2017年07月17日

on 美容院。

愛と哀しみの、美容院。結論。

昨日、当地は土砂降りの雨に見舞われ、今日は暑さすら感じません、2号です。
それゆえ、イロイロ物議を醸したわたくしの髪の毛も、今日はばっさりと無造作に下ろされたまま。週間予報では、1週間先の予想最高気温が20℃行かないなど。もうちょっと夏がほしいけどなぁ。。。

そんなわけで、前回の続きです。

美容院について、わたくしの開いた「悟り」。
これを最初に言語化したのは、忘れもしないーーー私の窮状を見かねたダーリンが、世の中には美容と理容と両方できる人がいて、そういう人の方が余計なチャラチャラをはさまずに(?)真面目に忠実にこちらの希望の実現に邁進してくれるのではないか、と、そういう(お年を召した経験豊富そうな)人を紹介してくれて、行って帰って来た日のこと。

その日、理容院の椅子で私が倒されている間に、ダーリンから血相変えたようなメールが届いていたよね。
「どこに行った?」「何があった?」
電話も数回着信していた。

なにしろ、 な・な・じ・か・ん  かかったからね。

14時〜21時。7時間ですよ。

その、お店貸し切り状態の7時間の間、理容院の椅子の上の私の中で、これまで漠然と渦巻いていたモノが言語化して行って、悟りとして静かに結実することとなったのでした。

その日はすごい吹雪で、悟りを開いた私は、股下くらいまで積もった駐車場の雪を踏み分けて、半分くらい埋まっていた車にたどり着き、ほとんど手だけで雪をかき分けて何とかドアを開けて乗り込み、ダーリンのメールに気づいても返信するより先にとにかくここを脱出することだけを最優先に、分厚い新雪の中、何度も車をミシミシギシギシと前進後退させてムリヤリ道路にギュィンと弾け出て、やっと家にたどり着いた。

そして、玄関で待ち構えていたダーリンに語られたわたくしの悟り、静かに開いたはずなのに、しゃべり出したらどんどんボルテージが上がって、あふれてあふれて止まらなくなったのだった。。。

というわけで、その時のボルテージを極限まで下げて、わたくしの悟りをメモっておきます。

注)例外的なお店もあるだろうし、この上なく相性のいい美容師さんと苦もなく出会える人もいる、ということをわかったうえでです。

・美容院とは、何もしなくてももともと素材がいい人が、もっときれいになるために行く所。
・多少の好みの違いはあるかもしれないけど、そういう人はたいていどこの美容院に行ってもそれなりに満足いく仕上がりになる。なぜなら、そういう人を基準にしたカットやパーマのやり方(のみ)を美容学校で教えているから?
・そう、美容師さんは、学校で習って来たことを忠実にやっているだけ。そういう意味では、彼らに罪はない。ただ、素材に合わせて臨機応変にやり方を調整する技量、つまり、この人にはこうした方が似合うとか、この人の欠点はこうで、こうやったらカバーできて、ちょっとはきれいになれるとか見抜いて、それをちゃんと実践できる一歩上の技術や経験のある人にしかうまく扱えないという素材(お客)がいて、そういう美容師さんは少ないのかもしれない。(あるいは、経験を経験として積み上げて腕を上げて行くセンスが足りない?)。
・美容学校では、いろんな頭の形とか顔型とかに合わせて練習するということをしていないのではないか。かわいい小顔の人形やモデルばかり扱っているのでは?私は実情を知らないで言ってますが、これまでの恐ろしくたくさんの経験から、そう思っている。髪質については多少勉強してるのかなってわかるんだけど、それ以外は。

・美容師さんの最大のネックは、施術が終わって帰したお客の「その後」を知ることができないこと。最後にどんなに念入りにセットしてくれて、さあ、どうだ!!となっても、帰り道に外気や風や時には雨にさらされたとたんにその形は消え去り、家に帰ればまったく別物と化しており、よっぽど女子力高くない限りは、後日、素人がシャンプーしてそのあと何かしようとも、再現できない。美容師さんは、そういう顛末を見ることはほとんどなく、こういうお客の不満も知らない人が多いと思われる。でないと、何度行っても、意に添わない形にされることの説明がつかない。
・実を言うと、ふつうの女子でこの最後の(斬新で)念入りなセットに不満のある人はけっこういて、みんな「ふつうにそれなりにすてき」を求めているんだけど、この「ふつうにすてき」が難しいらしい。
ヘアカタログには、念入りに整えられた髪型がいっぱい載っていて、なるほど素敵に見えるけど、たぶんそれはその場だけ形をキープできれば済む雑誌撮影だけのもの。現実の生活ではふつうの人にはできないし、やってもスプレーでガチガチにしないと保てない?

