2010年07月10日

on 江國香織。

私の夫。
〜江國香織『いくつもの週末』

本を読むスピードは遅い方…2号です。
しかし、最近、読んでる時間が長い(電車の移動距離が長いから)せいもあってか、いつになく本をどんどん読んでいます。

私の記憶が確かなら、江國香織さんは、「落下する夕方」という映画が気に入って、その後、たまたま本屋で原作を見つけて、買って読んだのがきっかけだった気がする。
本屋でズラッと並んだ作品たちを眺めながら、そういえば、「きらきらひかる」という映画が話題になった時、見はしなかったけど、その原作者として江國さんの名前を知ったんだったなぁ、なんて感じだった。

何作か読むことにする場合、できるだけ書かれた年代順に読みたいというこだわりがあることは前に書いたけど、江國さんも、そうやって読み進むにつれ、どんどんよいと思うようになった、というか、(私の中で?)熟成していった。

でも、それとは別に、最初から「あ!」と思った点がある。
これは、誤解を招くので滅多には言えないし、実際まだ一人か二人にしか言ってないけど、もし、私がプロの作家になれてたとしたら、きっとこんな作家になっていただろう。って感じた。(本当にごめんなさい)。
エッセイの方に、よりそう感じるかもしれない。
ちなみに、よしもとばななが出て来た時は、「これ、ありなんだ」と思ったのと同時に、「先にやられた。。。」だった。なんとも、恐れ多いことに。。。

江國さんの場合は、書いてる内容とか気分みたいなものについての近親感もそうだけど、ものすごくうれしかったのは、日本語の表記(?)のしかた。私には、ひそかに、ずっと自分が考えたり悩んだりしてこだわってきて、結果、こういう書き方が一番シックリ来るけど、ほかの人がそう書いてるのを見たことないなぁ…と思いつつ、おそるおそる書いてる書き方がある。
それを、江國さんもやっていたのだ!
初めてそれを発見した時、うれしくて、電車の中で飛び上がりそうになったのを覚えている。
その他、表記だけでなく、文体的にも共通点を見つけた。なので、今後、ゼッタイにあり得ないとは思うけど、私が作家になってしまったら、「江國香織の影響を受けてる」と言われてしまうのかもしれない。(こんなおこがましい戯言を書いて、本当にごめんなさい)。

またまたちなみに、よしもとばななは、表記についてはまったく逆で、「こんなふうに書いてほしくない」書き方のオンパレードだった。そして、世の出版物を広く読んでいないので、彼女のせいなのかどうかよくわからないけれど、よしもとばななのような書き方は、その後、明らかにあちこちで見かけるようになってしまった。
でも、よしもとばななも、ある時期までは年代順に全部読みました。作風は好きなので。この方こそ、こういう読み方の醍醐味にぴったりはまって、どんどん文がうまくなっていくのが手に取るようにわかった作家の一人です。(まるで上から目線みたいで、本当にごめんなさい)。

というわけで、記憶力の良い方なら、今日のタイトルの「私の夫」はどうした?って思ってると思うけど、先日読み終わった表題の江國さんの本。これが、夫(との生活)について書かれたものだったのです。
そこには、こんなコト書いていいの?っていうくらい赤裸々なことが綴ってあって、きっと一部はフィクションなのかもしれないなって思ったけど、あとがきを読むとそうでもないらしく、なにより、「なにを書いてくれてもいい」と言ったという旦那様がアッパレだな、と。
とにかく、いろんな意味でこの本がえらく気に入って、私の中に、フィクションとして(未婚の今から書くなら、フィクションにならざるを得ないのだし)「私の夫」を書きたいという欲望が沸々とわき上がってしまったのでした。
というのも、私は今↓こういう状況なので、
http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/150774706.html
そういうのを書くのも、婚活の一環として非常に有益なのではないかと思ったりして。心構えをしたり、くじけそうになる気分を盛り上げておくという意味でも、よいシミュレーションとなるに違いない。。。
そして、たぶん、実際結婚した日にゃ、私はその夫について書くだろうと、今は確信している。非公開の日記になるのかブログにするのかわからないけど。その行為は、悪くない結婚生活だった場合には、その生活の精神面での水準を維持するのに役立つような気もしている。夫婦でも手紙を書くと、愛情が充電できるみたいなことはよく聞くので、少なくとも自分の側に同じ効果があると思うし、一見淡々と退屈に感じる瞬間があったとしても、書くことで夫に新鮮なネタを発見したりできて、よいことだと思われる。

未婚の今は、周りにいる男子陣をネタにさせてもらいます。リアルなエピソードから、私の想像、妄想、理想といったフィクションまで、やりたい放題盛り込んで、ここぞとばかり私の好きな架空の夫を作り上げようと企んでいる。これが、なんだかすごく楽しみなのである。ここまで書いてナンですが、これは公開しません。
そして、近いうち結婚したら、そこからはリアルな「夫」を書く。それは、前述のように公開する可能性もあり。おそらく、あまりにひどい結婚生活でない限り、公開するような気がする。

霧のない摩周湖を見ると婚期が遅れると言う。
ひな人形を片付けるのが遅れると婚期が遅れると言う。
これは、どっちもやっている。

女優は、仕事で花嫁姿になると婚期が遅れると言う。
私は、昔、結婚式場のポスターの聞き取り調査で好感度ナンバーワンに輝いたコピーを書いてしまったことがある。
そのうえ、趣味とはいえ、未婚の状態で夫について書くなんてことをしたら、ますます婚期は遅れるのだろうか。

そこがちょっと気になると言えば気になるのだが…一種の婚活ということで、よしとしよう。。。(2号)



posted by 2号 at 11:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛・結婚・男と女・人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。