2012年06月20日

on 高知旅。

植物チェックと花粉症。(と、高知弁講座)

まったく、あのようなことを書いた途端、今日の気温が15度てナンやねん。。。2号です。

さて。
地域が違えば気候が違い、生えてる植物も違い、結果、風景が変わる。
当たり前と言えばそれまでなのだけど、その、植物によって風景が変わるってことが、ただ公園の木や街路樹や道ばたの草木が違うというわかりやすいことだけじゃなくて、「山(の雰囲気)が違う」っていうビミョーな風情の違いにまで及ぶことにわたくし2号が気づいたのは、広島に行った時のこと。
とにかく、乗り物に乗るとゼッタイに窓外の風景を見ずにおれない私としては、広島空港から市内に向かうバスの中でも、窓にへばりついてました。

いつものように道ばたの草木や花を見て、うんうん、違う違う〜と確認。街の方へ近づく前はけっこう山も見えてたのだけど、ふと気づくと、山の輪郭が落ち着かない。なんか、ラインが、ビヨビヨ好き放題にアッチャコチャ向いて乱れまくっている。
で、それは、つまり、生えてる木のバラエティのせいではないかと思ったわけだ。
私が知る限りの範囲の北海道の山は、比較的ラインがビシッときれいになってるというイメージだった。それは逆に、生えてる木の種類がある程度統一されていて(北国で生きられる木が限られるから?)、たとえば、てっぺんならてっぺん付近というように同じような環境条件の部分に生えてる木は、種類が同じなら同じくらいの大きさに育って、枝や葉っぱのボリュームも同じくらいになっていて(←想像)、だから、輪郭がきれいにそろってるふうに見えるということだったのかな?とも思った。

そして、高知で。
山のてっぺんの方の輪郭はそれほど奔放ではなかったものの、山の側面(?)が、実に興味深い風情になっておりました。なんというか、ところどころに縦縞のラインが入ってるとでも言ったらいいのか、私にとってはあんまり見たことのない模様?が施されているように見える。。。

これが本州以南に多いとウワサの、杉なのかちら??
まっすぐ天に向かって生えてる木と言えば、まずそれが思い浮かぶので。

タクシーのオッちゃんに訊いてみると…
そうそう、あれは有名な(知らん。。。)高知杉やき。高知は、県の木がこの杉やき。。。ということだった。

オッちゃんによると、高知は県土の70だか80%が山だったか森林だったか(←例によって記憶があいまい)そんな感じらしく、杉もいっぱい生えちゅう、とのこと。
それじゃあ、花粉症の人は大変ですね〜と言うと、「あ〜、そりゃもう、花粉症の人はい〜っぱいおるき、季節になると、高知じゃみ〜んな鼻タラしてるがです、わっはっは〜」とのお答えだった。

オッちゃんは「自分は免疫力が強いき」花粉症を発症してないそうなのだけど、上司にひどい花粉症の人がいて、「一瞬あっち向いてたのが、振り返ったら、もう鼻タレてるがです。そういう時はもう可笑しくて、上司だろうが『おんしゃ〜、何しゆう、鼻タレちゅうがやぞ』言うて笑うがです。一瞬で、もうタレてるから。わっはっは」だそうです。
おそるべし、高知。。。

ちなみに、タクシーのオッちゃんたちとはずいぶん話したけど、みんなオモシロくて、メチャメチャ楽しかったです。一人旅なのに、こんなに自分も終始しゃべりまくっていたなんて、珍しいことだ(長崎ではしゃべったけど)。

ひどい花粉症の上司を持つオッちゃんに、「高知弁を一つ覚えて帰りたいので、さっきオッちゃんが言った、鼻水タレてるのを指摘する言い方をもう一度教えてください」って言ったら、「『鼻タレちゅうぞ』言うたらえぇき」って言ってたんだけど、オッちゃんが早口で素の会話してる時は、どうも、上記書いたように「鼻タレちゅうがやぞ」って言った気がするのだが。1日2日では、完璧に聞き取れるようにはならんき、わからん。

そういえば、高知に嫁に行っていた友だちが、高知の人は「がーがー、きーきー、ちゅうちゅう言ってうるさい」と言っていた。がーがー、きーきー、ちゅうちゅうはまったくそのとおりで、確かに話し好き(で早口)の人も多いかも。
でも、私は、ナマの高知弁をたっぷり浴びて、とっても幸せな気分だったのでした。。。(2号)



posted by 2号 at 14:26| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

on 皆既月食2010

2010冬至で満月の皆既月食。

昨日までの”穏やかな冬の日”とは打って変わり、今日はドサドサと雪が降っています、2号です。いっそその中に埋もれて春まで冬眠というのも、いいかもしれない。。。

と言いつつ、昨日遊びの記録をつけたせいでエンジンがかかったので、アップしようしようと思いながらもそのままになっていたアレコレを回顧していこうと思います。

まずは、自称天体マニア(??)なのにいつも気象のせいで見られないことが多いこのわたくし2号、このところの行いの良さが評価されて北海道だけが晴れることとなり、珍しく見ることができた「満月で冬至の皆既月食」を。