・新しい技術、新しい流行があればそれを取り入れようとするのは、美容業界だって例外じゃない。洋服は、自分で買う時にそれを選ばないことができるけど、美容院ではちゃんと断らないと、結果、似合わないことになろうとも、よかれと思って新しいことを施され(がちにな)る。こっちも、いつも古いスタイルをお願いするのは、美容師さんにとってやりがいがなく、イヤがられるのではという遠慮があったり、飽きて来たから前と変えたいと自ら思うことがあったりして、そういう時に「じゃあ、今日は任せます」ってなる。その結果が、たまたま自分に似合わない、というケースが生じるのであり、やってみなくてはわからない、やっちゃったらカンタンには取り消せないという、美容業界の特殊な事情をよく理解しておくべし。
私の場合は、ほとんどがそのパターンに陥るので(つまり、何でも似合う素材じゃないってこと)、これまで不満しかなかっただけのこと。

・美容師さんは、しょせん他人。しょっちゅう会うわけでもない、お店に来てる時の様子しか知らないお客を、本気で絶対的にきれいにしてあげよう、って、思ってはいるだろうけど、たぶんかなり限界がある。遠い他人だから、その人の「一番いい」レベルを知らないし、仕上がりが一番よくなってなくても、正直、どうでもいい?よね?、店でたまに会うだけの人だし。でも、お客本人は自分を知り尽くしてるから、不満が出てしまう。明らかに自分としては全然よくないと思ってる仕上がりなのに、鏡を見せて「すてきになりましたよ」と美容師さんが自信満々に言うってことは、「あなたはこの程度で精一杯です」と思われてるか、その人の一番いい時を知らないから、本当にその程度がそのお客なりの十分「すてき」だと思ってるのかもしれない。この溝は埋まりようがない。
・こんな”他人”の「一番いい」イメージを初見で見抜く目と実現する技量を持った美容師さんもいるのだろうけど、残念ながら(一瞬だけしか)会ったことはない。


つまり。
最初から過度に期待してはいけない、今までの不満な結果は起こるべくして起こっている当たり前のことで、怒る方がおかしいんだ、そういうもんだと諦めて受け入れるしかないんだな、と。
むしろ、美容院向きの素材(?)じゃないこっちが悪い。
百歩譲っても、美容師さんのやる気や実力を引き出すような、魅力的な素材じゃないってこと。

もっと言えば、美容師さんをはじめとする、自分以外の他人の方々は、私が髪型によって自分で思う一番いい状態になっていないとしても、まったく気にしてません。気にしてるのは、自分だけ。。。
(こう言うと、ミもフタもないんですけど)

これまで美容院への気持ちは不満と怒りと哀しみでいっぱいだったけど、こうして冷静な文字列にしてみると、世の中にどうしようもなく存在する現実の一つ(不公平?格差?みたいな?)でしかないのかもしれない、という気になって来る。
そうわかったうえでお金を払うのか、わかるから払わない道を選ぶのか、なのだ。(なんか、選挙みたいだ)

あとは、残念だけど、最低限の自衛策として、パーマをかけなければいいのです(※1)。そうすれば、致命的なことにはならず、多少のことは自分で直せる。
傷を負うなら、小さく、です。

あ、だったら、やっぱり行く必要ないのか、美容院。。。(2号)

※1
パーマって、最初は多少キツ過ぎるくらいにかかってないと一定期間もたない。最初からいい感じだと、すぐに取れてしまう。そういうものらしい。
何もしなくてもいつも同じ髪型がラクに作れる状態を長くキープしたいがゆえに多少キツめにかけるパーマが、仕上がりの残念さの元凶なのかもしれない。確かに、最初はヘンなパーマも、1カ月後くらいに馴染んでいい感じになる場合が、ないこともない。
常にパーマヘアが素敵になってる人は、すぐに取れてもいいくらいのパーマを(髪のダメージが許す限り)常にかけ続けてるか、その場限りのカールを施してる人なのでしょう。
そもそも1回のパーマを長く持たせて、手間とお金をラクにケチりたいという虫のよさは、女子力の高さの対極にあるもので、そういう貧乏根性の持ち主が美容を語るな、ってことなんだな。。。



posted by 2号 at 14:46| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 実録・事件簿または頭に来た! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

on 美容院。

愛と哀しみの、美容院。リターンズ。

相変わらず、髪を上に上げている2号です。表現、ボカシました。
今日は、当地が全国で一番高い気温だったらしいです。でも、羽田経由で埼玉の実家に向かったダーリンのTwitterによると、あっちに着いても「ちょっとはマシ」と思えないとつぶやいて、否、ぼやいている。やっぱり、湿度が違うんだと思います。今、室温30℃あるけど、湿度ギリギリ50%ないくらいだし、昼間も60%くらいだったはず。外は知らんけど。

