2018年04月05日

on 「一つ屋根の下のセロリ」1

「おみそ汁のだし」案件

SMAPファンだったわたくし2号、「セロリ」という歌はそれなりに売れた、それなりによい曲だったとは思うけど、歌詞でどうしても気になるところがあってスッキリしない曲だった。

♪育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ〜

この「否めない」の使い方が、どうにもナットクいかなくて、聞いてて気持ち悪かった。使うなら、「好き嫌いに違いがあることは否めない」って使い方でないと!って。
しかし、2番の「どこ吹く他人」っていう言い方や、同じく「価値観はイナメナイ」なんてもっとふざけた使い方をしてるところをみると、ワザとか??と思えなくもない。「イナメナイ」とカタカナにしてることからも。
確信犯なら、何を言ってもしょうがないと思いつつも、やっぱり気持ち悪さは拭い去れなかった。

ところが、久しぶりにこの曲の歌詞を見てみると、「男女二人の他人ゆえの違い」ということや、それとどう折り合いをつけてやっていくのか、などなど、今、結婚生活で実感してる事実や気持ちに妙にピッタリ来て、驚いたね。以前は、結婚もしてなかったし、言葉の用法ばかりに気が行って、この歌を味わい切れてなかったのかも。

と、相変わらず長い前置きですが、今ごろこんな話を持ち出したのは、今ごろ「新しいテーマ」を繰り出そうと企んでいるからなんでした。
前から書きたかったのに、なかなか余力がなくて書けずにいた、うちのダーリンとのあれこれ。これまで貧弱な頻度でちょっと書いてはいたけど、このたび一念発起して新テーマを創設することで、更新のモチベーションにしようという隠れた意図も。
そんな中、BGMに流れてるのが、この『セロリ』なのでした(ちなみに、山崎まさよしの作詞作曲)。

テーマ名もどうしようかいろいろ迷ったんだけど、セロリがあまりにしつこく脳内に渦巻くので、ここから拝借して「一つ屋根の下のセロリ」という、取ってつけたような名前にしときます、とりあえず。

で、さっそく第一発目の今日、ここまでがすでに長いので、短いヤツを。

「一つ屋根の下のセロリその1〜おみそ汁のだし案件」

ちょっと驚くんだけど、彼のお母様は、おみそ汁にだしを入れない人だったのだそう。まさかと思って「だし入りみそを使っていたのでは?」と訊いたんだけど、いや、自分も気になった時に本人に確かめたら、そうではなかった、と。
私は今でも疑っているし、何となくご本人にも訊けずにいるけど、夫はそう思っている。
で、そんなふうに育った彼が一人暮らしを始めてどうしたか、というと、「煮干しだし」の道へ進んでしまった。それも、煮干し粉を使うという。。。理由は、「粉ごと食べてしまえて、健康によさそうだから」。
理由には同意するけど、私が育った味は「かつおだし」なのだ。そこで、同居となった時に…

ダメだ、長くなる。
この、おみそ汁のだしの問題は、日本人としての再重要案件と言ってもよく、結婚すると夫のためにお姑さんから「我が家のおみそ汁の味」を伝授されたりするじゃないですか。。。
だから、第一発目にしたんだけど、再重要案件だけに、長くなる。
さらに、ここに絡んで来るバックグラウンドとしての「健康によさそう」。これがなかなかクセモノで、健康にこだわっているようで「え?それは?」みたいな場面が多々あるのがうちの夫なわけで、これもけっこう説明が長くなりそうなので、第一発目から「次回へ続く」にしておこう。。。

というわけで、我が家のいろんな「セロリ」、以後お見知りおきのほど、よろしくお願い申し上げます。(2号)
※こんな宣言して大丈夫なのだろうか???
※ちなみにカテゴリは「夫婦・結婚生活・うちの夫」



posted by 2号 at 16:05| 北海道 ☔| Comment(4) | 夫婦・結婚生活・うちの夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>だしを入れない人
ご主人がどちらのご出身かはわかりませんが、海の近くなのかしら?
シジミ汁、アサリ汁、あら汁など海産物のお味噌汁だと入れませんよね?
Posted by ひまひま at 2018年07月23日 17:07
なるほど。ありえないことでもないのですね。

ちなみに、両親とも山形らしいです。
Posted by 2号 at 2018年07月23日 22:20
山形ですか・・・
そういえば、東北の人はお肉や野菜を沢山入れた、具沢山なお味噌汁を作られると聞いた事があります。それならお肉から良い出汁が出るので、だしは入れませんよね。
ご主人に、だしではなく、お味噌汁の具は何だったかお聞きになってはいかがでしょう?
もし具沢山お味噌汁なら、お味噌が味の決め手になりますので、お義母様がどんなお味噌を使っていたかわかれば再現できるかも・・・
Posted by ひまひま at 2018年07月24日 11:54
訊いてみたところ、具だくさんではなく、普通のおみそ汁だったと思うけどなぁと申しておりました。
再現というより、彼なりの健康志向で、煮干し粉だと本体(?)も食べればさらに健康によさそうっていう考えみたいです。
ちなみに、自分だけが食べるために作る彼のおみそ汁は、味見したら、お湯にほんのり生臭い風味がついてるって感じの大ざっぱなものだったことがあります。
結局、あんまり味自体にこだわりはない??

Posted by 2号 at 2018年07月25日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。