2018年04月08日

on 「一つ屋根の下のセロリ」1−2

「おみそ汁のだし」案件 その2

結婚して、いきなりおみそ汁のだしの味で夫とスレ違ったわたくし2号。

その話の続きの前にわが実家の話をすると、おそらくうちの母はそもそもはかつお節でだしを取っていたと思われる。ただし、確かめたことはない。私がちゃんと記憶している時点からは、某メーカーの「かつお風味の○だし(顆粒)」を使用していた。そこから推測して、うちの実家は「かつお」と今の今まで思い込んでる次第。
なんだ、ちゃんとだし取ってるんじゃないのかと言うなかれ。うちの母のおみそ汁は、親戚には「ここん家に来るとおみそ汁がおいしいのよね」と言われるけっこう評判のいいお味だ。慣れもあるのだろうけど、私もそう思っている。
だけど、まねて作っていた自分のおみそ汁が同じメーカーのを使っていても同じ味になっていたのかは、今となってはわからない。もう、うちの母は料理をしなくなってるので、今後もあらためて比べてみることはできない(残念だし悲しい)。

で、結婚してダーリンが「煮干し粉」派だとわかって、「煮干し粉」なんてこれまでの私の人生にはボンヤリと聞いたことある言葉としてしか存在してなかったのだけど、夫をこよなく愛するわたくし、その趣向に合わせようと、今度はダーリンのおみそ汁の作り方をまねた。ところが、全然おいしくない。だしの味がきちんとしない。
人が作るとおいしく感じるけど、同じ作り方をしても自分が作るとそれほどおいしくない、ってことは世の常としてよくあって、うちの母などはこの現象を「『手』が違うのよ」と、わかるようなわからないようなことを言って済ませていたが、本当にそうとしか言いようがない。

ここで、「レシピに私なりのちょっとしたコツがある」と言っていた、スタップ細胞の小保方さんを突然思い出してしまうけど、そうとも言えるかも。

うちのダーリンは料理をする人で、けっこう荒技と言うか、適当と言うか、食べれればいいのさってところがあって、それでいてちゃんとおいしかったりする時も多いから困るんだけど、もとが”適当”なのを誰かがまねると、もっと適当になってしまうのかもしれない。そんなこんな試行錯誤が続き、ある時ふと煮干し粉の袋の裏を見ると、ちゃんと使い方が書いてあるじゃあ、あーりませんか。そうか、最低でも半日くらい浸けておかないといけないのか。。。(メンドくさい)

わたくし2号、決めているわけじゃないけど、1日に台所に立つのは4回。そして、その4回のうち、夕はんよりも前の回の時に、煮干し粉を水に浸しておく、ということを思い出さなくてはならないってことだ。ただでさえメンドくさいのに、プレッシャーだ。結局、永遠に昨日も今日も明日も忘れるもんだから、ある時、諦めましたわ。

っていうか、それよりなにより大問題があった。

私は、煮干しだしのおみそ汁が、どういう味に仕上がったらおいしいのかというのが、よくわからない!!!

これが、どうしようもなかった。
時々、もしかしてこれは成功なの?と思わないでもない日もあったけど、確信が持てない。ダーリンは、(自称)味の許容範囲が広い人、なので、味見してもらってもあまりアテにならない。
それに、どっちかと言うと、過去に飲食店などよそで飲んだおみそ汁で、あまり好きな風味じゃないと思っていたおみそ汁があったけど、もしかしてそれが煮干しだしだったのだとすると、やはり自分が育った味と全然違うので、成功しても自分的にはあまり満足して食べられないというのもさびしかった。

ここで、どうしてインスタントの煮干し味っぽい顆粒だしを使わないのか、と、思われるでしょうが、夫が「煮干し粉」の粉ごと摂取することで栄養価が高くなると思っている=健康志向?と思ったのと、夫が高血圧を抱えているためにインスタントものの添加物とか塩分が気になった、というわけなのでした。
味だけの追求なら、スーパーで売ってる汎用品の顆粒だしよりちょっと奮発するだけで、いくらでもおいしい既製品(煮出すタイプとか)がある。でも、おいしいのは、ちょっとしょっぱい。なんたって、うちの夫は「薄味」派でもあるわけなので、私としてはその方向へ妥協するという選択肢はなかった。

友だちに話したら、おすすめのおいしい「煮干し」をくれたこともあった。でも、これも浸けておかなくちゃいけないパターンでしょ。その時点で、すぐに挫折。

その後、ちょっと妥協して歩み寄ることにして、インスタントを使わない代わりにかつお節でだしを取る、という方法に活路を見出そうとした。だしがらをお料理に使うことで、ダーリンの健康志向にも配慮。
でも、かつお節ってけっこうお高いんですよね。規定量使うとすぐになくなるので、ギリギリどれくらいまで減らしておいしさを保てるか日々実験するようになり、最後はもう、味よりもいかに節約するかに意識がシフトしてしまって、結局あまりおいしくないし、やっぱりメンドくさいってことで、これも挫折。

というわけで、今現在は、ダーリンが作る時だけ思う存分好きなように煮干し粉を使ってもらう、という、なんともお粗末なところに着地しております。
でも、そのために、わたくし、いただきものの煮干しや買った煮干しをブレンドして、ミルで挽いてあげてますの。添加物なしの自家製(?)煮干し粉を作ってあげる、ということで、せめてもの罪滅ぼしをしてるんですのよ。(でも、実はこれもメンドくさい。毎日じゃないからやってるけど)。

ともあれ、私はこの案件から(みずから)解放された。

簡単、便利、味が一定。
そして、私は何にも縛られず自由。
前もって浸けておいたり、だしがらの使い道を考えたり、使えなかった時に保存する必要もなし。
おみそ汁本体も、それなりにおいしい。

こんないいこと、あるだろうか!?