というわけで、一人ぽちの夏の夜。
髪の話が出てるので、久しぶりの愛と哀しみシリーズ復活してみました。
これも、前々からメモっておかなければと思っていたので。

美容院についてのアレコレ(主に不満)は、以前もここに書いた。
最後の記事はこれだろうか。
http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/131617122.html
ここにそれ以前の記事のリンクも貼ってるんだけど、美容院に対してはそれだけイロイロあるってことの証左だね。

さておき。
その後も、知り合いに紹介してもらった別の所に行ったりしていたんだった。紹介者(男)はデザイナーで、しょっちゅう(床屋じゃなくて)美容院に行ってるらしく、スタイリストの知り合いもいるし、きっといい所知ってるだろうって思って教えてもらった。
で、まあ最初は、これまでの経験からまったく期待せずに行ったので、あまりに腰の低いいい人だっていう、主に人物面に好感を抱いたのと、仕上がりも、もちろんすばらしくよくはなかったけど、まだそれ以前よりはマシだと思えたってことで、そんな低レベルの基準とはいえ数度通うくらいには”及第点”だったのでした。
が、しかし、2回目、3回目と少しずつ、前回の改善点を織り交ぜて希望を伝えるようになってから、狂い始めたんだな。っていうか、実は、その美容師さん、「まったく話が通じてない!?」と思わざるを得ない人だったのだ。
前を長めにって言っても、前が短くなっている。髪色を明るくって言ったのに、施術前より暗くなっている。極めつけは、導入したばかりだというマッサージをやられてる時に、あまりに痛いので「もうそのくらいで」とお願いしたのに、私の頭皮がナンチャラで、もっとやらないとダメです!って、よかれと思ってだろうけど、やめてくれなくて、痛くて痛くて、そこで私の中で何かがブチッと切れ、それから行くのやめた。否、それから何年も美容院自体に行かなくなった。

だって、やってられないもん。
こんな思いして、毎回2万近く払わされるなんて!!!

そうだ、あの地獄のマッサージの数日あと、カッパのお皿型の頭皮がベロッと剥けたんだよ!?

えっ!?それが狙いだったの!?

まさか。違うよね。。。

もう美容院、美容師は信用できない。
もともと髪は自分で切っていたし、パーマだけはできないけど、カラーも市販ので何とかしのいで生きて行こう。

こうして月日は流れ流れて。
ノド元過ぎれば…って言うけど、なかなか過ぎなかったよね。

5年はかかったかな。
いや、それでもまだノドにしっかりあったけど、「必要性」が生じて、ついに再戦の時が。

あれから、業界全体の技術も進歩してるかもしれない。
新しい薬剤とかあるかもしれない。
流行ややり方や考え方が変わってるかもしれない。
意外に、都会のプライド(←私の想像から来るイメージ)のない美容師の方がいいってこともあるかもしれない。

なんやかんやと自分に言い聞かせて、しかたなく、再び、美容院の扉を叩いたわけです。

で、結果、今まででも3本の指に入るひどさでしたわ。。。

しかも、そのせいで、わたくしの新婚旅行のテンションが大幅にダウンして、せっかくの一大イベントが残念な思い出としても刻まれてしまうという、最悪の事態を招くことに。。。

そもそも指が3本では足りない。いや、指は10本あるだろって言うだろうけど、3本に入れたいくらいトップレベルのひどい悪夢がたくさんあり過ぎる。
この5年ぶりくらいの美容院では、まず、なるほど以前行ってたころには聞いたことなかったデジタルパーマなるものをあてられたんだけど、それで頭頂部に明らかなヤケドを負いました。
そして、出来上がったアタマは、ラーメン大好き小池さんもビックリな、ちりっちりのヘア。
あれから1年半経つけど、もう元には戻らないだろうね。あのダメージを回復させるには、わたくしの頭皮の若さがちょっと足りないらしく、あとから伸びた部分もなんだかチリチリパサパサの余韻のある髪なんですのよ。

