2014年06月16日

on ゴミ屋敷ならぬ…

6月6日の物語。

このところの日照不足でテンション下がり気味の2号です。
これは本当にあった話です。

去年の秋、わたくしは結婚式を挙げたわけだけど(入籍は一昨年のクリスマスイブ)、その日は土曜日、仲のいい友だちの一人が東京に引っ越す日でもあった。彼女は私の式に出られず、私も彼女を見送ることはできなかった。

それで、今月の頭に、ダーリンの出張に合わせて、私は彼女に会いに東京に行くことにした。

その彼女とは、別ブログも含めて何度か登場してる人物なのだけど、今回も待ち合わせの30分後にやっと会える、という、相変わらずぶりの再会を果たした私たちであった。

それはさておき。
ダンナ持ちの彼女とは昼間だけ、夜は別の友人たちが一席設けてくれることになった。
そこで、その中の一人が、誕生間もない我が子のために「幸福駅(行き)の切符」を入手して来てほしいと言って来た。
何を隠そう、この幸福駅は、わたくしとダーリンが入籍にあたって本籍地に定めたゆかりある場所。というわけで、幸せをほかの人にもお裾分けすべく使命を帯びて、空港に向かう途中で幸福駅に立ち寄り、一人分と言わず会う相手全家庭分の切符を購入した。

なぜだか私は、切符の日付の刻印は、幸福駅が現役であった時の最後の日の日付になってるものかと勝手に思っていたのだけど、実際は購入したその日の日付が押されている。
なので、この日買った切符は「26.6.6」となっており、ダーリンに「なんだか666みたいだね」と言ったもんだった。
それはもちろんアレのことなんだけど、そんなことは実はどうでもよくて、昔、歌に合わせて絵を描く絵描き歌にあった「6月6日に雨ざぁざぁ降って来て〜♪」っていうフレーズがすごく気に入っていて、子供のころは「6月6日の雨の日に生まれたかったなぁ」って思っていたんだって話をした。その後、アレの登場によって、そのような希望を口にするとそれはよくないと言われるようになったので封印していたのだが、と。

そして、私たちは空港に着いて、駐車場に車をとめた。
すると、な、なんと。。。
私たちの車の前にとまっていた車(軽自動車)のナンバーが「6-66」じゃあ、ありまへんか!!

あり得ない。。。

あっけにとられながら、その車の横をすり抜けて空港入り口へと向かおうとして、さらにビックリ。車の窓にSCOTTIEとかヘンな模様が!?…とよく見ると、車内にはびっしりとゴミが積まれており、それが窓に張り付かんばかりの分量だったということなのだった。窓の上の方からかろうじて車内が見て取れ、当然ながら運転席だけは何も置かれてないのだけど、それ以外の部分はゴミで埋め尽くされている。

「ゴミ屋敷っていうのは、最近よくあるけど、ゴミ車っていうの、これ??」

東京では、またいつもの方向音痴によって時間をロスして待ち合わせに遅れたりしてご迷惑もおかけしたのだけど、皆様のあたたかい厚意を受けて楽しいひとときを過ごし、2泊ののち無事に帰って来た。

そして、空港に降り立ち、車をとめたのはどのへんだっけ〜?このへん〜?とか言いながらうろついていたわたくしの目に、忘れていた「6-66」の数字がまたもや飛び込んで来たのである。

あ、ここだ。。。

車の色はパステル調で、一見かわいいのだ。
その外観に似つかわしくないおびただしい量のゴミに再び感心しながら、自分たちの車に乗り込んだ私たち。

ーあれ、「屋敷」よりは片付けるの簡単だよね。どうして捨てないんだろうね。ていうか、あそこまでなる前に何とかできなかったのか??

ーあのくらいの量ならいつでも捨てられると思ってたんじゃない?