まずは、すっぽり隠れた赤い月。
P1000002-tri.jpg

少しズレて、月が顔出して来た18時ころ。
P1001800.JPG

以下、約10分弱ごとの変化。
P1001810.JPG

P1001818.JPG

P1001827.JPG

P1001836-4.JPG

P1001848.JPG

P1001854.JPG

P1001858.JPG

完全に満月に戻ったと思われる19:05ころ。
P1001905.JPG

一晩で、赤い皆既月食から、三日月、満月へと刻々と変化する様が見られて、本当に楽しゅうございました♪(2号)
posted by 2号 at 16:44| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

on 海辺のアルバム。

渚百選の愉快な仲間たち。

晴れた空と青い海があれば、ほかに何も要らない…2号です。

日本の渚百選に入ってる所に、生まれて初めて行きました。島武意海岸です。

トンネルを抜けると…
P6190920.jpg

こんなんありました。
P6190917.jpg

上からの景色(割愛)を眺めてから下に降りると…
P6190900.jpg

さらに、岩を乗り越え海に接近。

こんなんいました。意味不明。。。
P6190903.jpg

落ちていた枝でツンツンすると、岩にしがみついたままビラビラを閉じたりする。
P6190904.jpg

いたずらに耐えかねて岩から下りて海中へ行こうとしてるところ。
P6190905.jpg

お魚ちん。
P6190906.jpg

カニちん。(見事に蟹歩きだった)
P6190908.jpg

カニちんは、いっぱいいた。
P6190909.jpg

反対側の絶壁の絶景。
P1000021.jpg

灯台もあるでよ。。。
P6190924.jpg

最後に本人登場。。。
P6190927.jpg

ちなみに、北海道は海に囲まれてるのに、選に入ってるのが少ないわけはなんとなくわかる。そこは、どっちかいうとじっくり五感で愛でる渚ではなく、漁場であり、眺めるとこ、なんだな。。。(2号)
posted by 2号 at 16:08| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

on 紅葉

バリバリ夕張。。。

夕張に紅葉を見に行きました、2号です。
近場で、夕張あたりなら山もあるし、紅葉も見られるのではないか?という、なんともテキトーな(友だちの)思いつきで行ったにしては、とってもよかったです。

っていうか、どこかに紅葉を見に行くということをしたことがなく、近所の色づいた木々や、せいぜい山程度のことで満足していたわたくし2号、このたび、広範囲に生えた木々が、思い思いに自分の色を競い合ってる光景を初めて見た気がします。
そして、今までの、赤やオレンジ、黄色の同系のグラデーションの紅葉のイメージとは違う秋の夕張の風景が、おとぎの国みたいにかわいらしく見えて、ミョーに感動したのでした。

このゴマ塩(?)加減が何とも言えない。。。
PA170672_2.jpg

黄色や茶色のグラデの中に、松と思われる緑がところどころ残っているのと、赤いのがアクセント的に点在してるのが、とても気に入りました。

PA170639_2.jpg

シューパロ湖
PA170723.jpg


栗山町の鳩山神社にあったキレイな木
PA170619.jpg

滝ノ上公園(ローカルのNHKが紅葉のイメージショットに使うスポットらしい)
PA170735.jpg

この地形がガツンと来る!!なんだっこれは!?


和風の風情はないんだけど、これらはこれらでとってもよかった。
ところで、シューパロ湖のあたりのダムの話って、どうなるのでしょーか。何やらガンガン工事(すご〜い上のほ〜ぅに道路作ってる?)しているように見受けられたが、あれはナンだろ。。。
今現在、誰も水で困ってないらしいのに、もし、公共事業ありきなダムのせいで、あのきれいな景色が水没するとしたらどうしよう。。。と泣きながら帰ってきたのだが。。。
この管轄も前原大臣なのだろうか。(2号)
posted by 2号 at 23:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

on 小松菜

思わぬ贈り物。

今日は涼しい札幌から、2号です。

ちょっと前のこと、カルシウムたっぷり小松菜を食しようと思って根元からむしっていたら、いつもとは違って、中からボッコリと芯のような部分が出現しました。
なんか…ビッシリとつぼみの塊のような…。
そして、おもしろいのでそれを確保しておいたら、なんと、花が咲きました!!

私は、小松菜さんからこのような思わぬ贈り物をもらったことは初めてだったのだけど…、こういうことはよくあることなんだろうか?
それとも、作物としては、こういうことが起こるのは、問題なんだろうか?(栄養的にとか?)

