2012年09月19日

on 平均。

このわたくしの中を駆け抜けていった
日本人の体躯の向上。。。


雨ですね〜2号です。週末晴れてくれればいいんです。

さて。これを、わたくしはずっとメモっておこうと思っていました。
日本人女子の体躯がいかに変わっていったか。

まず、私について言えば、身長160センチ、体重ン…キロ。おそらく、かなり平均的かと思われます。少なくとも、同年代においては。
多少、昭和のニオイはしますが、昭和の中でもやや先端くらいは行っていたのではないかとも思います。なぜかと言うと。。。

ちなみに断っておきますが、これはいわゆる美容的に言うところの「スタイル」の話ではありません。あくまで、「体躯」の話です。

で、なぜかと言うと。。。
私が子供のころは、既成の服を買うと、袖が短かったのです。それはなんとなく覚えてました。親もそう言っていたし。
ある日(中学生くらいか??)、鏡の前で全身を見ていた私は、何かがおかしいことに気づきました。どういう勘違いか、人間たるもの、腕を両脇に垂らすと手先(までの腕の長さ)は脚の付け根のところで終わっているものだと思い込んでいたので、自分の手先が脚の付け根ラインを大幅に超えていることに驚いたのだった。本当は誰でもそうなのだけど、私の体は間違っている、おかしいと、親に文句を言おうかと思ったくらいショックだった。
自分は異常に「腕が長い」のだ(なのに、脚は短い!とWのショック)というコンプレックスを持つことになった。

これはもちろん、その後、誰でも脚の付け根以上に手は長いと気づいたし、「手脚は長い方がいい」(あくまでも、「脚も」なのだが)という意見もあると知って、どうでもよくなった。そして、ここが大事なのだけど、子供のころみたいに、既成の服を買って袖が短いということもだんだんなくなっていった(そのかわり、肩周りがきついとか袖ぐり(ワキ)から胸にかけてがきゅうくつということはよくあったけど、たぶん肩張り体型のせい)。

さらにその後、今よりもっと若かったころのけっこう長い期間、洋服屋さんで試着をすると、「採寸して作ったみたいにピッタリですね」と言われていた。それは、いわゆる「M」とか9号とかそういうサイズで、つまりはごくごく標準的ということだ。私が、日本人の平均にぴったりとおさまっている時代がやってきた。

それからしばらくすると、スカートなどのウエストがふつうサイズで63センチだったものが、64という商品が出始める。まあ、お年ごろ的にその部分はそうあってくれるようになって助かったのだが。

しかし。さらにのち、今度は、ふつうサイズのスカート全体がガフガフするようになった。いや、正直に言うと、ウエストはあっていても、おケツ周り(自分ではおケツも十分幅をきかせてると思っていたのだが)が大きい。(ワンサイズ下げるといいのだけど、それだとハラが。。。)

こ、これはつまり。。。
日本人女子の下半身が、いよいよ欧米化してきたってことなのでしょうか!?

腰が張って脚が長い。ついに、昭和の私を超えて、そういう女子が平均化しつつあるということ。これを、既製服が如実に物語っている。

なで肩が減り、腕が長くなり、胸も大きくなり、というところまではリアルタイムで身近に見てきた感じがするけど、それ以上の、下半身の話になると、もはや世代が違う遠い世界という気がする。街中でしかお目にかかれない、何か珍しいものっていうか。

このわたくしも、上半身まではやや昭和の先端だったと思うのだが、下半身は昭和のど真ん中止まりだったようだ。まさに、昭和と平成の間に位置する標本。そして、もうすぐ完全に淘汰される体型に違いない。
というわけで、最近、パンツの裾を上げてもらうと、これ見よがしの長〜い切れ端が返ってくるようになっております…(T ^ T)(2号)

※っていうか、ごく最近は、上半身も背中周りとかだんだん標準サイズが合わない(大きい)感じがするようになってきた気がする。それでいて、ハラ周りだけが標準以上サイズとは、いったいどういうことなのか。。。



posted by 2号 at 14:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 流行・社会現象・ブームなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

on あっちの。

呪縛!?

若いころから服の好みがあまり変わっていない、2号です。したがって、今も、若い感じの服が好きだってだけで、決して「若作り」したいわけではないので、お間違いなきようお願いします。
とか言ってるのも、今日履いてるキュロット、この前、某夜の大歓楽街にも履いて行ったのだけど、私が待ち合わせ場所に現れたとたんに、「大学生!?(←服装だけ)」って驚かれたことに驚いた。そうかなぁ??だって、これを売ってたお店の店員も、いいトシして同じの履いてたんですけど?

