2009年12月07日

on 応援団

大学の剛と柔。

寒い季節にプー太郎だと、自宅の暖房費が莫大にかかる! 2号です。。。
なので、今日はガマン大会でいまだストーブつけず。もっと冷え込むまでがんばる。

っていうか、今朝のワイドショーで、北海道のどこだかの日の入りが15時4○分、本州のどこだかは16時2○分とか言っていて、その差40〜50分!?
これに、朝からえらくアタマに来てました!!
というのも、私の持ち物仕分けが進まなかった原因の一つが、これだから。
いいとこ15時くらいまでしか作業ができないのです、暗くなるから。かと言って、カーテン閉めて照明つけるには、やっぱりまだ早いのです。。。
なので、十分に暗くなるまで待ってから、カーテン閉めて照明ON。
しかしすでに、やる気のモードが若干落ちてるわけで。
この夕方のロス時間と、しょぼいモードのおかげで、夏場に比べて3時間分くらい活動に差が出てしまう。
まあ、もう終わったからいいけど。

そして、ご褒美は…年末の大掃除はしなくていい!!(一部を除く)

というわけで、今日も発掘したモノを回顧し、記録しておこう。

ごたぶんにもれず、我が母校(大学)にも応援団というものがあり、それはちょっとだけ有名な団体でした。
まず、これまたちょっとだけ有名な「寮」があり、おそらくそこを拠点として活動が行われていたもよう。ちなみに、その寮は学生自治の実現を大学側に要求して、日々闘っていた組織の拠点でもあり(寮自体の自治組織もあったみたいだ)、同時に、閉寮の危機に直面していたため(老朽化のため新寮建設ということで)、寮の存亡をかけての闘いも行われてました。これがけっこう激しくて、ある朝、大学へ行くと、キャンパス内でその関係者が自殺してるのが発見されたという事件があり、凍りついた記憶がある。(暗くなってから一人で構内をウロウロするのがコワくなった)。
なんだか、60年代の学生運動が、規模を小さくしてそこだけで熱く燃えていたみたいな感じ。
そんな流れと分ちがたく、応援団も古き佳き時代の名残をかたくなに守り通そうとがんばっていて、そのスタイルが学内だけでなく地元でも愛されていて、ちょっとした名物なんでした。

そして、まったく記憶から飛んでいたのだけど、応援団発行の小冊子というのがいくつかあり、新入生歓迎の「新歓特別号」というのが、このたび私の部屋から発掘されました。
表紙からしてさぞかし硬派な内容だろうと開いてみると、そうそう、思い出した…軟派な内容も満載なのだった。

「入門合コン講座」では、周辺の女子大8校をタイプ別に分けて、チャートをYES、NOでたどって行くと、どの女子大と相性がいいかがわかるようになっている。。。
そして、最後に成功の秘訣5か条も。
1.自分のセールスポイントを前面に押し出せ。
2.夏までが勝負。数を多くこなせば何とかなる。
3.七転び八起きの精神でチャレンジせよ。しかし、あきらめも肝心。
4.最初から大物狙いはダメ。段階を踏んで様子を見よう。
5.カラオケでは歌わない。週刊現代は読まない。をモットーとすべし。

何が何とかなるというのだ!?
っていうか、5が意味不明。
っていうか、4が失礼!!


さておき。
次のが「この地方の人間とはこうつきあえ!」という「日本全国人間特性」。これを読んだ記憶は、確かにある。

北海道:本州のことを今だに内地と呼び、ソ連に近いせいか、時々ロシア訛りが出る。やはり同じ日本人であるということを強調する必要がある。また、札幌は東京に次ぐ日本第二の都市だと思っている人が最近増加して来たので、その夢を壊さないように、いたわりを持ってつきあえ!

東北:暗い人が多い。この地方の人と二人でいると自分まで暗くなってしまうので、天気のよい日の昼間グループでつきあえ。話題の中心は民謡。それが尽きたら毎朝6時30分からNHKの「明るい農村」を見て討論をやれ。もし車の話になったら、クボタ、ヤンマー、ヰセキで迫れ!

関東(除東京):県の位置が把握しにくいので一様に東京に近いということを念頭に置き地図帳でしっかり確認してからつきあえ。特に埼玉と千葉はライバル意識が強く、しばしば「埼玉と千葉どちらが田舎?」という質問をされるが、相手の出身地を聞いてから慎重に答えよ。茨城は納豆臭いのでキムコを上手く利用せよ。山梨、群馬、栃木があることも忘れるな!

