2010年07月15日

on 読書。

江國香織『ぬるい眠り』ほか。

さわやか〜な気候、お留守番もはかどります、2号です。
今日はちょっと気分に余裕が。。。

さておき。

江國香織さんの本に『ぬるい眠り』というのがある。
短編集なのだけど、その中に「災難の顛末」という一篇があって、これがミョーに印象的だった。

災難というのが何なのかは、ネタバレになるので言えない。
ちょっとだけ言うとしたら、ある朝、主人公の脚がものすごく腫れていたってこと。
私は、いつものように電車の中だけでこの本を読み継いでいたのだけど、まさにこれが、いったいどうしてなのか原因が判明する前に降りる駅となってしまったので、それから次の日に電車に乗るまで、気になって気になってしょーがなかった。推理小説以外でこんなふうに先が知りたくて知りたくて…という思いは久しぶりのことだ。

そして、その「顛末」というのが、これまた、そんなことでそうなっちゃうの!?っていう顛末で、でも、その機微が、ちょっとわからないでもないなぁ…みたいでもあり、妙に感じ入ったのでした。

読書と言うと、私の場合は、本当は幅広くいろんな人の作品を読むというふうにしたいのだけど、今のところそうはなってなくて、あまり語ると無知が露呈、ボロが出るので、全体を俯瞰したようなことは言えない。でも、少なくとも、江國さんの本を読んでると、短編がたくさん含まれてるせいもあるかもしれないけど、人間って実にいろいろいて、普通に見えてるあの人この人も、本当はこんなふうな面を持ってるかもしれないよなぁ〜と、ついつい周りを見回して妄想したくなる。こういう作家は、あまりほかに知らない。たぶん、私が狭くしか読んでないせいだと思うけど。

今、『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』を読んでます(短編集)。表題作の、It's not safe or suitable to swim.というのは、アメリカの田舎町を旅行中、川べりで見つけた看板の注意書きだ、と、主人公は語る。
こんなことを、日常ありきたりなテーマ、情景と重ねる感覚が、あぁ、シックリ来るなぁ…と思いながら、これもぐいぐい読んで、もうすぐ終わる。
これで、江國さんの本のストックはなくなる。

また、古本屋巡りをしないといけない。(2号)


posted by 2号 at 15:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌・コミック・読書・作家など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。