インスタントの(かつおの)顆粒だし、万歳!!(2号)

※ちなみに、この案件に関して、夫からハッキリ要望されたり、文句を言われたりしたこともなければ、こちらが逐一自分の考えてることを言ったり、結果を報告したりもしてなくて、ただただ孤独な闘いの日々であった。
したがって、今、顆粒のかつおだしに定着していることについて、夫がどう思っているのかもわかりまへん。。。



posted by 2号 at 18:58| 北海道 ☔| Comment(4) | 夫婦・結婚生活・うちの夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

on 「一つ屋根の下のセロリ」1

「おみそ汁のだし」案件

SMAPファンだったわたくし2号、「セロリ」という歌はそれなりに売れた、それなりによい曲だったとは思うけど、歌詞でどうしても気になるところがあってスッキリしない曲だった。

♪育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ〜

この「否めない」の使い方が、どうにもナットクいかなくて、聞いてて気持ち悪かった。使うなら、「好き嫌いに違いがあることは否めない」って使い方でないと!って。
しかし、2番の「どこ吹く他人」っていう言い方や、同じく「価値観はイナメナイ」なんてもっとふざけた使い方をしてるところをみると、ワザとか??と思えなくもない。「イナメナイ」とカタカナにしてることからも。
確信犯なら、何を言ってもしょうがないと思いつつも、やっぱり気持ち悪さは拭い去れなかった。

ところが、久しぶりにこの曲の歌詞を見てみると、「男女二人の他人ゆえの違い」ということや、それとどう折り合いをつけてやっていくのか、などなど、今、結婚生活で実感してる事実や気持ちに妙にピッタリ来て、驚いたね。以前は、結婚もしてなかったし、言葉の用法ばかりに気が行って、この歌を味わい切れてなかったのかも。

と、相変わらず長い前置きですが、今ごろこんな話を持ち出したのは、今ごろ「新しいテーマ」を繰り出そうと企んでいるからなんでした。
前から書きたかったのに、なかなか余力がなくて書けずにいた、うちのダーリンとのあれこれ。これまで貧弱な頻度でちょっと書いてはいたけど、このたび一念発起して新テーマを創設することで、更新のモチベーションにしようという隠れた意図も。
そんな中、BGMに流れてるのが、この『セロリ』なのでした(ちなみに、山崎まさよしの作詞作曲)。

テーマ名もどうしようかいろいろ迷ったんだけど、セロリがあまりにしつこく脳内に渦巻くので、ここから拝借して「一つ屋根の下のセロリ」という、取ってつけたような名前にしときます、とりあえず。

で、さっそく第一発目の今日、ここまでがすでに長いので、短いヤツを。

「一つ屋根の下のセロリその1〜おみそ汁のだし案件」

ちょっと驚くんだけど、彼のお母様は、おみそ汁にだしを入れない人だったのだそう。まさかと思って「だし入りみそを使っていたのでは?」と訊いたんだけど、いや、自分も気になった時に本人に確かめたら、そうではなかった、と。
私は今でも疑っているし、何となくご本人にも訊けずにいるけど、夫はそう思っている。
で、そんなふうに育った彼が一人暮らしを始めてどうしたか、というと、「煮干しだし」の道へ進んでしまった。それも、煮干し粉を使うという。。。理由は、「粉ごと食べてしまえて、健康によさそうだから」。
理由には同意するけど、私が育った味は「かつおだし」なのだ。そこで、同居となった時に…

ダメだ、長くなる。
この、おみそ汁のだしの問題は、日本人としての再重要案件と言ってもよく、結婚すると夫のためにお姑さんから「我が家のおみそ汁の味」を伝授されたりするじゃないですか。。。
だから、第一発目にしたんだけど、再重要案件だけに、長くなる。
さらに、ここに絡んで来るバックグラウンドとしての「健康によさそう」。これがなかなかクセモノで、健康にこだわっているようで「え?それは?」みたいな場面が多々あるのがうちの夫なわけで、これもけっこう説明が長くなりそうなので、第一発目から「次回へ続く」にしておこう。。。

というわけで、我が家のいろんな「セロリ」、以後お見知りおきのほど、よろしくお願い申し上げます。(2号)
※こんな宣言して大丈夫なのだろうか???
※ちなみにカテゴリは「夫婦・結婚生活・うちの夫」

posted by 2号 at 16:05| 北海道 ☔| Comment(4) | 夫婦・結婚生活・うちの夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。