さておき、このところの騒ぎ(?)で、わたくしの2号じゃない方のブログを見たという過去使者が現れたショックはここにも書いたけど、ソヤツ、別件のメールの最後にいきなり「そういえば…」と、私があっちのブログをあまり更新してないことを指摘してきた。これには、またまたビックリ。
発見しただけじゃなくて、コンスタントにチェックしてるってこともビックリっていうかビビるんだけど、なにより、その言い方がちょっと責めてるというか、文句?みたいなふうにも受け取れる言い方だったので、何の筋合いがあってそのような!?と驚いたわけだ(口が滑って、もっと更新しますとか何とか言ったんだっけか??あまり覚えてないけど…)。
なんだかとっても腑に落ちない気分になった。
それなのに、確かに更新頻度が激しく落ちていて、自分でもそれを気にしてないわけじゃなかったのと、あれに限らずどれもこれも、ネタがあっても書かずじまいでどんどん通り過ぎていっちゃってることが最近多いなぁ(最近だけじゃないけど…)という自覚も大ありだったのとで、突然、思い出したように(あっちを)更新したりしてる自分。(そんな自分もまた、腑に落ちないのだが)。

何の呪縛やねん。。。

でもまあ、こういう関心はそうそう続かないものなので、せめて、興味を持ってくれてる人がいる間はそれに感謝しつつ、謙虚に更新しようと思うに至り、こうなっておる。

というわけで、最近、あっちに意識が向きがちになってて、こっちがさらにお留守になることもあるかもしれないと思い、あっちを更新しました、などと、こっちにリンクしてみます、久々に。

http://miha27.seesaa.net/

ここに記事単独のURLやブログタイトルを載せて、またヘタにこっちのブログが検索に上がるようになっても困るので(そんなことがあるのか、ネットの仕組みを知らない私にはよくわかりまへんが)、トップページのリンクにしておこう。

あっちのブログは音楽関係ネタと決めてるので、出来事をダラダラ書くのよりは、ほんのひとひねりくらいはアタマを使う。ボケ防止にもよいかもと思うところ。(2号)

※ちなみに、こっちに書いたことがあるかどうか忘れたけど、あっちのブログは、どういうわけか一番アクセスが多い(あくまで当社比のショボいレベルでの話だけど)。テーマを絞ってるのと、固有名詞(作曲家とか曲名?)が多いから検索にかかりやすいのだろうか??これまた仕組みはわからない。。。

※この記事も、のちに削除の可能性あり!?(笑えるわ、まったく。。。)

posted by 2号 at 11:39| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

on 総ざらいセール?

過去からの使者??

いやいや、この時期、わたくしの住むこのエリアで真夏日になるって、いったい何のご祝儀なのだろうか??夏、それも文句言いながらも暑っついのが好き、というわたくし2号としては、ありがたくこのご祝儀をちょうだいしておりますが。。。
(しかし、地球的には見過ごせない何か重大な異変の一現象なのだろうか、という危惧も、もちろんある)。

さてさて、今、私はボー然としている。
ボー然どころか、けっこうなショックで、もうどうしていいかわからないくらいな、何かにつかまらないと立っていられないくらいな状態になった。

別ブログには書いたのだけど、今年は、何のフタが開いたんだか、昔の知り合いが大挙して私に会いに来る。何で今ごろこの人が?というのとか、次から次へと。
っていうか、私も相手をたまに思い出すか出さないか程度、あるいは、ほとんど忘却の彼方?くらいな「この先の私の人生に再び登場することはない」とキッパリ言い切れていたくらいの人たちだ。
どうして、みんな、今年は私を思い出すの??

(いろんな人に急に連絡を取りたくなった、その中に私「も」含まれていただけの場合もあるやろ、と、解釈される方もおられると思いますが、会ってみると、そういうことではない方がほとんどです)。

そして、さっきメールを開いたら、FBで元カレから友だち申請。なんでやねん。。。
ちゅうか、アンタもかぃっっ!!(←と、乱暴な関西弁になってしまうほどの衝撃)

去年か一昨年もFBで同じようなことがあって、その人とは別れたばかりで、しかもこじれた幕切れだったのにさらにしつこくしてきたというパターンだったので完全スルーしたのだけど、今回の彼は超意外。半年くらいの短い間柄だったし、あれから数年経っている。なぜこのタイミングで?
この人も、以前はよくFBで「知り合いでは?」と表示されるところに登場してて、「あわゎ…」と思ってはいた。私のことが相手に見つからないようにと祈ることしかできなかったのだけど、そのうち表示されなくなったので、登録はずしたのか?と安堵し、すっかり忘れていた。
前から私に気づいていてこのタイミングなのか(なぜ?)、たまたま今気づいたのか(ちなみに、私はFBでも素性をできるだけ隠している)。っていうか、気づいてもスルーしてほしいところだったのだが。

