2009年09月16日

on 会社の作り方

夜の講習。

日が短くなってきて、ポションとした気分、2号です。
しかし、今日は楽しかった。。。

夜の講習。

最近、ミョーに興味のあった「起業」とか「経営」について、市がやってるセミナーに行ってみました。

まず、これまで、会社勤めで実地に断片的に見て来た経営のあれこれが、1冊の教科書にまとめられてて、実際的なお役立ち情報も満載で、これがもらえただけでおトクな気分。
そして、あの時に作った書類はコレだったのか〜とか、単に実務的に必要だからと思って作っていたつもりのアレが、実は大事なものだったんだ〜とか、いろいろナットクできたり、基本的なことを体系的に見ることができて、すごく楽しかったです。ただ歯車として雇われるだけはつまらない気さえする。

起業したい具体的な案件があったというよりも、会社の作り方から経営のしかたの基本みたいなことを勉強してみたいという動機の方が強かったのだけど、最後は、さも起業したいようなフリをして、質問しました。
でも、本当にしたかった質問は、「オジさんのような、起業アドバイザーになるには、どうしたらいいんですか?」。
というのも、「事業計画書」作成のところで、私は色メキだったのである。
これ、特にビシビシとアドバイスできるような気がする。
プラスα料金で、書いてあげちゃったりできるかも。
もしかしたら、本人が本当に考えてること、できること以上のことを書いちゃうかも。(それは、ダメか。。。)

ともあれ、手続き的なことは、ある意味マニュアル的にできる部分であり、覚えてしまえば説明するのはカンタン、あるいは代行できるようになればよい。(設立後に必要な専門家を紹介できるネットワークを持っていればもっといいかも)。
しかし、一番の勝負どころは事業計画書というか、どうやってその事業を成功させるかを考え、実行することなわけだから、この部分で、単に計画書を書くということだけでなく、計画の内容そのものについても、かゆいところに手の届くようなアドバイスができれば、喜ばれるのでは?と。
っていうか、起業アドバイザーの方々は、皆さん、そうしてるのだろうか?
なんなら、経理も、経費をかけずに自分でできるように手取り足取り教えるゾ。

というわけで、本当に起業するフリして、一度、実際にアドバイスを受ける機会を作って、プロのアドバイザーの仕事ぶりを観察してみたいという企みを止められないのだが。。。

今日のオマケ。
同じようなテーマの、別の系列のセミナー案内なども配っていて、そのチラシを見ていたら、昔、仲の良かった知人と同姓同名の人が講師として載ってました。経歴もそれっぽい。
終わってから、担当者に「この人、いくつくらいの人ですか?」と訊いてみたら、トシの頃もピッタリ。間違いない。
ぜひ、参加してあげたいと思ったものの、受講料がお高いのでムリだー。
でも、こんなところで、こんな名前を発見するなんて…。
そうだ、この知人に弟子入りすればいいのか!?(2号)


posted by 2号 at 23:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。