2010年02月20日

on バンクーバー五輪高橋くん銅メダル

バンクーバー五輪 男子フィギュア。。。

今回のオリンピックに盛り上がれない2号です。
でも、フィギュアだけは、別です。かつて、私も選手を目指していたので(←かなり、ひそかに勝手に)。

まずは、男子が昨日終了。

8位ながら、フリーで4回転を決めて晴れやかなガッツポーズの小塚くん。

切れた靴ひもを結んでつなげて本番に臨み、それがまた切れて…
運命的な試練と、
中断というアクシデントにも惜しみなく送られた温かい拍手の応援。
天から二つの贈り物をもらって、感謝の言葉とともにリンクを降りた織田くん。

そして、4回転に挑んで失敗しても、自分を出し切れた!という会心の笑顔と、涙。
モロゾフさんとの決別やケガを乗り越えてきた道のりが報われた高橋くん。

どの場面も涙が出ました。

3人とも入賞って、すごいことかも。
なにより、高橋くん、銅メダルおめでとう!!

ただ、高橋くんの演技構成点が合計でトップとは言え、細かく見ると、スケート技術と演技のつなぎだけがトップで、あとは2位とか3位とか、それ以下とか…っていうのが、どうも腑に落ちない。
特に、「音楽の解釈」がプルシェンコやランビエルよりそれぞれ0.1点、0.05点少ないのはなぜ??
「演技表現実行力」がプルシェンコより0.3点も少ないのはなぜ??

っていうか、細目を見ると、結局は「演技表現実行力」と「音楽の解釈」でトップのプルシェンコが、いわゆる「演技」という意味ではトップだったという結果に思えるのだが、もし、昨日のがそう評価されるなら、始めからキャラとか性格で負けてるということか?って感じで、だったら、この勝負、どうあがいてもムダっていう気がしてならない。
天性のキャラがないとトップの得点にならないスポーツ?

単に、4回転の成否とか、高橋くんに転倒があったからっていうことでの減点ならいいのだが、もし、これが表現面における欧米びいきのジャッジの現れだとしたら…(?)(手足の長さとか、身長とかetc.)

いずれにしても、私は、「演技」の完成度が高くても、(特に)ジャンプの技術の高さを伴ってないとダメ派なので、4回転にこだわるプルシェンコや、ジュベールのかつての発言には賛成です。
完成度が高ければ、ジャンプの難易度が多少低くても…という人に言いたい。
目の前で、ナマで、アイスショーとかの2回転でお茶を濁される、生ぬるい演技を延々と見てみてほしい、と。
たまに3回転やっても、すべてコケる…みたいなヤツ。。。
いたたまれない気持ちになるし、お金で考えたくはないにしても、相手がプロだと思えばこそ、これにいくら払ったんだろう?っていう気になります。

そのあとに、ビシッと3回転を決めまくる人が出て来ると、本当にスカッとする。どんなにスローテンポなプログラムでも、それだけで迫力が違ってくるし、まさに、「醍醐味」というのが感じられます。

もちろん、アイスショーとアマの競技会は違うわけで、3回転と4回転だと、素人目には遜色ないっていうか、3回転でも十分迫力あるのだけど、競技会だからこそ、常に限界に挑む姿勢がほしい。

私の記憶が確かなら、かつて、伊藤みどりさんは、「フィギュアをスポーツにもどした」って言われてました。
折しも、カタリーナ・ビットの活躍で、濃厚な演技の方が高く評価されてる時代だった気がする。
そのあとも、ミシェル・クヮンの完璧で演技力もバツグンだけどノロノロなダル重い3回転…みたいな時代が続いて、そこにまた、ミキティや真央ちゃんが4回転や3回転半で殴り込みをかけたわけだ(その前にタラ・リピンスキーか…)。
んで、今は、その日本は、キム・ヨナと闘ってるわけだ。

キム・ヨナの演技力は認めます。キライじゃないです。
でも、できるなら、3−3回転の後半のジャンプをループジャンプにしてみろ!と言いたい。(勝手な言い分だが)
いつも飛んでるトゥーループなんて、最低難度じゃん!って思う。安全パイにしておいて、できばえで加点を…なんて、計算ばかりが目立っておもしろくない。
確かに、戦略的に賢いのかもしれないけど、安全圏から出ないみたいなところが、スポーツとしては物足りない感じがしてならない。

と、思うのは私だけ?