もう今さら驚かないと言えば確かに驚きはしない。
ヤケドは論外として、この時の経験から、わたくし、ついに悟りを開きました。続く。(2号)

posted by 2号 at 21:43| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録・事件簿または頭に来た! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

on 髪型

馬と豚のちがい。

お暑ぅございます、2号です。ついでに、お久しぶりでございます。
1年ちょっと前に某英語圏出身の知り合いができたのだけど、この人と話してると、いろいろとおもしろいことがあるので、ダーリンの記録に加え、こっちもここに書いておこうと思います。
つきましては、この言い方がいいかはわからないけど、そのために新カテゴリを追加しました。彼の考え方とか、身につけてる習慣とか、言動活動などをとおして、私も一瞬、新鮮だったりびっくりしたりするような見地に立って(外国モードに入って)モノを見たり考えたりさせられることが多々あるので、そういう意味を込めてみました。

で、さっそくだけど、昨日、彼はやって来た。
名前は、仮に「Bさん」ということにしておく。
昨日の第一声は、「おぉ、ピッグテイルしてるの初めて見たよ」だった。

え?ぶたのしっぽ!?
って思ったけど、まあ、髪をツインテールにしてることを言ってるんだろうって理解はできた。
それにしても、なんで「豚のしっぽ」って言うの?
彼にも、由来はわからないらしかった。でも、一つに束ねた髪は、日本語でもおなじみの「ポニーテール」と呼ぶとのこと。
馬も豚も同じくしっぽは1本しかないのに、2つに分けて束ねた場合だけピッグテイルになっちゃうのはヘンだよね…ってことになり、この二つの生き物のしっぽの形状を思い浮かべながら、その名前の呼び分けは髪の長さとは関係ないの?と訊くと、関係ない、と。

短い髪でも1本結びならポニーだし、長くても2本だとピッグ。
これまで一度も考えたことがないというその理由を、彼はスマホでチャチャッと検索し始めた。

その検索結果によると、そもそも「ピッグテイル」ってのは、乾燥しやすいようにねじって束ねてある「たばこの葉」を表すのに使われていた言葉だったっていうのが大前提にあって、この髪型の毛束がそのたばこの葉に似てるからということらしい。ある時ある人が見た”髪を二つに束ねたヘアスタイル”が、たまたま「たばこの葉をねじった束」にあまりにも似ていたのでしょう。で、そう言い始めて、ついにはその呼び名が定着したってことなのではないか。

A(豚のしっぽ)≒ B(ねじったたばこの葉の束)≒ C(髪を二つに束ねた髪型)
ただし、Aは必ずしもCと似てるとは限らない、っていう図式がよくあるけど、この場合もそれだね。

しかしながら、昨日の私の結んだ毛束は、若干、豚のしっぽに似ていると言えなくもなかった。

ダーリンが帰って来た時に、いつものようにこの話をしたら(Bさんと話した内容を、私はよく夫に教える)、ダーリンはくりんとカールした私の毛束を見て言ったよね。

「でもさ、実は、豚のしっぽって必ずしもカールしてないんだよね」

えっ!?そこ!?そっちなの!?

まったく、うちのダーリンは油断できない。

というわけで、わたくし、こっそり「豚のしっぽ」で画像検索してみました。
結果、圧倒的にカールしてるのが多いですね。たまーに、まっすぐっぽいのもあるようだけど。
まあでも、ダーリンは職業柄、例外や少数派を大事に考えるところがあり、それはダーリンの仕事においてはとてもいいことなので、よしとして。。。
それより、食用に売られてるらしい豚のしっぽたちの画像まで見てしまって、ちょっとゾッとしましたわ。

話を戻して、その後Bさんから「日本ではその髪型はなんて言うの?」って不意を突かれて、「あぁっと…何だっけ!?確か、最近何とかって言い方をよくしてるようだけど…」と、ど忘れ中の私を見て、またチャチャッと検索したBさん、「おぅ、ツインテール?」「そうそう、それ!」と私。

「うん、これいいね。ピッグテイルよりマッチベターだ。英語ではこう言わないけど、わかるよ」

とのことです。和製英語なんだね。

そして、「キミのおかげで勉強になったよ。ありがとう」と付け加えることを忘れない。
いつものように、礼儀正しい(?)Bさんなのであった。(2号)

posted by 2号 at 14:00| 北海道 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 外国モード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。