東京:日本の中心だというプライドがあり、ファッションに敏感なので、いわゆる○○大ファッション(青、緑、オレンジのウインドブレーカー、短めのラッパのGパン、クラリーノの運動靴、モスグリーンのショルダーバッグ)はゼッタイにきらわれる。メンズクラブ等を見て十分研究せよ。また、埼玉や千葉との比較を好むのでそれを活用せよ!

名古屋:みゃーみゃー、がやがや、うるさいのでつきあわないのが望ましい。やむを得ずつきあう時はオリンピックの話は禁物。ブス生産では量質とも日本一のブス名産地なので、ほんのちょっとかわいい娘の写真を見せてやると、すぐに親しくなれる。また、関東、関西のどちらかに加えてやると涙を流して喜ぶので、個人の判断で、どちらかに入れてやれ!

北陸・中部(除名古屋)・山陰:話題のない所なので会話を必要としないスポーツ等を通じて接しろ。もし話す機会があっても5階建て以上のビルの話はダメ。また、陽、明、光等の字は極力使用するな!でも、鳥取、富山、岐阜はよい所だとの情報あり。

関西:本当にいい人ばかりである。なんの相談にでも応じてくれるし、せこさがなく、よくおごってくれる。また気取りのない関西弁の冗談はレベルが高い。成績も大変優秀で試験の時は、神様仏様的存在である。悪口を言うことを嫌い「千葉が日本列島の盲腸だ」なんて口が裂けても言わない。とにかく安心してつきあえ!

山陽・四国:○○大の中では勢力が弱いので、何も気にせずにつきあえば、相手がこちらに合わせてくれる。注意事項なし!

九州:暖かい所からわざわざ寒い北海道に来るには何か深い理由があるのかわからないが、なぜか九州大学の悪口を好む。酒と言えば焼酎のことだと思っているので日本酒は避けよ。のんびりしているので、ホドホドにつきあわないと自分まで留年してしまうので深入りはするな!

以上のことを完全にマスターすればキミは全○大生と友だちになれる。これからのキミの学生生活は必ずや明るくすばらしくなる!

そうなのか?。。。


ついでに、ギャンブル講座。。。
「ギャンブルには、男のロマンがある。一夜にして巨額の富を得ることもあれば、その逆もある。自分の人生のすべてをかけて日夜修練に励むべし」

○麻雀をするための条件
一、ハングリーであること
一、手品が使えること
一、漢字が読めること(最低で東西南北)

○相手を選べ
一、強いやつとは打つべからず
一、相手のテスト前を狙え

○必勝を期せ
一、常にポーカーフェイスで臨め
一、危険パイをツモったら胃に隠せ
一、迷いが生じたら占いに頼れ

○局面は、こうとらえろ
一、負け始めたら、「まだこれからよ」とクールに一言
一、負け続けたら、「なめんなよ」とクールに一言
一、結局負けたら、有り金はたいて、クールに一言「電車賃貸して」

こんなん…ありなのか?。。。


あとは、大学近辺のコンパ向きの店や合コン向きの店などのマップもあり。もちろん、まじめな記事もあり。

しかし…これらのモノたちも、これだけ回顧してあげたら、ここまで捨てずに持ちこたえて来た意味もあるっちゅうもんじゃないか!?まるで、劣化しかけのカセットテープをCDなりに保存し直した感がある。世田谷小学校の先生も大学の応援団も、鬼・仏表を作ってくれた先輩方も、本望じゃないかと思うところ。
これで、安心してまた深い眠りについてもらいたい。。。(2号)


posted by 2号 at 18:41| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校・教育・勉強・先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北海道は日没が15時台ですか!早いですね。
日本列島は長いんだなとあらためて思います。

2号さんの大学、何だかバンカラな感じがしますね^^;
昔は男子校だったんでしょうか・・・
Posted by ひまひま at 2009年12月07日 22:06

ひまひまさま

北海道は日の出もその分早いんですよね、きっと?
でも、早起きじゃないので関係ないですけど。。。

ひまひまさん、さすがです。
まさに「バンカラの伝統」を守ろうとしていたみたいです。
ちなみに、団服(袴)は洗わないで代々引き継いだりとかしてるようでした。。。
寮祭では、フンドシ姿で寮の2階の窓から下の雪山に飛び降りるという恒例の行事もやってました。

男子校と限っていたわけではないとは思いますが、昔は男子しかいなかったんじゃないかと思います。
Posted by 2号 at 2009年12月08日 14:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。