4回転を入れると、演技構成点の方で何らかのご褒美がつくみたいな話もあった気がするけど、イマイチ曖昧でよくわからない。
そこで、ワタクシからのご提案としては、フリープログラムは、回転数は何でもいいので「何らかの形で全種類のジャンプを入れる」という規定にしたらどうでしょう。もちろん、回転数と種類ごとに点数を変えて。
そして、男子に限り、そのうちの少なくとも1種類の1回を、必ず4回転にする。
んで、どうしても4回転回れないとか、3回転でも苦手な種類のジャンプはやりたくないって人もいるので、全部入れなくても(挑戦すらしなくても)許されるかわりに、その場合は、やらない分のジャンプごとにマイナス2点とかという減点規定を盛り込んでおく。
その方が、今の、4回転で加点ご褒美っていうアイマイなのよりいいと思うけど。

ダメ?

以上、「技術」面で、誰にでもわかりやすいジャンプばかりに目がいく素人のザレ言かもしれないけど、この先、技術の難易度を継続的に上げて行くことも限界があることを思うと、せめて4回転や、3回転の全種類制覇くらいは当たり前に挑戦すべきだし、このまま演技面の闘いに終始するようになっていったら、スポーツとしてのドキドキやワクワクがなくなって、見てる方も飽きてくるのでは?と、フィギュア好きの私としては憂いているわけです。。。(2号)


posted by 2号 at 20:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

on 寝て見る夢。

オリンピックの開会式?

昨日はデータのやり取りがあって、自宅でスタンバイして四苦八苦、2号です。
必要なメールアカウントの設定に失敗しているらしく、受け取れないし、相手は相手で間違ったアドレス言って来るし…。朝から夕方まで、なんだかんだと必要以上に時間がかかりました(ToT)

いつものことながら、そんなこんなとは全然関係なく、その前の晩に見た夢の話します。
私は夢に十分参加してるのに、大事な場面では常に布団に寝てる状態のような姿勢で、目線も下から目線だったのは、なぜ?っていうような夢で、場面もめまぐるしく変わって、忙しかったです。

まず、雪に閉ざされたような場所にいて、そこを意味不明に移動している。すると、急に雪が溶けかけた原っぱ状の斜面が現れ、そこにはタンポポやいろんな花が咲いていたりする。それを写メしようとすると、シャッターを切った途端に誰かが立ちはだかり、花などがすっかり隠れてしまって写っていない。
それを、周りにいた知らない人たちが問題視して騒いでいるのだけど、私はあまり関知していない(?)。
それよりスゴく気になってることがあって、どうやら誰かが結婚するらしく、その男子を私は好きなようだ。
それは、なんとビックリ。好きなわりに、夢の中では単独で絡んだことがない香取慎吾ちゃんでした。
こんなふうにメインに出て来たのは、初めてか、せいぜい過去1度くらいしかなかったと思う。
私は、なにかお祝いの演出を考えていた模様。場面は、広大な畑のようなところに変わり、そこで白くて巨大な布を一生懸命たぐりよせてたたもうとしている。
次に、慎吾ちゃんに、「もしそうしたいなら、明日の結婚式でこの布を使って、空を飛ばせてあげられるよ」と言っている(気球?)。慎吾ちゃんがなんと答えたか不明。
そのあと、私は大きな納屋みたいなところに入って、いろんな物をチェックしている。一番大事なのは古びたムシロを巻いたような物で、それも何かの演出に使うことになってるらしい。2本、立てて置いてあり、なぜかそこにユースケサンタマリアが現れて、乱暴に奪おうとする。
私は激しく抵抗するのだけど、なにせ、姿勢が寝てるので太刀打ちできないし、下から目線だと守ろうとしている物(ムシロ?)が巨大にそびえ立ってるように見えるので、手に負えない。
そこで目が覚めました。

特に、移動してる時に、もっとこまごまといろいろな要素が挟まってた気もするけど、詳細は忘れました。
それより、その「結婚」のことがミョーにずっと心に引っかかっていたのが印象的でした。式の演出ではなく、その人(慎吾ちゃん?)の結婚そのものが。そういう意味で、不穏な夢だった。

