二人は会わなかったとのこと。年明けには会うらしいので、そこでまたどうなるか、ですね。

で、相変わらず男性の方が積極的で、彼女さんは様子見モードらしいのだけど、今日こうして書いている理由がほかにもあって…。クリスマスの報告といっしょに友だちから聞いた話が、人ごとながら、いや、人ごとだからこそおかしくておかしくて爆笑してしまったので、メモっときます。

最近の(相変わらず長い)メールで、彼女さんが珍しく「ムッとした」ことがあった。
それは、男性が以前小説を書きかけたことがあって(←やっぱりだ!!)、それが完成させられなかったのは、彼が評価してない超人気作家と自分の文章が似ていることに気づいてがっかりし、「自分には才能がない」と思ったから、だったらしい。それが、彼女さんの大好きな作家だったから、さあ大変。
あのメールを読んだ人ならわかるのだけど、確かに、テイストは似てる。でも、それ以前に、彼は文章が成り立ってないのですが。。。
そのような方の口から、超人気作家をつかまえて、自分の文章が、自分が認めていないその作家と似ていて、それはすなわち自分には才能がないということだ(その作家にも才能がないってことも言いたいらしい)と聞かされた日にゃ。。。
私と友だちは部外者なので「おもしろ過ぎる。。。」とか言ってればいいのだが、お世辞にもうまいと言えない文章を書く人に、自分の好きな作家をおとしめられた彼女さんは、さすがにムッとした、と。

で、現在、ポイント大幅下がり中らしい。。。

しかし、男性は大マジメなんだろうな〜。もし、狙ってやってるとしたらかなり上級者だと思うけど、ワザとずっとメチャクチャな文章書き続けるのもしんどいだろうし、やはりそれが素なんだろうな。。。
たぶん、それでも彼女さんがすぐに断らないのは、そこを差し引いても何かいいところがあるからなんだろうなー。ある意味、すごいと思います。

そして、なんだかんだ言って、ご本人だけでなく、例のメールともつきあい続けている彼女さんも、すごい方だと思います。

以上です。。。(たぶん、続く)(2号)
posted by 2号 at 23:03| 北海道 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 恋愛・結婚・男と女・人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

on ま〜くんと斎藤佑樹。

巌流島での再会。

冬至が過ぎたというだけで、もう日が長くなってる気がしてる、ゲンキンな(?)2号です。。。
あと、1月と2月をないことにして、気づかないようにやり過ごせば、生き延びられる。。。

というわけで、今年もウッカリしてるうちに、1年が終わるみたいです。まったく、信じられません!どこかで、何月かが間引きされているのではないか!?

まったく話は変わるのだが、私にも友だちがいる。
いや、それは当たり前なのだが、その中で、一番かわいらしい友だち。その子とは、今ではSMAPのコンサートでしか会わないのだけど、ヘタすると、1、2年、間が空いたりする。すると、ただでさえ人のトシが覚えられないわたくし2号としては、その年下の友だちがいったいいくつなのか、会うたびに確認しないとわからない。しかも、かわいらしいので実際より10歳以上若く見え、そのギャップが年を重ねるほどにさらに大きくなるようなので。
そして、「いくつになった?」と訊いて、○才と答えが返って来ると、いつもマジで心底驚く。初めて知り合ったころが25歳とかだったので、そこから多少トシは取ってるだろうとわかってはいても、永遠に27歳くらいの感覚で見てしまうので。
で、いつも、「えー、そんなトシになったの!?」とマジで驚くと、「○○ちゃん(←私の名前)大好き!いつもすごく驚いてくれるから〜♪」と言うのだが、実際、すごく驚く。

その子がどれくらいかわいらしいかと言うと、まず、結婚式のための衣装合わせをした時には、周りに偶然居合わせた人が、全員、ザーッと注目したというエピソードがある。なんでも、モデルさんが来て撮影でもすると思われたらしい。
ダンナ様が、これまた見目麗しいので、美男美女カップルと言われた。この方は、新居に遊びにお邪魔した時も気遣いがすばらしく、来客の一人一人に向かってふさわしい話題をふり、話してる時も、まんべんなく一人一人の方を見ながら話すという、とっても紳士な方で、見目麗しいと言っても、そんじょそこらのチャラ男とは明らかに違う、しっかりしたダンナ様であります。

この前も、その友だちはテレビの取材を受けて、そのカットはしっかり採用されていた。本人は、テレビってトシがわかるから嫌いとか言っていたけど、やっぱり27歳にしか見えなかった。。。