うむ。そうこうしてるうちに積もり積もったのか。確かに、わからないでもない(←それが危険)。
が、それにしても、なにもそんな面倒くさがりぶりを世間に宣伝しながら走り回らなくてもいいのに。。。
何より、けっこう目立つナンバーなのだし、私たちはおもしろがったけど、きっとナンバーとの合わせ技でイヤがる人もいるだろう。

6月6日に雨ざぁざぁ降って来て (中略) アッという間にかわいいゴミぐ〜るま〜♪

家に着いて、まだちょっとの量だった車内ゴミ箱のゴミをそそくさと手に持って降りたわたくし2号、えらい。。。(2号)



posted by 2号 at 15:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | まち・見かけたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

on 点字タイル

訂正申し上げます。

最近で、もう何回目かの満身創痍、2号です。
今朝起きたら、体のあちこちが痛い。。。

もう、そんなことはしょっちゅうなので、さておき。

昨日、駅の階段の点字タイルのことを書いたのだけど、今日、もう一度よく見てみたら、階段が終わってすぐのところにはドット型のタイル、そこから間髪入れずに、進路を示すように線状の突起のタイルが延びてました。
なので、昨日の記述は、謹んで訂正いたします。

それにしてもそれにしても。。。
あの線状の突起のタイルと階段の最後の段の位置関係からして、私はナゼにコケたのだろうか??と不思議に思いました。
もしかして、最後のところで飛んだ!?

まったく、わからない。。。

やはり、悪いツキモノに憑かれてるとしか考えられない。。。
それもこれも、私にスキがあり過ぎるせいなのだわ。(2号)
posted by 2号 at 16:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まち・見かけたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

on カラス

かわいくない!…再び

過去、カラスとは何かと因縁のある2号です。(http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/109820966.html
http://miha27kininaruki.seesaa.net/article/102531215.html※肝心の写真はリンク切れ、
http://miha27.seesaa.net/article/25766409.htmlの10月9日部分)

先日、近所の公園の近くを通りかかった時、小学校低学年くらいの女の子がマッハのスピードで走って来たので、ぜひ将来はオリンピックに出ていただきたいとホレボレして見ていたのだけど、近づいて来た時によく見ると、なんと、その子は恐怖で顔を引きつらせ、ぎゃ〜ぎゃ〜泣き叫びながら走ってるのであって、木々の間から見え隠れしながら一羽のカラスが女児の頭を襲撃していたのでした。
私なぞに目もくれずにマッハでカラスとともに駆け抜けて行くのをア然と見送りながら、自分が過去襲われた時のことを思い出し、子供なら泣くわな〜と気の毒に思いつつもどうすることもできない…っていうか、もう、アッと言う間に走り去ってるし。。。

そして、先日、同じ場所にこんな札が。

Image1524.jpg

なるほど。いろんな撃退法があるもんだ。
っていうか、こういうのって、場所がら、土木事務所で管轄してんのね。

それにしても…かわいい七つの子?ゼッタイあり得ない。。。
この親あってこの子ありで、ヒナのころからすでに腹黒いに違いない…と再び認識を新たにしたのであった。(2号)

※しかし、いくらヒナがいるからとて、近くを通るだけで襲って来るカラスっちゅうヤツの頭の良さっちゃあ、いったいナンボのモンじゃぃ!と思わざるを得ない。
posted by 2号 at 21:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | まち・見かけたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

08.04.16 on KY

KY?

何となく気がノらない2号です。
外は、この時期にしては異常なあたたかさ。例年、5月いっぱいくらいは風が強い日が多くて、そんな日は本当に肌寒い。これを私は、「春の寒さは、切手のように肌に貼り付く」と表現しているのだけど…、今年はあまりそんな感じもなくて、今日だって、風もなく穏やか。
桜も、開花予想がどんどん修正されて早まって、札幌も来週には咲くとか言われているところ。んな、バカな。。。いつもは、ゴールデンウィークだってビミョーだったりするのに。

しかし、そんなことは置いといて。
某所にこんなビルがあります。

080221_10_3

今のところ、観光名所にはなってない模様。残念ながら、空気が読めてない感じも、特に受けないし。強いて言えば、正面玄関前にデンと駐車スペースがあって、ビルに入りにくいってことくらいか。

昔、東京に本社がある不動産関係の会社にいたことがあるのだけど、今思えば、「KY」とつくビルって、けっこうあったりします。それらのビルは、昨今、どのように見られてるのでしょうか。っていうか、「KY」と名前がついた由来をそれぞれ知りたいというものすごい興味をちょっと前からひそかに抱きつつ、何もしないまま今に至ってる次第です。そのうち、KY式日本語っていうのも廃れるんだろうな。(2号)
posted by 2号 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | まち・見かけたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

昨日の火事

火事だ〜!