だけど、昨日、見るともなくオリンピックの開会式を見ていたら、先住民関係の演出のところで巨大な柱状の物が立ち上がったり、随所に巨大な布が使われていたり…そこで、「あっ!!」と思ったのです。これの予知夢か?って。そういえば、納屋とか畑とか斜面に咲く花とかも、私の中のカナダのイメージを思わせる。。。

でも、別に、寝る前にオリンピックの開会式の内容やカナダという国自体のことを考えたわけでもないし(バンクーバーの雪不足のことはチラと考えたけど)、むしろ、かねてから全然オリンピックに気持ちが盛り上がらないなぁくらいの意識だったので、不思議です。。。(2号)
posted by 2号 at 11:00| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

06.02.27 on トリノ女子フィギュア

愛と哀しみの五輪フィギュア

イナバウアー。イナバウアー。
イナバウアーに取り憑かれた2号です。身体が元気なら、今ごろひそかにイナバウアーをマネして、コシにピキッとキてるところだったろうけど、今回は、すでにコシが悪いので、マネることもできないのが残念です。
それにしても。
あの金メダルの日。荒川静香さんがコケなかった代わりに、自分がコケるとは。

以下、寸評。

ミキティ。
頼み込んでの、ワダエミさんの衣装。ハリウッドなど映画界での活躍は私も尊敬してるけど、今回はあちゃ〜でした。
肌の浅黒い人に、蛍光っぽい色は絶対にダメ。自分がそうだからよくわかります。全体的な色味からいっても、まったく地味で、氷上で映えない、美姫ちゃん自身も映えないの、ダブルパンチでした。文字通り、沈んでしまった感じ。
せっかくの胸の刺繍もダメ。ああいう衣装につける柄は、一部分じゃなくて、全体的にデザインしないと意味がないです。
とにかく、色の黒い人ははっきりした色が似合うんです。衣装としての出来栄えがどんなにレベル高くても、着る人に似合わないと。

村主さん。
実は、身体、硬い人だったのね。

コーエンさん。
お人形みたいで、大好き。滑りも好き。コケなければ、1等賞だったのでは?

スルツカヤさん。
デビュー(?)当時から見ています。民俗衣装っぽい格好で、「カリンカ」で滑ってましたよね。左右両方でビールマンスピンができて、真っ赤なほっぺたが印象的な女の子でした。ロシアには何かと縁があったので、応援もしてました。
でも、今回よくわかったことは、意外に粗削り(?)な滑りの人だったのね、ってこと。すご〜くなめらかな滑りの人が多く出ていたから、よけいにそう感じたのかも。ちょっと、スルヤ・ボナリーを思い出してしまいました。
コケなかったら、どうだったのか。私的には、コケなかったらのコーエンさんよりは、下です。
でも、終わったあとの潔い笑顔は、一番すばらしかったです。私は、荒川さんの金よりも、そっちの方が泣けました。


それにつけてもイナバウアー。点数じゃない。損得じゃない大事なもの。自分にはあるだろうか?などと思ってしまった五輪フィギュア日本荒川嬢の見事な金でした。(2号)
posted by 2号 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

06.02.20 on カーリング

カーリング注意報

オリンピックに燃えない2号です。
こんなに時差があると厳しいなぁと思っていたうえに…、語らずともおわかりの事態。燃えようにも、注ぐ油がありません。

このように余裕をかましてたら、この前からおそろしいことが。知らないうちに時間が1時間とか平気で過ぎちゃってるということが、立て続けに起こりました。
それは、カーリング。
全然、見る気もないのに、うっかりチャンネルがあっちゃうと、いつの間にかずっと見ちゃってる。気づく前に、見ちゃってる。気づいた時には、催眠状態から覚めたみたいに、びっくり。いつの間に、こんなに時間が…?
ーークギ付け。思わず引き込まれる。夢中。ハマる。
こういう状態を指す言葉はいろいろあるけど、どれもちょっと違う。まさに、一瞬、魂持ってかれてるみたいな感じ。
なんなんだ、カーリング!(2号)
posted by 2号 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。