紹介はこのくらいにして。
なんでこの子がいきなり出て来たかと言うと、このたび彼女が、私にとってとても役立つ名言を吐いたからなのでした。
今年のSMAPコンサートで会った時知ったのだが、なんと、彼女は熱い熱いファイターズファンになっていた。それ以来、SMAPだけでなく、北海道日本ハムファイターズの話題についても、メールするようになった。

そして、この秋、ドラフトで例のハンケチ王子がファイターズにやってくることになった。

当初、ま〜くんと取り替えてほしい!という一致した見解をやり取りしていた私たちだったのだが、先日たまたま、ま〜くん登板の東北楽天ゴールデンイーグルスと斎藤佑樹登板のファイターズが戦う時のことを妄想して、切迫した気持ちになった私が、いったいどっちを応援すればいいの!?と彼女にメールすると、「○○ちゃん、今ごろになっても、まだそんなこと言ってるの!?今季は、1勝に泣いたでしょ(2号注:引き分け一つの差でファイターズは4位になったから)。来季は、『今日は佑ちゃんだから応援しない』とか、そんなことは言ってられないの。全試合、全力で応援しないと!」という返事が来た。
私といっしょにあんなにブータレてたのに、いつの間に「佑ちゃん」とか呼んでるし!?という、その変わり身の速さにも大いに驚いたのだが、そのあとに名言が書いてあった。

「ま〜くんは、私たちが応援しなくても勝てるから!」

…そっかそっか。確かに。。。

その一言に、私はいたくナットクしたのであった。

しかししかし〜。
そうやって、札ドで、ま〜くん対斎藤佑樹氏が投げ合う試合で普通にファイターズを応援したとして、間違ってファイターズが勝ってしまった時のことを妄想すると、やっぱり。。。
「高校で負けて、プロでもま〜くんはハンケチに負けるのぉ?」って思うと思う。そんなの悲しい。。。

今、ダルビッシュくん対ま〜くんの時は、普通にダルビッシュくんを応援しながらま〜くんの姿を堪能し、試合が終わったら、「ダルく〜ん♪」とともに「ま〜く〜ん♪きゃ〜」みたいなノリにパッと切り替わって何の問題もないのだが、相手が斎藤氏となると、試合中から「高校では負けたけど、プロではま〜くんが勝ってほしい」という、まことに複雑な心境を拭えない気がする。フタを開けてみないとわからないものの。。。

んーむ。

唯一、救いは、ファイターズの一員となるハンケチ氏のけなげな姿を見てると、おんしもつらかろう…という、武士同士の(って、私は武士か?)情けにも似た気持ちが芽生えなくもないというところか。

でも、友だちの「ま〜くんは応援しなくても勝てる」の一言をたよりに、応援はファイターズ、でも勝つのはま〜くん。という図式になればいいわけだ。すまぬ、斎藤。。。

とかなんとか言って…来年、実際札ドで相見える時が来たら、私自身どういう心境になるか、今からとっても楽しみです♪(2号)

2010年12月06日

on メール。

メールがアウトな男。。。

わたくし、大変興味深い問題で、友だちから意見を求められました、2号です。
これが、目からウロコ(?)と言いたくなるような発見というか、新鮮な驚きにつながったので、書き記しておきたいと思います。

その前に。
友だちは私がブログをやってるなんて知らないし(そうやって、私はいつも勝手に友だちたちのことをネタにしている悪い女です。。。)、私自身、その友だちの知人である当事者のことを知らないし会ったこともないので、私をリアルに知ってる方がこれを読んでも、ゼッタイに当人とはつながらないと思うので、書いてもいいよね?
それに、この発見を書くことは、実はほかの人にも当てはまるというか、役に立つことかもしれないという気がするのです。でも、ごめんなさい。と、一応謝っておこう。

問題のあらすじはこうです。
その彼女は、男性を紹介された。会ってみるとまぁまぁいい人で、まずは気軽な感じで「お友だちから始めましょう」となり、まだ頻繁に会う間柄にはなっていないけど、週1とか、少なくとも月数回っていう感じで会ってるそう。昨今では当たり前なように、メールのやり取りもしている。少なくとも、男性の方からはほとんど毎日メールが来るとのことなので、おそらく男性の方がより積極的な気持ちなのではないかと想像される。
そして、このメールが問題だった。
友だちは、その彼女に相談された時にメールの一つを見せられて、彼女の気持ちはすごくよくわかると思ったと。だけど、友だちも彼女も何が悪いのかとかうまく説明できないので、対処しづらい状況にある。ということで、一応、文章のことなら私だろうという大いなるカン違いのもとに、彼女の許可も得て、そのメールは私にも見せられることになった。
それは、私がこれまで見た中でもっとも長いメールだった。。。

