2012年04月27日

on 縁談。

青天の霹靂の棚からぼたもち?

なんという晴天でしょう*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。..。.:*・゜゚・*2号です。
奇跡的に、今年のゴールデンウィークの北海道は、晴れの日が続くらしいですね。
注)今のところの予報では。

というわけで、昨日は月に一度の税理士打ち合わせでした。

なにせ、このオジィちゃん、話がやたらと長い。全部終わるのに、下手すると2時間半くらいかかる。そして、最近はちょっと直った(?)のだが、以前は、約束の時間よりかなり早く来ちゃったりするのが、本当に難点だった。いくら年寄りは早起きだって言ったって。。。
ひどい時は、11時半の約束を10時半に変更したいと言われて、それはムリと言ったら11時になったのだが、結局10時40分ころ来ちゃったり、9時半が8時半に来ちゃって、こっちはまだパジャマ着てたとか、枚挙にいとまがないほどだった。時間が空いたら自分で時間をつぶしてください。こっちに前倒して来ないでください!!

って感じのオジィちゃんなわけです。

お、そういえば、オジィちゃんだと思っていたら、私の見立てより10歳くらい若いことが判明していたのだった。しかし、見た目はどうやってもオジィちゃん。

そのオジィちゃん税理士、昨日、コーヒーを出して私が腰を落ち着けたとたん、第一声がこうだった。
「○○さん(←わたくしのこと)は、おいくつになられたんでしたか?」

はイ?¿(・∀・)?

トシを訊いてるようにも思うけど、何か、経理上の数字のことかもしれぬ。

目をパチクリして、真意をただそうとしてるわたくしに、「いや、おいくつくらいなのかなと思って…」と、オジィちゃん。
いや、ビックリしたわ。まさか、このオジィちゃんにトシを訊かれるとは、わたくしにいったい何のご興味を持たれたのでしょうか。しかも、知り合って、かれこれ2年以上が経つという、このタイミングで。。。

そこで、めまぐるしく頭を働かせたわたくしは、オジィちゃんが私をいくつと見てるのか、そして、それを訊く目的は何か、という順番でいくことにしました。

「あらっ、そんなことお訊きになるなんて!では、いくつに見えますか〜?(*^o^*)」

オジィちゃんは、ン〜む、と考えて、なんとなんと!わたくしの実年齢より10歳、いや、正確には、11〜2歳も若く答えたんざんすのよ〜(ノ*゚▽゚)ノ(いいですか、つまり、わたくしのことを、10代と間違えているってことですのよ!)

「んまぁ〜センセ、お上手ですのね。わたくし、それより軽く10歳は上ですのよ、オホホ」って感じでしたわよ、まったく。

しかも、「いやぁ、それはそれは。お若く見えますな〜」ですと!
んもぅ、センセったら、そんなに言われましても、コーヒーをもう1杯お出しするくらいしかできませんわよ〜!ひゃっほ〜ぃo(≧▽≦)oみたいになるね、必然的に。

まあ、この時、私の辞書には一瞬「お世辞」という文字はなかったのだが、オジィちゃんの辞書にはあるかもしれない。そして、世間的には、女性にそう質問されたら、思ってるよりも5歳くらい引いて言うのがワザとらしくならないコツとされてるようだ、ということも思い出した。(それにしても、オジィちゃんはわたくしを20代になったばかりくらいと思ってるってことだわ)

そこで、ちょっと冷静になって、オジィちゃんの次の出方を待っていると、オジィちゃんったら、それっきり元帳に目を落として、何も言わないじゃあ、ありませんか。
朝っぱらから、意味もなくムダにわたくしをコーフンさせたというの?オジィちゃん!?( ̄。 ̄ノ)ノ

しかたないので、「センセ、(こんなわたくしに)いい人いたら紹介してくださいませょ〜」と、テツを熱いうちに打ってみたところ、オジィちゃんは驚いて元帳から目を上げて、「ほぅ、そんなふうに思ってらっしゃるんですか〜!?」と言うじゃあ、ありませんか。
それって、いったいどういう意味ですの?

よもや、このわたくしが、オトコなんて超越して孤高の人生を歩む決意でもしてるように見えてたんざましょか!?

しかし、わたくしのこの申し出で、オジィちゃんはガゼン、キゲンよく饒舌になり、結婚生活を長続きさせるコツまで延々としゃべってましたわ。。。(いつもこうやって、話が長くなって行く。。。)

ちょっと待ってちょっと待って。ってことは、さっき話を打ち切ろうとしたのは、やっぱり、私の実年齢を聞いて「この人はもうあっちは捨てた人」と判断したっていうことなのかちらっ!?
とかとか思いながらも、ありがたく結婚生活の訓示を拝聴したお行儀のよいわたくしに、「じゃあ、わかりましたよ、(紹介の件は)しっかり心に留めておきますから」と、オジィちゃんは言いました。

なヌっ!?ここまで引っ張って、心に留めるだけ〜!?ヽ( ̄д ̄;)ノ

もう、具体的な誰それと、いついつくらいにお引き合わせ、ってな展開を期待していただけに、拍子抜けしたのは否めませんわ。

私の30分を返してほしい。。。

いやいや、でも、どこに縁が転がっているかわかったもんじゃありませんもの。わたくし2号、種まきは惜しみませんわ!(2号)



posted by 2号 at 13:42| 北海道 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 恋愛・結婚・男と女・人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじい様「で、ワシの2号なんかどないや」ってつもりだったのかも知れません。
Posted by たろー at 2012年04月30日 17:31

たろーさま

わたくし、HNは2号でも、「おじい様」でよしとできるほど枯れてませんわよ!
Posted by 2号 at 2012年04月30日 18:00
OK、それでは熱帯夜のようなネットリとした熱い夜を!
Posted by たろー at 2012年05月10日 14:10

望むところですわ!!
Posted by 2号 at 2012年05月10日 14:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

なんと「昔の写真を見れば結婚生活の長さわかる」と判明
Excerpt: 大好きな彼と結婚したい気持ちがある一方で、「でもこの人と本当にずっとやっていけるの?」という不安がある人もいることでしょう。近頃は、芸能人に限らず、一般人でも“離婚”は決して珍しい話ではありません....
Weblog: 恋愛コラムリーダー 〜Love Column Reader〜
Tracked: 2012-05-01 21:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。