腰痛未だ癒えず、2号です。
いっぱい歩くと調子悪くなるので、買いたい物も買いに行かずにガマンしてたけど、100円ショップ製のお気に入りスリッパが分解しそうなのにはホトホトいやになり、昨日、買いに行きました。すぐ壊れるのが難点だけど、100円だと文句言えないってところがミソ。でも、夏さわやか、冬あったかで、1年中満点の履き心地。やめられまへん。
で、お店の近くまで行くと、何やら消防車らしきモノたちがやって来て、ふと見ると、確かにどこからともなく煙がモクモク。そのまま通り過ぎ、100円ショップに行って、いろいろ物色してても、なんだか臭い。不思議なキナ臭さ。
以前、方向的に火事の現場の方へ歩いていかなくてはならないことがあって、くさいなぁ〜と思いながらしかたなく歩いてたら、服も髪もすっかり火事臭くなってしまったことがあったけど、今回はその時の臭いとビミョーに違う。
よくよく確かめてはいなかったけど、もしかして場所的に言って、私が何度か利用したことのある漢方薬局が火事なんだろうか? この臭いは、漢方薬や、あの、古い木造の蔵みたいな建物が燃えてる臭いなんだろうか?
心配になって、野次馬になって行ってみると、はたしてやっぱり漢方屋さんの窓や屋根や戸からモゥモゥと黒い煙が…。
ありゃ〜!と思い、すぐに、その薬局をひいきにしている友だちに電話。「大変、燃えてるよ〜!」「いつ?」「今だよ!」。
え〜っえ〜っえ〜っ!しか言わない友だち。
改めて電話するわ、と、電話を切って帰途につくと、やっぱり今回も髪も服もすっかり火事臭くなってて、事情を知らない人から「この人、焚き火してたのかしら?」と思われてるだろうなぁと思いながらトボトボ帰って来ました。
火事にはご注意。(2号)
posted by 2号 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | まち・見かけたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

05.05.27 on 屋根の上

屋根の上の疑問

通勤途中の風景を見るのが好きな2号です。
特に、電車の車窓から高架下の一般住宅街を見下ろすのが大好きです。昔遊んだリカちゃん人形のハウスを並べたみたいな感じに見えて。

その中に、何年もずっと気になってる家があります。
屋根の上に大きな植木鉢が置いてあって、それが何年もの間、倒れたままなのです。直されもせず、落ちもせず。
住人に教えてあげたい。と、ずっと思ってました。
このことをここに書こうと思って、ちょっといろいろ想像してみたところ、疑問点が噴出。どうして屋根に鉢を? そのすぐそばに窓があるのに、なぜ住人は気づかない?
これは、もっとよく観察してからじゃなければ書けないわ。

というわけで、この1週間、毎日違う部分を観察、今まで見もしなかった新しい部分もチェックしました。電車が通り過ぎる1.5秒くらいの間に。

その結論は。
「もしかして、ゴミ屋敷!!??」
窓は、割れてはいないけどボロボロな感じ。中には荷物が詰め込まれてる感じ。庭も一面、ガラクタだらけ。
以前、札幌唯一のゴミ屋敷の話を聞いたことがあって、それは解決したらしいのだけど、これは第二のゴミ屋敷かも?

でも、やっぱり、植木鉢が屋根の上に転がってるのは、どう考えてもわからないし。今度、見に行ってみよっと。調査報告は後日。(2号)
posted by 2号 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | まち・見かけたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月08日

04.11.08 on 貼り紙

トイレの貼り紙のナゾ

2号 @ まだ、なんとか秋の状態を保っている札幌 です。
紅葉がキレイです。

時々利用する、あるビルのトイレに、こんな貼り紙が…。
「大量のペー・パーを流さないでください。詰まります」

この「・」は、ナニ?

おかげで、便器の中に大量に詰まっているミニチュアサイズの林家ぺー&パー子夫妻の図が、頭の中を渦巻きます。
便器のフタを上げると、一斉にフラッシュがたかれて、きゃー はははははぁ〜♪ という、けたたましい笑い声が聞こえたりして…。
すごく怖いトイレです。

と同時に、ペンで紙にさわってしまっただけの、作為のない「・」なのか、わざとつけた「・」なのか、その小さなドットに秘められたナゾの、無限の宇宙を思わずにいられません。

うーん、こうしてみると、トイレタイムを充実させるための、粋な計らい、かも。(2号)
posted by 2号 at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | まち・見かけたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。