こういうのが毎日来るの!?
と、驚愕したら、これは一番長いのを選んだとのことで、とりあえず安心(?)はしたものの、とにかく毎回、普通以上には十分長いものが来るらしい。ちなみに、見せられたメールは転送するのもはばかられるくらい長いということで、プリントされてました。小さい字で、4枚のA4の紙に。

印象としては、憎しみに満ちたようなメールでした。
どうやら、二人が会った時に話した内容をあとからメールで発展させてるような感じで、会った席で実際に彼女が「○○な人が苦手」と発言したことに対して同調してあげようとするあまり(?)、実例とともに、その○○なタイプの人たちに罵詈雑言を浴びせるように延々と綴られてました。ちょっとコワくなるくらいの感じで。
そして、その「苦手な○○」発言が二つあったために、X2となり、膨大な長さになった模様。
私の第一声は、この男はパスでしょう〜〜!!(キッパリ)

ところが、悩ましいのは、本人はとてもいい人らしい。この数カ月、実際に会ってる時にこういう面を見せたことが今だになくて、そんなイヤな感じのことや人の悪口を一言も言わない。しかも、会う回数を重ねるほどに、むしろ、好感度がちょっとずつではあるけど高まっていくくらいで、このメールさえなければ…と言う。
だったら逆に、このメールのおかげで隠れてる本性が見えたと思えば、よかったんじゃないの!?結婚とかしたあとでわかるより…って話にもならないか?であれば、めでたくもありめでたくもなしで、シャンシャンなのだが。。。
このメールのあとには、「ちょっと酔っていたので、調子に乗って長く書き過ぎた」と謝りのメールも来てる。というので、んーむ、確かにビミョーだなぁ、と。(ちゅうか、おわびは「長い」っていう部分だけなのか!?っていうのはあるが…)
酔うと人が変わるけど、それさえ気をつければごく普通で、何の問題もなく結婚生活を送ってるっていう人たちもたくさんいるしね〜。

そうよそうよ〜。

で、だったら、何が問題なの?となる。

そこからさらに、このほかの毎日のメールがなぜ長いかという話になり、確かにそれは、見せられたメールにも随所に現れてる特徴ではあったのだけど、とにかく、例えとか比喩が異常に長い!!
○○から立ち上る香気があたかもXXの様相を呈して、△△へと退行して行くフンタラカンタラがドウシタコウシタみたいな…。こういうのが、誤字脱字、テニオハの乱れ、主語述語の不一致などなどとともに延々と続き、途中でワケがわからなくなって(少なくとも読む側にとっては)、文章が至るところで破綻しているのであった。
ただでさえ読みづらい内容なのに、失礼ながら文章がひどいので、好意がある相手のものでなければ読むのが苦痛と言ってもいいかもしれない。
たぶん、本人はわかっていない。わかっていたらわざわざ書かないもんね。

結局、このわたくしへの相談とは、この文章は誰が見ても本当にうまくないのかどうか、ということの確認と、プラスアルファ、気持ちよくおつきあいするための解決方法について、第三者のご意見でもあれば賜りたいということだった。

彼女は、この悪しきメールのクセ(頻度のわりに長いということ)を直してもらいたいというのが第一みたいなのだが、それがムリなら、メールは用事のある時だけにして、それ以外のやり取りをやめたい=会うだけのおつきあいをしたい、ということのよう。

思うに、異常に長い比喩状態に入る前後の文章は、うまくはないけど、まあ普通なので、短く要点だけを書くように頼めば解決するのかも。
ただ、もしも本人が、文章とそういう比喩的表現に自信を持ってる場合は(この場合、大いにその可能性が高いのだが)、プライドを傷つけることになる。それと、メールのやり取りをやめたいというのは、うまく言わないと真意を誤解されて、つきあい自体がしぼむ危険性が高い。拒絶されてる感を与えかねないから。