で、さっきから、これを書いて気分をなだめつつ、すごく悩んでいる。
前だったらムシしてたと思うのだけど、この、今年というタイミングでやって来たので、申請を承諾したらこの人も「会いたい」と言って来るのかどうかということに、なにげに興味がわいたので、試しに承諾してみるか?
しかし、それで面倒なことになっても困るなぁ、というのもあり。

いやいや、それだったら、わざわざFB経由しなくても、ほかの人みたいにメールで連絡してくればいいのだから、あまり深い意味はないのかも?

少し考えてから決めよう。。。

そんなこんなで、先日も、2年ぶりの過去からの使者(2年というと最近と思われるかもしれないけど、切れ方としては、今後二度と会うことがない人と思っていたので)と会ったわけなのだけど、ハッキリ言って、私と多少縁のあった人物歴の中では1、2を争うチャラ男(特に外見)だ。音信不通になった言い訳と、急に連絡してきた理由を述べるので、ふぅ〜んと聞いていたらば、今度ツーリングにつきあえ、と。バイク持ってない。。。と言うと、もちろん2ケツだと。
んーむ。わたくし、大学生時代は男子たちがけっこうバイク乗っていた(キャンバスがバカ広かったため)ので、何度も2ケツしたことがあったのだが、距離に比例してコワい瞬間に遭遇する確率が高くなるということを鮮明に記憶しているし、ヘルメットでごっちんこするたんびに怒られたというトラウマもあって、イマイチ気が進まない。なので、「バイク持ってない」などと当たり前のトンチンカンなことを言ったりしてしまったのだが。。。
というか、そもそも、コヤツの異常なまでのアウトドアぶりが発端になって、ダメになったんではなかったか!?
全然、変わってない。。。
いや、今度はこっちを引き込もうというふうに作戦変更したのか。。。

仲間と行けば(≒行ってれば)いいやん。と言うと、オレのモテキは終わったみたいだ。。。と、しんみり言う。
ホント、失礼なヤッちゃな〜。と、思いつつ、考えておく、とは言っておいた。
しかし、このトシだとえらく疲れそうなのだよな。あるいは、乗馬効果のようなものがあって痩せられたりするのか??今年は困ったことに、冬のあと食欲の春、食欲の初夏が来て、盛夏となっても夏痩せもしないという異常事態が起きたために、余分3兄弟が3シーズン分たまってる身としては、天高く馬肥ゆる秋の前に何とかせねばと思ってはいるのだが。。。

そして、また別の過去使者の話だけど、驚いたことに、ブログ見たよ、と言った人がいた。(このブログじゃなくて、あっちの。こっちのは最後の砦なので、こっちがバレたらもう諦める)
何度も言うように、私は広めたくない方で(特に、リアルで濃い付き合いのある人には)、まったく宣伝しないどころか、むしろ隠そうとしてるので、知ってしまった人しか見てないはず、というか、バレてないはず、というのがあって、えらくビビった。どうしてわかったの?と訊いても、いや、ちょっとたまたまね、みたいにごまかされた。今現在、拝ブログの存在を知ってる人たちとこの人は、まったくつながりがない(はず)。
けっこうショックだった私は、この事件を密かに検証し、いかに彼が見つけたかの仮説を打ち立て、今後同じことが起きないとも限らないと、このところせっせと過去のブログをチェックして、まずいところ(特に他ブログとのリンクや、コーフンのあまり表現が不適切に(?)なっているところなど)を修正したり削除したりした。(どういう労力やねん。。。)。まあ、もう遅いという話もあるけど、今後のために、だ。。。(どんな今後や。。。)
ブログの前にTwitterやってるとかなんとかの話もしてたので、これも危ないと思い、さかのぼれる限りチェックして、ツイートも一つ削除しておいた。やれやれ。。。

いったい、何の騒ぎやねん。。。

それにしても、この過去使者現象、本当に不思議です。思うに、今年、私から何かの憑き物が落ちたってことなのかもしれないなぁ。。。(2号)

※この記事、今後、支障が出そうになったら、削除すると思います。。。

posted by 2号 at 13:24| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛・結婚・男と女・人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。