どっちにしても、花がとってもかわいらしかったので、私はうれしかったです。(2号)

※しかし、最初の一つの花を咲かせたあと、次々開花して花盛りとなることはなく、つぼみの塊はシナれていきました。。。

komatuna
posted by 2号 at 16:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

08.02.26 on お花

誕生日のおすそ分け。

また、雪がガンガン降っている札幌から、2号です。今度は、湿った重い雪。これが積もった日にゃ。。。

しかし、それにしても、昨日書いた管理会社の件は、今だにナットクがいってません。どーも、物件管理というか、建物の物理的な管理は、オーナーに対してペコペコとしながら、一生懸命にやっているように見受けられるけど、賃貸住宅の運営というか、住みやすく物事をアレンジするというようなことを、怠ってるんじゃないか?と。

だいたい、大家(あるいは管理人)がそこに常駐してれば、この前みたいな事件は起こらないわけで、その代わりを任されてるのが、キミたちじゃないのか!?

いつまでも言っててもおもしろくないので、ここはお色直し、じゃなくて、お口直しに、お誕生日のおすそ分け(?)を。
誕生パーティの際にカンタンなブーケを作って持っていったのだけど、その時に残ったお花を生けて、自分の部屋にも飾ってみました。
花や植物は大好きなので、以前は必ず玄関にお花を飾っていたのに、節約生活に入ってから、来客がある時のおもてなしとして飾るだけになり、だんだんと、それもサボりがちというか、そういう余裕がなくなっていました。

Vfsh0176

なので、久しぶりのお花です。
やっぱり花はかわいいな〜と、見るだけでニコニコした気分になる。こんなふうにその存在だけで人を癒してくれる植物って、なんて愛おしい生き物なんでしょ〜。
とか考えてると、また、ネコが飼いたくなるな〜。と妄想が飛躍。(2号)
posted by 2号 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

05.05.28 on 桜/検索

またまた桜。

VFSH0057

VFSH0056
週末は、天気がよかったので、主に掃除・洗濯ばっかりやっていた2号です。
その合間に、チラシでチェックした安い食材を仕入れに、いつもより遠いスーパーへチャリを飛ばしました。
途中、脇道を入ると小さな公園があって、そこの10本弱の木のほとんどに花が満開。濃いピンクと白があったんだけど、桜!? 木の感じ、花の感じ(八重)は桜にそっくり。タンポポも満開。
初夏に近いヌクヌクの週末。季節がやっとここまで来たと思ったら、もう1年も半分近くになろうとしてるのでした。ガク然。(2号)

-----------------------------------------

チリも積もって1万件

週末の間にこの駄ブログのアクセスも、やっとやっと1万件を突破してるだろうなぁ…と思ってたら、今日のお昼すぎの段階で10166件になってました。本当に、地味に地味に、皆様ありがとうございます。長い道のりです。
で、この週末の検索キーワードを見ると、言わずもがな、ダントツの佐々木孝介くんに混じり(「佐々木孝介 母」が新出)、相変わらずのスキムミルク、各種スマップ関係、口内炎、そして、いしだ壱成、ヘルメット、なぜか多くの竹内結子、時々登場する「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」(←いったい何の検索だろう?)、時期的にそうなのか「教育実習」関係。
ギプス、三角巾、ねんざ、など整形外科関係も、季節もの?
初出は「ショパン」、マムシで悩む人らしく「ピアノ マムシ指」などなど。
聞き捨てならないのが「慎吾ママ 功罪」って、いったい慎吾ママが何をしたって言うの?
「テスト 廊下 立たされる」。そんなにお点が悪かったですか?
前から時々「歯医者、事件」ってのがあるのも気になってたけど(非常にコワい響き)、今回「歯医者、胸」っていうのがありました。歯医者で胸がどうなるんですか? すごく知りたい。
野球系の変わり種が二つ。「札幌ドーム 阪神ファン 風船」と「ナゴヤドーム ファン感謝デー 事件 泣く」。確かに、球場っていろいろあるからね、と思いながら、とても気になります。(2号)
posted by 2号 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

05.05.23 on 桜など

ぜんぶ一緒

VFSH0053

昨日、近所の公園を花見がてら散歩した2号です。

桜は咲き終わった木が多かったけれど、日当たりなどの違いか、まだ咲いてる木もチラホラ。花びらも、一枚一枚そよ風でハラハラ。その下で、名残りの宴会をしてる(うるさい)人々。
そして、同じ敷地では、梅が満開。加えて、モクレンとかツツジとか、なんでもかんでもが、咲いてました。

野鳥も元気に飛び回り、その姿に見惚れ、声に聞き惚れて、ずっと見上げていたせいで、今日は首が筋肉痛です。

帰り道。見れば、道ばたにはタンポポやらつくしんぼやら、名も知らぬ小さな花々やら。
要するに、今やっと、いっぺんに春なわけ。(2号)

VFSH0055yoko
※いつものことながら、私の携帯電話のカメラの性能ゆえ、見づらいとは思いますが、桜の花と葉っぱが両方いっしょに盛況(?)です。
posted by 2号 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

いっぱい いっぱい。        (中秋の名月)

040928_2332.jpg

9月28日、札幌の十五夜さん。
月が、いっぱいに満ちています。
が、携帯カメラの性能も、
これがいっぱいいっぱい。
キリッと冴えた美しさを
お伝えできないのが残念です。(2号)
posted by 2号 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。