そこで、友だちは、文章なら私だと思って、こういうことに関してうまい言い方はないか訊いてみると言って、こうなったというわけだ。

あーでもない、こーでもないと話し合うも、これがなかなか難しいよね〜。上記書いたように言うしかないのだけど、相手がすごく素直な人かどうかもわからないし、プライドが高かったらマズい。物理的な事情で長いメールが受け取れないとかいう方便的なウソがつければ…とも思ったが、今どきどこも大容量だし、パソコンが壊れたっていうのも期間的に限度があるし、バレる危険がある。
せいぜい、「私、頭が悪いので、長い文章は理解するのが大変だしぃ、○○さんの文章は格調が高すぎるのでぇ、バカでもわかるように書いてくれませんかぁ?うふっ」とか言うしかないのか??
しかし、友だち情報によると、彼女の方が最終学歴が高いとのことなので、それもイヤミか?、となる。
かくして、相談自体は力及ばずな結果になった。(添削してあげられたら一番いいのだが)

っていうか、サッサともっと深い関係になって、メールやり取りしなくて済むくらいいっしょにいるようになっちゃうのが、一番話が早いと思うのだが。。。


さておき。
「メールで価値を下げてしまう男」かぁ…と、このあと私は、ミョーに興味深く考えました。
メールすること自体は今や当たり前で、このようなケースでメール交換しないのはむしろ不自然なのかもしれない。
昔は、つきあいと言うと会うのが一番で、あとはせいぜいが電話。距離があれば手紙を使う場合もあっただろうけど、たいてい毎日とはならない。
でも、メールは毎日どころか、日に何度も、というのも可能なツール。そして、電話は顔が見えないから…なんて言ってた時代もあったけど、メールはもっと危険だ。イントネーションや声音すらない言葉では、真意が伝わりにくかったり、誤解されたりがままある。不思議なことに、似たようなツールである手紙よりも。

そして、「電話は相手の都合を考えない」ということで嫌う人がいるけど、今回のケースを聞いて、メールにも「相手の都合を考えない」が当てはまる場合があるんだなぁと思いました。確かに、送られた時点での受け取り側の拘束感は比較的低いのだけど、やたら長いとかなると、人によっては通信料に影響する場合もあるだろうし、読むのが大変、返事も大変という問題も出て来る。書いてる側は、時間に制限なくいつまででも書いてていいわけなので、リアルタイムで話す場合より話が長くなりがちなのでしょう。

一方で、内容がなさ過ぎる、文章が稚拙、軽い、誤字脱字が多いなどのメールも、マイナスイメージにつながる危険があるし、人によっては「短い」メールは知性が感じられないとか言ったりもする。考えて行くと、ますます難しい。。。

昔は、書くのが苦手な人は、筆無精とか言っていれば自分の文章を披露する機会をほとんど持たずに切り抜けられたものなのだけど、今はそうもいかないのかなぁ。

そして、今回のケースの男性。
成就させたいおつきあいで、わざわざ自分の不得意なことを披露し続け、ポイントを下げ続けるなんて愚行は本来あり得ないのだけど、メールをしないことの方が不自然というご時世なために、そうなっちゃってるんだなぁ。と気づいて、ものすごくいたたまれない気持ちになりました。まあ、この人は、不得意なことをしてるとは思ってなくて、むしろ、小説的なすごい文章を書いてると自負していて、それをアピールしてる気もするので、二重に気の毒な状況なのだけど。。。

昔を知らない若者でもないのだから、おつきあいとは、本来、毎日メールする必要は実はないんだ(でなければ、メールがなかった時代はつきあいが成立しないはず)ということに気づく。そして、自分がうまくできないことをやり続けて、見せつけ続けるということはむしろマイナスなんだという当たり前のことに気づく。
この2点を、その男性にクリアしていただくことができれば、この彼女の問題は解決するのだけどなぁ。

メールのマナーとか、相手の心をつかむメールとか、メールでやっちゃいけないこととか、モテないメールはここがダメとか、いろんな講座めいたメールのあれこれが、ちまたにはあふれている。今まで、そういうのを目にしてはいても、自分にはあまり関係ないとか(←ここがダメ)、こんなひどいメール書く人いるのかなぁとか人ごとみたいに思って流していた(←ここもダメ)けど、今回はそんな「メール」のことをしみじみ考えてしまいました。私も、もっと精進しなければと、大いなる自戒も込めて。
ともあれ、おネエさんは、二人がうまくいくことを祈ってるゾ。(ホントです!)(2号)

※個人的な興味から、この男性に手紙を書かせたらどうなるのか、はたしてメールと同じ結果になるのか…というのを、見てみたいのだが。。。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。